【試合結果まとめ(1●4)】2017/11/18(土)14:00 J1リーグ 第32節 横浜F・マリノスvs.セレッソ大阪@日産スタジアム

Pocket
LINEで送る

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.Jリーグ.jp
3.Twitter / Istagram
4.YouTube
5.Webニュースログ
6.今週の他会場など

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2017 明治安田J1 第32節 vs セレッソ大阪 試合レポート | 横浜F・マリノス 公式サイト

(´-`).o0(今節の警告:遠藤選手(累積1枚目)・扇原選手(累積4枚目:次節出場停止)・マルティノス選手(累積4枚目(2回目):2試合出場停止)/出場停止リーチ(累積3枚):中町選手・喜田選手・天野選手)

監督コメント

エリク モンバエルツ 監督
「残念ながら、今日は結果どおりの試合内容だったと思います。
スタートは良かったのですが、1点取った後は相手に押し込まれる展開が続き、C大阪のプレッシャー、圧力を跳ね返す力が足りませんでした」

質問:失点する試合が続いていますが、原因を教えてください。
「ある時期から、自分たちの守備ラインが低くなりすぎて相手にスペースを与えてしまい、失点につながっています。アグレッシブさや集中力が足りなかったりというのがあると思います。
そしてセットプレーでは、予測や相手のマークに付いていくところが失点につながっていると思います」

質問:今季限りでの退任が決まっていますが、そのことは、今日のゲームに影響しましたでしょうか?
「それは、私には分かりません。知る術がありません。もう2週間前のニュースですから影響はなかったと、私は考えたいと思います。
ただ今日のゲームでの選手の集中力や入りの気持ちの部分は足りなかったとも感じますが、それが私の退任のニュースに関わるものなのかどうかは、分かりません。
そして今日は、何人かの選手がインテンシーやアグレッシブの面で足りませんでした。ここまで試合の出場時間が少なかった選手も出ていましたので、そういう部分が影響したのかもしれません」

質問:今日の敗戦で、ACLの出場権獲得が苦しくなったのではないでしょうか?
「ここまで、シーズンを通して良い戦いができていましたので、今日の敗戦は残念です。
今シーズンは良いシーズンを送っていただけに、今日の敗戦が、ちょっと台無しにしたというか、残念です。
シーズンの終盤になって、ケガ人が多く出ました。特に今季の中心選手としてプレーしてきた学、ウーゴ、マルティノス、山中という選手が不在だったことは、チームにとっては大きかったです。もちろん、代わりに出た選手もいい働きをしてくれていたのですけれども、今日のゲームに関しては、彼らの不在が痛かったと思います。
そしてミロシュも昨日代表から戻ったばかりで、今日の試合に先発できる状態ではありませんでした。
今日、ケガ人の代わりに出た選手たちは、ここまでの出場時間が少なかったので、試合のリズム感という部分で難しさがありました」

質問:次節、二人の選手は出場停止になりますが、その点については?
「もちろん出場停止の選手はいるのですが、他の選手たちがいますので、そのメンバーでどうするかを考えないといけないと思います。
そしてリーグ戦だけではなく天皇杯もありますので、出場可能なメンバーでの戦いを考えていきたいと思います」

選手コメント

前田 直輝
「短い時間ながらも、少しでも挽回してやろうと思っていましたが、結局ボールに絡めず、自分の力不足を感じました。いい選手であれば、あの(劣勢の)展開でも沸かせるプレーができたと思います。
残り2試合と天皇杯で、やるしかない。ACL出場権獲得も、望みがある限り、やらなくちゃいけないと思うし、自分ももっともっと成長しなくちゃいけないと思います」

ダビド バブンスキー
「(先制のゴールについて)あの位置でボールを持ったとき、いろんな状況が頭をよぎりました。ですが、まず打たなければ始まらないので、ワクに飛べ!と思って打ちました。
セレッソは守備に入ったとき、タイトにブロックをつくってきて崩すのが難しいチームです。相手がコンパクトに守ってきたときに自分たちが意識したのは、両サイドをワイドにポジションを取って、ボールを素早く展開すること。
前半を1-0で折り返したのに、後半を自分たちがコントロールできなかったのが最大の敗因です。残念な気持ちでいっぱいですが、サッカーではこういう結果になるのはよくあること。残り試合は全部勝てるよう、しっかり準備していきたいと思います」

