[来季監督候補と報道]Ange Postecoglou(アンジェ ポステコグルー)@前オーストラリア代表監督[2017-2018 移籍/新加入/契約更改]

Pocket
LINEで送る

Ange Postecoglou(アンジェ ポステコグルー)@前オーストラリア代表監督[2017-2018 移籍/新加入/契約更改]

ダイジェスト

2017/12/01 Ange Postecoglou frontrunner to take charge of Yokohama F Marinos, part of City Football group
2017/12/01 前豪代表監督がJ1横浜の指揮官に!? 現地メディアは来週中に発表とも! | サッカーダイジェストWeb
2017/12/01 新天地は日本!? 電撃辞任の豪州代表前監督が横浜FMと交渉中か | フットボールチャンネル
2017/12/01 横浜M新監督、ポステコグルー氏が有力か 現豪州代表監督、W杯切符掴むも11月に辞意 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)
2017/12/06 【横浜M】前豪州代表監督が新監督本命か 欧州志向ネックもCFG強化部門トップ接触 : スポーツ報知
 
 

Webニュースログ

2017/12/01 Ange Postecoglou frontrunner to take charge of Yokohama F Marinos, part of City Football group

2017/12/01 前豪代表監督がJ1横浜の指揮官に!? 現地メディアは来週中に発表とも! | サッカーダイジェストWeb

 急転直下の人事ニュースがオーストラリアから飛び込んできた。

 現地時間12月1日、豪紙『The Sydney Morning Herald』は、J1の横浜F・マリノスが、オーストラリア人指導者のアンジェ・ポステコグルーを来シーズンから新監督の座に据える可能性があると伝えた。

 横浜は、11月2日にフランス人指揮官のエリク・モンバエルツの今シーズン限りでの退任を発表。後任として白羽の矢を立てたとされるポステコグルーは、2013年からオーストラリア代表の指揮を執り、今年11月には大陸間プレーオフを勝ち抜いて同代表を4大会連続5回目のワールドカップ出場に導いた辣腕監督だ。

 しかし、ポステコグルーは、ワールドカップ予選終了から間もない11月22日に、「自国の監督を務めることは最大の名誉だが、それに伴う大きな責任がある。心苦しいが私は今、旅を終わらせなければならない」と辞任を表明し、無所属となっていた。

 同紙によれば、ポステコグルーへアプローチをかけたのは、横浜のオーナーグループで、マンチェスター・シティ、メルボルン・シティ、ニューヨーク・シティを傘下に持つ『シティ・フットボール・グループ(CFG)』で、本人と密に連絡を取り合っているという。

 同紙の取材に応じたCFGの関係者によれば、ポステコグルーは「重要な候補の一人」と位置付けられ、現在、契約金など細部について真剣な話し合いがされており、早ければJリーグのシーズン終了とともに、週明け早々にも決定するという。

 現在は家族と束の間のバカンスを過ごしているというポステコグルーだが、国外での監督挑戦については前向きなようで、同紙は、「私は海外で監督がしたい。クラブチームで日々取り組むことにかなり興味がある。それに私はあまり長い間、仕事を失うのは嫌なんでね」と話していると伝えている。

 果たして、長くオーストラリアで手腕を発揮してきたポステコグルーは、本当に横浜へやってくるのか? 続報を待ちたい。

2017/12/01 新天地は日本!? 電撃辞任の豪州代表前監督が横浜FMと交渉中か | フットボールチャンネル

 オーストラリア代表をロシア・ワールドカップ(W杯)出場に導いたアンジェ・ポステコグルー氏が、横浜F・マリノスの監督候補になっている。オーストラリア『シドニー・モーニング・ヘラルド』が伝えた。

