夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2018/1/12) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2018/1/12(金)昌士に続き、仲川も帰ってきた!)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Istagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

仲川輝人選手 復帰のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(お帰りー)

高野遼選手 ヴァンフォーレ甲府への期限付き移籍期間延長のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(行ってらー)

齋藤学選手 川崎フロンターレへ完全移籍のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(てめー)

2018年度 契約更新選手について | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(今日は3人。ゆうぞー)

2018明治安田生命J1リーグ 開幕カードおよびホーム開幕カード決定のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(ホーム開幕戦は3.10、ニッパツー)

2018シーズン新ユニフォーム発表および予約受付のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(予約は、明日(1/14)の16:00からー)
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(トップチームはオフ)
 
 

Twitter / Istagram


 
 

Webニュースログ

2018/01/12 announcers’ magazine|tvk: 明けました!※一部抜粋

(長澤彩子アナ)
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
皆さん良い年越しは出来ましたか?

私は3年連続、大晦日のニュース担当でした。気が引き締まりますね。

大晦日勤務のお楽しみといえば、年越しディナー。
優しい報道部長がお寿司をご馳走してくれました!アルバイトちゃんも大晦日まで頑張ってくれましたよ☆

カウントダウンはもちろんtvkの年越し番組で!
皆さん楽しんで頂けましたか?

ライセンスさんのお力もあり、収録の雰囲気が最高だったのでまた来年もやりたいなぁ☆

そして元日はその収録でお世話になった横浜F・マリノスの飯倉選手を応援しに、天皇杯決勝へ。

当然ですが、収録の時とは全く面持ちで鬼気迫るものが伝わってきました。

テレビでは分からないコーチングや緊迫感のある一対一の場面を見られ、胃が痛くなるほどドキドキしました。

 
 
横浜FMサポーター、大怪我の齋藤学に送った感動の「横断幕」を知っているか | Qoly

12日(金)に発表された齋藤学の川崎フロンターレ移籍。

Jリーグファンの間で大きな話題となっている。

齋藤は横浜F・マリノスのアカデミーで育った生え抜きの選手であった。

昨シーズンのオフにも去就が騒がれたが、結局は残留を選択。海外移籍に向けた準備を進めながらも特別に練習参加しており、最終的には伝統の背番号「10」を与えられキャプテンにも就任した。

それにもかかわらずライバルチームに“0円”で移籍したことに対し、怒りに近い感情を持つサポーターも少なくない。

しかし、横浜FMサポーターが胸を痛めているのはそうした理由からだけではないはずだ。

齋藤は昨年9月23日に行われたJ1第27節のヴァンフォーレ甲府戦で、右膝前十字靱帯損傷という負傷を負った。

全治8ヶ月という大怪我は精神的にもダメージが大きく、横浜FMの優勝に貢献できない悔しさ、ロシアW杯への出場が遠のく辛さに誰よりも心を痛めていたのだが、そんな齋藤を誰よりもサポートしたのがサポーターだった。

直後に行われたJ1第28節のガンバ大阪戦、市立吹田サッカースタジアムのゴール裏には齋藤を後押しするための様々なゲームフラッグが並んでいた。

「学待ってる」や「学とタイトルとりたい」というメッセージ。

また、齋藤のユニフォームを掲げているファンの姿も確認できる。

「学待ってる」や「学とタイトルとりたい」というメッセージ。

また、齋藤のユニフォームを掲げているファンの姿も確認できる。

試合前と試合後、選手や監督も齋藤の早期復帰を願うメッセージTシャツを着用していた。

こうした温かいサポートを受け、齋藤はTwitterで「全部伝わってます」、「こりゃ、リハビリ頑張らないと」、「俺も負けてられませんー」などとコメント。

しかし、そうしたサポーターの気持ちは齋藤に届かず、このほどチームを離れることとなった。

もちろん移籍には様々な事情があり、最終的には齋藤自身が決めることである。

しかし横浜FMサポーターとしては、あれだけ手厚いサポートをしてきたにもかかわらず、クラブに対してほとんど何も残さない形で出て行かれたとなると流石に複雑な心境であるはず…。

昨年2月、齋藤が残留を報告した際のツイートには200件以上のリプライが付いており、そのほとんどが横浜FMファンによる歓迎的なものだった。

あれから約1年が経過し、まさかこうした事態になるとは誰も想像していなかっただろう。

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る