下平 匠
「(久々の左サイド先発で)前半は、結構いい形で前向きにボールを持てるシーンがあったんですけど、後半は自分たちがやろうとしていたことができませんでした。
自分たちのポジショニングもあまり良くなくて、相手のプレスから、どこのポジションでもかわすことができなかったし、自分自身も出すコースがありませんでした。
ホームゲーム最終戦で勝てなくて残念ですが、残り試合、少しでも上の順位にいけるよう頑張ります」

Jリーグ.jp

横浜FMvsC大阪の試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2017年11月18日):Jリーグ.jp
 ├ 入場者数 34,153人
 └ フォトギャラリー

選手コメント

[ 天野 純 ]
前半は自分たちのサッカーができて先制点も取れた。でも、後半は引き過ぎてしまった。いつもそうだけど、点を取るとそうなってしまう傾向がある。メンタル的な部分で1点取ったことで重心が下がってしまう。そのタイミングでセレッソが前へ出てきて失点してしまった。自分たちに反発力もなかったけど、そういう展開にする必要もなかったし、2点目を取りに行かないといけなかった。

[ 松原 健 ]
結局、1点目も2点目も自分のサイドからやられたし、セットプレーでも自分のところで二発やられていて、みんなに申し訳なく思う。攻撃のところでも効果的なプレーができなかった。前半はうまくボールを保持できていたけど、後半になって全体的に引き過ぎた。そこで相手にボールを持たれて攻め込まれてしまった。

 
 

Twitter / Istagram


 
 


 
 

YouTube


【公式】ハイライト:横浜F・マリノスvsセレッソ大阪 明治安田生命J1リーグ 第32節 2017/11/18 – YouTube
 
 

ネットニュース・Weblog

スポーツニッポン

ニッカンスポーツ

横浜社長、監督の後任人事は「国籍にとらわれず」 – J1 : 日刊スポーツ

 試合後、横浜F・マリノスの古川宏一郎社長は取材に応じ、今季限りでの退任を発表しているエリク・モンバエルツ監督の後任人事についてコメントした。

 古川社長のほか、資本提携するシティー・フットボール・グループ(CFG)のスタッフや強化担当者らでリストアップした候補者と面接を行っているといい「私は全ての候補者と会っています。10人は超えるぐらいの人と会った。そこから数人に絞ってきている段階です」と明かした。

 すでに後任監督に求める条件として、若手の育成と、クラブを優勝に導く力を持つことを挙げており、古川社長は「この2つ以外にも(独自の)10項目ぐらいのチェックポイントがある。国籍にとらわれずにみているし、候補者には日本人も含まれている。年内には決定したい」と途中経過を説明した。

横浜モンバエルツ監督退任あいさつ「一生忘れない」 – J1 : 日刊スポーツ

 横浜F・マリノスは今季初の4失点を喫するなど守備が崩壊して逆転負け。

 ホーム最終戦となった試合後にはセレモニーを行い、エリク・モンバエルツ監督(62)とキャプテンのFW斎藤学(27)がサポーターにあいさつした。

 モンバエルツ監督は「まずは今日のこの敗戦を皆さんに謝りたいと思います。ここまでいいシーズンを戦ってこれていたと思うので、この敗戦を非常に残念に思います。今シーズンを通して、そして今日も温かい熱い声援を送ってくださったサポーターの皆さんに感謝したい」とあいさつ。

 今季限りでの退任を発表していることについては「私にとってもこの日産スタジアムでの最後の試合でした。個人的な感情ですけども、今日の試合を負けてしまったことは非常に残念です。でも、みなさんのおかげで過ごせた、この横浜での素晴らしい3年間という時間を一生忘れないと思います」と話した。

 最後に「まだシーズンは終わっていません。少しでも上位でリーグ戦を終われるように最後まで戦っていきたいと思います。選手とともに天皇杯も勝ち取りたいと思います。ありがとうございました」と締めくくると、スタンドからは拍手が起こった。