 ポスタコグルー氏は先月22日、突如辞任を発表した。オーストラリア代表はW杯まで半年という状況で新監督探しを始めることになっている。

 オーストラリア代表前監督は今後について明らかにしていなかったが、どうやら日本にやってくる可能性があるようだ。その行き先が横浜FMだという。横浜FMは先月、エリク・モンバエルツ監督が今シーズン限りで退任することを発表した。その後任にポスタコグルー氏が挙がっている。

 報道によると、ポスタコグルー氏は横浜FMのオファーを真剣に検討しており、週明けにも契約を交わすかもしれない。

 ポスタコグルー氏は辞任を発表した際、「国外に行きたいと考えている。クラブのサッカーに戻り、毎日仕事をしたい。長い期間失業していたくないね」と語り、すぐに現場に戻る意向であると話していた。

2017/12/01 横浜M新監督、ポステコグルー氏が有力か 現豪州代表監督、W杯切符掴むも11月に辞意 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 今季限りでモンバエルツ監督が退任するJ1横浜Mの次期監督最有力候補に、オーストラリア代表監督を辞任したポステコグルー氏(52)が挙がっていると1日、シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が報じた。

 横浜Mが資本提携する英シティー・フットボール・グループによる選考で、海外で指揮を執りたい意向の同氏と条件面で合意すれば、来週に契約を結ぶ可能性もあるという。

 ポステコグルー氏は母国を2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に導き、15年には自国開催のアジア・カップを制覇。W杯ロシア大会予選でも大陸間プレーオ

2017/12/06 【横浜M】前豪州代表監督が新監督本命か 欧州志向ネックもCFG強化部門トップ接触 : スポーツ報知
フを制して本大会出場を決めたが、11月に辞意を表明した。(共同)

 オーストラリア紙「ハラルド・サン」は4日、同国代表監督を11月に辞任したアンジェ・ポステコグルー氏(52)が、来季監督が未定の横浜Mと交渉を行っていると報道した。同紙は交渉が最終段階にあり、数日中に契約が結ばれる見込みだと報じた。

 スポーツ報知の取材によると、同氏は豪州代表監督を退任後、欧州クラブでの監督就任を模索したが実現には至らず。イングランド1部・マンチェスターCや米MLSのニューヨーク・シティと資本提携を結ぶCFG(シティ・フットボール・グループ)が少数株主の横浜Mに興味を示し、交渉の席に着いたもよう。同氏の欧州志向は強く、アジア各国からのオファーには断りを入れているものの、CFGの枠内に入ることが今後のキャリア形成につながると考えていることから、マリノスとの交渉に応じたという。現地の報道ではCFGの強化部門のトップのブライアン・マーウッド氏(57)が接触したことが明かされている。マーウッド氏は今季のマリノスの全試合を映像でチェックし、CFG内のプレーモデル共有を促進している人物だ。

 横浜Mは11月にエリク・モンバエルツ監督(62)の今季限りでの退任を発表し、CFGが中心となって後任探しに着手。ポステコグルー氏を始め、かつて現・Rマドリード監督のジダン氏を指導した経験を持ち、10月にセルビア代表監督を辞したばかりのスラボリュブ・ムスリン氏(64)、14年ブラジルW杯でポルトガルを指揮し、今季チーム得点王のFWウーゴ・ヴィエイラ(29)を代表予備登録リストに入れていたこともあるパウロ・ベント氏(48)、クラブのレジェンドで現・福岡監督の井原正巳氏(50)ら約50人からなる後任候補リストを作成し、交渉に当たっている。古川宏一郎社長(42)はすでに10人程度の候補者と面談を行ったことを明かしており、「遅くとも年内には決めたい」と話している。

 
 

Webログ

[Wikipeda]アンジェ・ポステコグルー – Wikipedia
 
 

こけまりログ

2017/11/03 [退任を発表]Erick Mombaerts(エリク・モンバエルツ)監督[2017-2018 移籍/新加入/契約更改]

横浜F・マリノス 加入・移籍情報 2017-2018」カテゴリーアーカイブ
 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る