 斉藤は「今日の試合を見て、すごく悔しいです。今日の悔しさを次の試合にぶつけないといけないと思いますし、残り2試合、そして天皇杯を戦って、今年を終わりたいと思います」と話した。

 この日の敗戦で、3位以内に与えられるACL出場権獲得は厳しくなった。キャプテンとしての責任もにじませ「今年の初めはいろいろありましたけど、これだけ多くの人が応援してくれて、ACL出場とか上位進出を狙えるというところまではきましたけど、やっぱり何か足りないんだなと思います。それは選手の力でもありますし、会社、強化部、いろんなものを含めて、もっともっと強いクラブになっていきたいなと思うので、これからまだつらいこともあるかもしれないですけど、優勝するチームになるまで共に戦ってもらえたらなと思います」。

 斉藤自身は9月のリーグ戦で右膝前十字靱帯(じんたい)損傷で全治8カ月の大けがを負った。現在は復帰へ向けたリハビリの最中にあるが「僕は大けがをしちゃって試合に出られないですけど、チームとともに戦っていますし、このメンバーと天皇杯をとりに行きたいと思います」と残るタイトル獲得へ向けて意気込んでいた。

横浜中沢「久々にへこみました」今季初4失点に猛省 – J1 : 日刊スポーツ

 今季初の4失点で逆転負けを許した横浜F・マリノスの守備陣は、それぞれ悔しさをにじませた。

 前半13分に先制して折り返しながらも、後半だけで4点をとられた。DF中沢佑二(39)は「今日は久々にへこみました」と肩を落とし「ここ何試合かは失点があまりにも多い。セカンドボールが拾えていないし、いい攻撃もできていない。残り試合では打たれるシュート数を減らして、相手の嫌がるサッカーをしていきたい」と話した。

 この日はDFミロシュ・デゲネク(23)が、ロシアW杯の大陸間プレーオフを戦うオーストラリア代表に選出されていた影響を考慮され、ベンチ入りするも欠場。練習中に左太ももを痛めていたDF山中亮輔(24)はベンチ外となった。今季2度目の先発出場で、中沢とセンターバックでコンビを組んだDF栗原勇蔵(34)は「こういう出場がまわってきて意気込んでいたんですけど、いいプレーは1つもできなかった。悔しいですね」と反省。「相手の圧力もあったけど、その前の自分たちの守備のバランスや連係がうまくいかなかった」と悔やんだ。

 右サイドバックで先発したDF松原健(24)は「自分のところで2発やられたので、申し訳ないなと思います。攻撃でもあまり有効性がなかった」と振り返った。左足首を負傷して途中交代した9月30日のG大阪戦以来の出場だったが「後半は全体的に引きすぎて、そこからリズムをつくられてしまった」と反省しきりだった。

 反対にここ3試合連続で先発フル出場とチャンスをつかんでいたDF下平匠(29)は「相手のプレスをどのポジションでもかわせなかった。自分たちのやりたいことができなかったかなと思います」と話した。

横浜 今季最悪4失点黒星、関塚氏と接触 後任監督選び大詰め― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 ホーム最終戦で横浜は、今季最多の4失点を喫した。ホームでの黒星は4月30日のG大阪戦以来今季2度目。先制しながらもACL出場権を争うライバルに敗れ、今季限りで退任するモンバエルツ監督は「シーズンを通して良い戦い方ができていたが、今日で台無しになった」と悔しさいっぱいだった。

 また、古川社長は後任監督について「状況は7、8割くらい」と選定が大詰めに入っていることを示唆。Jリーグ関係者によると、12年ロンドン五輪日本代表監督の関塚隆氏と強化部がすでに接触したという。他にも前浦和監督のペトロヴィッチ氏らが候補に挙がっている。

サンケイスポーツ

横浜M、ホーム最終戦で最多失点…栗原「守備のバランスと連係うまくいかなかった」 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

横浜M、来季指揮官決定は越年か モンバエルツ監督「スタートはよかったが…」 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 明治安田J1第32節最終日(18日、横浜M1-4C大阪、日産ス)横浜Mはモンバエルツ監督の今季限りでの退任を発表してから初の試合で完敗。雨の中、ホーム最終戦に集まった約3万4000人のサポーターにあいさつした指揮官は「結果のままの内容だった。スタートはよかったがセレッソの圧力をはね返す力が足りなかった」と落胆した様子で話した。

 来季の監督は未定。資本提携する英シティー・フットボール・グループで国際部門を統括するマーウッド氏は試合前に取材に応じ、国籍を問わず候補をリストアップしているとして「年明けに決めたい」と話した。

横浜M・バブンスキー、先制ミドルも報われず…C大阪に逆転負けの原因を分析 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

 横浜F・マリノスのMFダビド・バブンスキーが、逆転負けを喫して失望を露わにした。

 横浜は18日、明治安田生命J1リーグ第32節でセレッソ大阪と対戦。前半にバブンスキーのミドルシュートで先制し、マケドニア代表MFは得点をこのように振り返る。

 「自分があそこでボールを持ったときに色々な選択肢が頭に思い浮かびました。でも打たなければ何も起きませんし、枠に飛ばそうという思いでシュートしました」

 しかし、後半にまさかの4失点。バブンスキーは前半に試合をコントロールできず、C大阪に反撃のチャンスを与えてしまったと考えているようだ。

 「セレッソというチームが守備に入ったときはタイトで、崩すのが難しいことはわかっていました。そういう中で1-0と前半を折り返して、後半をコントロールできなかったのが敗因ですね」

 それでも、横浜はACL(アジア・チャンピオンズリーグ)出場圏内の3位に滑り込む可能性が残されている。バブンスキーは「残り2試合全部勝つつもりでいます。そのために準備してやるだけです。3位に近づけるように精一杯諦めないでやります」と前を向いた。(Goal.com)

スポーツ報知

【横浜M】C大阪に完敗…指揮官「圧力をはね返す力足りず」7年ぶりの本拠4失点 : スポーツ報知

 横浜Mは今季ワーストの4失点で大敗。痛恨の2連敗で3位との勝ち点差が5に開き、リーグ戦でのACL出場権獲得が厳しい状況になった。ホームでの4失点は2010年11月23日の浦和戦(1●4)以来、約7年ぶり。

 前半13分にMFダビド・バブンスキーの今季3点目で幸先良く先制したが、後半に6分間で3失点を喫するなど守備が崩壊。エリク・モンバエルツ監督(62)は「今日は結果のままの内容。圧力をはね返す力が足りませんでした」とうなだれた。

 前半に先制点を奪ったが、「引きすぎてしまった」(MF天野純)ためにC大阪攻撃陣にスペースを与え、押し込まれる展開が続いた。先制するも逆転を許した前節・磐田戦、一時は同点に追いつかれた前々節・鹿島戦に続く悪癖がまたも露呈。GK飯倉大樹は「なるべくしてなった。1点取ってうちは沈んだけど、相手はテンションが上がった」と振り返った。

MFマルティノス(累積警告で残り2試合の欠場が確定)「熱くなることは自分の特長だけど、自分にも問題がある。レフェリーにも問題はあるが、感情のコントロールを学ばないと」

DF栗原勇蔵(5か月ぶり先発も4失点)「はっきり言っていいプレーが1個もできなかった。悔しいですね。(ACL出場権獲得の)確率は低くなったけど、残り2試合勝って終わりたい」

MFダビド・バブンスキー(先制ゴールも実らず)「セレッソの守備ブロックを崩すのは難しかった。すごく残念な結果。残念な気持ちでいっぱい」

サッカーキング

C大阪、逆転で直接対決制し3位堅守! 杉本健勇がバースデー弾で得点ランク首位に並ぶ | サッカーキング

 2017明治安田生命J1リーグ第32節が18日に行われ、横浜F・マリノスとセレッソ大阪が対戦した。

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を争う5位横浜FM(勝ち点55)と3位C大阪(勝ち点57)の直接対決。先制したのはホームの横浜FMだった。13分、ペナルティエリア手前左でボールを持ったダビド・バブンスキーが右足を振り抜くと、低い弾道のシュートが右ポストの内側を叩いてネットを揺らした。

 このまま後半に入ると、C大阪が反撃に出る。まずは64分、丸橋祐介からのパスでエリア内左に抜け出した清武弘嗣が左足でシュート。これがゴール右隅に決まり、スコアをタイに戻した。さらに68分、エリア手前中央で柿谷曜一朗からパスを受けた清武がヒールでエリア内に送ると、反応した水沼宏太が冷静に左足で流し込み、あっという間に逆転に成功した。

 勢いに乗るC大阪は70分、右からのCKに杉本健勇がニアサイドで合わせ、3点目を奪った。この日が25歳の誕生日となった杉本は、バースデーゴールで今季通算20得点の大台に到達。浦和レッズの興梠慎三に並び、得点ランクでトップタイとなった。

 終盤の87分には、CKから杉本が放ったヘディングシュートのこぼれ球をマテイ・ヨニッチが押し込み、C大阪が4点目を奪った。試合はこのままタイムアップを迎え、4-1で直接対決を制したC大阪が3位をキープしている。

 次節、横浜FMはアウェイでベガルタ仙台と、C大阪は同日にホームでヴィッセル神戸と対戦する。

サッカーダイジェスト

【J1採点&寸評】横浜1-4C大阪|清武が珠玉の働き!同点弾に加え、スキルフルなアシストも | サッカーダイジェストWeb※一部抜粋

【チーム採点・寸評】
横浜 4.5
前半にD・バブンスキーのファインゴールで先制したが、その後は防戦一方に。全体のラインが下がり、攻撃の起点を作ることすらできなかった。結果的に今季最多となる4失点を喫し、ホーム最終戦で醜態をさらした。

C大阪 6.5
前半は静かだったが後半に入ってエンジン全開に。清武の同点弾を皮切りに次々とゴールネットを揺らし、4得点と自慢の攻撃陣が大爆発。ルヴァンカップ制覇の勢いをさらに加速させる勝利でACL出場権獲得に大きく近づいた。
 
 
【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 5
自責点に見える4失点目にしてもフリーでヘディングを打たれていることに問題がある。その他は完全にお手上げだった。

DF
27 松原 健 4.5
流れのなかでも右サイドを崩されていたが、それ以上にセットプレーでマークを担当していた杉本に自由を与えすぎた。

22 中澤佑二 5
失点するまでは懸命なシュートブロックでチームを支えていたが、同点に追いつかれてからはチームを立て直せず。

4 栗原勇蔵 5
今季2試合目の先発は苦い記憶となった。組織として後手に回る場面が多く、結果的に強さと高さを生かせなかった。

23 下平 匠 5
良い状態でボールを持つ機会は時間経過とともに減り、前を向けた場面でも受け手との呼吸が合わなかった。

MF
8 中町公祐 5
この日は扇原のラインよりも若干高めに構えた。相手ボールになった際はバイタルエリアで自由を与えた感も。

6 扇原貴宏 5
中央に入ってくるボールを制限しきれず。テクニックを備えた相手にいなされて危険なスペースを提供してしまった。

18 遠藤渓太 5(85分OUT)
序盤は右サイドからチャンスを作るなど存在感を発揮していた。しかし次第に消えていき、最後はベンチに下がった。

14 天野 純 5
セットプレーも含めて、ほとんど何もできなかった。ボールを受ける回数が少なく、消化不良に終わった。

33 ダビド・バブンスキー 6(59分OUT)
スタートポジションの左サイドから中央に横移動して右足を振り抜き、絶妙なコースへのミドルシュートを決めた。

FW
16 伊藤 翔 5(71分OUT)
序盤は相手の背後を狙う動きを繰り返して後方からボールを引き出す。だがゴール前でのチャンスは皆無に等しかった。

交代出場
MF
20 マルティノス 5(59分IN)
これといった仕事をできないままチームが失点を重ね、自身は今季8枚目の警告を受けて残り2試合に出場できず。

FW
7 ウーゴ・ヴィエイラ 5(71分IN)
負傷明けながら得点がほしい状況でピッチへ。しかし低調な内容のチーム同様に独力ではチャンスを作り出せなかった。

MF
25 前田直輝 ―(85分IN)
短い時間のなかで結果が欲しかったが、目立ったプレーはなし。チームとしてボールタッチすらままならない状況だった。

監督
エリク・モンバエルツ 4.5
先制するまでは良かったが、その後は何もできない。能動的に試合を動かせないという欠点がまたしても出た。

ゲキサカ

横浜FMの“えげつないゴール”上回る連続スーパー弾!!C大阪が逆転勝利でACL圏内キープ | ゲキサカ

 3位セレッソ大阪が敵地で5位横浜F・マリノスに4-1で勝利した。前半に先制を許したが、後半に4ゴールを奪う鮮やかな逆転劇。公式戦7連勝を飾り、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位をキープした。

 横浜FMは10月29日の第31節・磐田戦(1-2)から先発3人を変更。DF栗原勇蔵が17試合ぶり、DF松原健が4試合ぶり、古巣対戦のMF扇原貴宏が5試合ぶりにスタメン出場した。今季限りで退任となるエリク・モンバエルツ監督は、ホーム最終戦で今季一貫して採用してきた4-2-3-1でスタート。DF下平匠が今季リーグ戦で初めて左サイドバックで先発した。

 一方、公式戦6連勝中のC大阪は10月29日の第31節・大宮戦(2-1)および、今月4日のルヴァン杯決勝・川崎F戦(2-0)からスタメン変更はなく、リーグ戦では4試合連続で同じ先発メンバー。4-4-2のフォーメーションも変わらず、代表帰りのMF山口蛍がボランチ、FW杉本健勇が2トップの一角に入った。

 3位C大阪を勝ち点2差で追いかける5位横浜FM。ACL出場権を巡る直接対決は、衝撃のゴールで幕を開けた。前半13分、左サイドのMFダビド・バブンスキーが追い越してきた下平に一度預け、相手の最終ラインが下がったところでリターンパスをもらう。シュートを打つにはやや遠い位置に思われたが、バブンスキーは中央へ持ち出し、PA後方左から果敢にも右足を強振。地面すれすれを無回転で飛んでいったボールがワンバウンドして右ポストの内側を叩き、ゴールに吸い込まれた。

 バブンスキーは3月4日の第2節・札幌戦(3-0)以来、30試合ぶりとなる得点で今季3ゴール目。札幌戦では敵将の四方田修平監督に「えげつない」と言わしめる鮮烈ボレーを見せたが、その時に勝るとも劣らないワールドクラスの一撃で均衡を破った。

 C大阪は失点後、ほとんどの時間を敵陣で過ごし、横浜FMを押し込み続ける。前半32分、MF清武弘嗣の縦パスを受けた杉本がPA内右から右足でシュートを放つも、GK飯倉大樹に触られてゴール左外へ。さらに同33分、清武の浮き球のパスに合わせたMFソウザのヘディングは左ポストの外側を通過し、同アディショナルタイム1分に山口のインターセプトからFW柿谷曜一朗が右足で打ち込んだ強烈なシュートもGK飯倉の正面を突き、無得点で前半を折り返した。

 ハーフタイムが明けてもC大阪のペースは変わらない。後半6分、清武のスルーパスを受けた柿谷がPA内左で体を開きながら右足でファーを狙うが、GK飯倉の好セーブに遭う。同10分にはMF水沼宏太の右クロスがGK飯倉に弾かれ、PA内中央でこぼれ球に反応した清武が右足でボレー。しかし、DF中澤佑二に左足でブロックされた。

 C大阪はいつゴールが生まれてもおかしくない展開の中、後半19分にようやく追いつく。左サイドのDF丸橋祐介がキープから中央へパスを出すと、相手DFの隙間に入り込んだ清武がファーストタッチでPA内左に進入。右のサイドネットを目掛け、左足で豪快なシュートを突き刺す。素早くカバーに入った中澤も間に合わない見事なボールコントロールを見せ、1-1とした。

 後半23分には左サイドでの細かいパス回しから柿谷が中央へチップキック。清武がゴールに背を向けて左足のヒールで落とすと、走り込んだ水沼がPA内やや左から左足のダイレクトシュートをゴール右に叩き込み、一気に2-1と逆転に成功した。

 アウェーチームの猛攻は止まらず、後半25分には右CKからキッカーの丸橋が左足で低く速いクロスを供給。マークを振り切ってニアに飛び込んだ杉本が体をひねりながら難しいヘディングを決め、リードを2点に広げる。25歳バースデー弾の杉本は今季20ゴール目とし、得点ランク首位の浦和FW興梠慎三に並んだ。

 C大阪は後半28分に逆転の原動力となった清武を下げ、MF山村和也を投入して5バックに変更する。それでも攻撃の手は緩めず、後半42分に右CKのこぼれ球をDFマテイ・ヨニッチが右足で押し込んで4-1。終始劣勢だった横浜FMはホーム最終戦を勝利で飾れず、今季2度目の連敗を喫した。

“大きなため息”に込められた複雑な感情…齋藤学「何かが足りない」 | ゲキサカ

 J1第32節が18日に開催され、5位横浜F・マリノスはホームで3位セレッソ大阪に1-4で逆転負けを喫した。今季2度目の連敗となり、両者の勝ち点差は残り2試合で5に拡大。横浜FMは来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内の3位入りに向け、厳しい状況に追い込まれた。

 ホーム最終戦のセレモニーでマイクスタンドの前に立った主将MF齋藤学は、まず最初に「今日も寒い中、たくさんの声援ありがとうございました」と感謝を述べると、いったん間を置いて大きくため息。そして厳しい表情で「僕は今日試合を見て、すごく悔しいです。今日の悔しさを次の試合にぶつけないといけないですし、今日見に来てくれたファン・サポーターの皆さんとともに残りの(リーグ戦)2試合、天皇杯の準決勝・決勝を勝って今年を終わりたいなと思います」と言葉を継いだ。

 今季開幕前にチームを支えてきた主力選手の流出が相次ぎ、荒波に向かうようなシーズンの船出となった横浜FM。周囲の不安を打ち消すように序盤戦から上位争いに食らいついていったが、今節の大一番で勝負弱さを露呈してしまい、ACL出場が遠のく痛恨の逆転負けとなった。

「今年の始めに色々ありましたけど、これだけ多くの人が応援してくれてACL、上位進出というところまで来ましたけど、やっぱりあと何か足りないんだなと思います。それは選手の力もありますし、会社、強化部、色んなものを含めてもっともっと強いクラブになっていきたいなと僕は思うので、まだ辛い思いを一緒にしてもらう時もあると思うんですけど、優勝するチームになるまでともに戦ってもらいたいなと思います」

 自分が現在チームに貢献できていない悔しさもある。齋藤は1月の新体制発表会までに去就が決まらず、横浜FM残留が決定したのは2月に入ってから。キャプテンと背番号10を新たに引き受け、今まで以上に強い決意で新シーズンに挑んだものの、上位争いが佳境に差し掛かる9月に右膝前十字靱帯損傷で全治8か月の離脱を強いられた。

 そうした中でも温かい声援を送ってくれたサポーターに対し、「1年間、応援ありがとうございました」と改めて感謝を口にした齋藤。そして、絞り出すように「僕は大怪我してしまって、今は試合に出られないですけど、チームとともに戦っていますし、このメンバー全員で天皇杯のタイトルを獲りに行きたいと思います。今日は1日ありがとうございました」と、残り試合での巻き返しを誓った。

Football LAB 〜サッカーをデータで楽しむ〜

横浜F・マリノス 2017マッチレポート | 11月18日 vs C大阪 | Football LAB

こけまりログ

2017/11/17 【スタジアム観戦情報まとめ】2017/11/18(土)14:00 J1リーグ 第32節 横浜F・マリノスvs.セレッソ大阪@日産スタジアム

2017/11/18 今週の「横浜駅みなみ西口」のプロモーションポスターまとめ(第32節 セレッソ大阪戦)
 
 

今週の他会場など


 
 


 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る