夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2017/10/20) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2017/10/20(金)午前中、健康診断からの静岡出張でした。)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Istagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

(´-`).o0(none)
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(ロコさぬのツイッターのタイムライン上に情報無し)
 
 

Twitter / Istagram


 
 


 
 

Webニュースログ

2017/10/20 【横浜FM vs 鹿島】 ウォーミングアップコラム:遠藤渓太の背番号へのこだわり – J’s GOAL

遠藤渓太はプロ入りした昨年、2つの目標を抱いた。最初の目標「U-20ワールドカップ出場」は、今年5月に達成した。そして、次に照準を定めるのが、2020年「東京オリンピック」である。

「オリンピックに出られたら、おのずといろんな人が(自分のプレー)を見てくれるはずだし、そうしたら海外のクラブに行くチャンスもあると思う。海外で通用する選手になりたいです」

目標から夢へ――。19歳の背番号18が、頭に思い描く“未来図”を教えてくれた。そのためにもまずは「F・マリノスで主力となり、しっかり結果を残していかなければいけない」。実は主力選手の証といえる、ある背番号をもらいたいという願望もある。それは今季より背番号10に変更した齋藤学が昨季まで背負い、今は空き番号となっている「11」だ。

「学さんが番号を変えてから意識しましたし、今年次第で(来季の番号がどうなるかが)決まると思っていました。周りの選手に認めてもらわないといけない番号だし、チームの首脳陣、サポーターにも認めてもらわないといけない。簡単に背負える番号じゃないから、願望だけでは付けちゃいけないかなと思っています」

また、“着る順番”にもこだわりがある。「学さんの次に着たい。他の選手が着たあとでは意味がないです」。あくまでも欲しいのは、同じ横浜FMユース出身の先輩が脱いだばかりの、トリコロールへの情熱が詰まった「11」のユニフォームなのだ。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

2017/10/20 【横浜M】イッペイ“11番奪取”へアピール「持ち味を出していきたい」 : スポーツ報知

 上位生き残りへ負けられない横浜Mは、今夏に加入した元ロシアU―18代表MFイッペイ・シノヅカ(22)が首脳陣を見返し、“11番奪取”をアピールする。

 意地とプライドがぶつかり合う“伝統の一戦”に初めて臨む横浜MのMFイッペイは「チームメートとしっかり連係を深めて、自分の持ち味を出していきたい」と意気込んだ。

 チームは直近3試合で4人が負傷退場するなど野戦病院状態。離脱中の主将・MF斎藤学(27)に代わってサイドを務めるイッペイにかかる期待も大きいが、初先発を飾った前節の大宮戦では無念の途中交代。エリク・モンバエルツ監督(62)からは「状況判断力を伸ばす必要がある」と辛口評価を受けた。

 現在の背番号37は、かつて元日本代表MF奥大介さんや斎藤らが背負った出世番号。しかし目指すのは「一番好き」と話し、昨季まで斎藤がつけ、現在空き番の11番。「もっと活躍して認めてもらったら、もらえると思う」と首脳陣へのアピールを誓った。

2017/10/20 イッペイ・シノヅカ22歳の逆輸入。ロシアと日本、マリノスへの想い。 – Jリーグ – Number Web – ナンバー

 10月14日、横浜F・マリノスvs.大宮アルディージャでのこと。マリノスのメンバー表を見た瞬間、「あれっ」と思った。日本人の名前なのに一人だけ表記がカタカナになっていたのだ。しかも、その名前、見覚えがある。記憶を確かめようと検索したら、すぐに思い出した。

 イッペイ・シノヅカはかつて、「篠塚一平」という名前だった。

 5年前、本田圭佑がロシアのCSKAモスクワでプレーしていた時、モスクワに取材に行った。その際、スパルタク・モスクワのリザーブチームと3年契約を結んだ17歳の日本人選手がいるということを聞いて、練習試合や練習を見にいったのだ。

 その時の選手が篠塚だったのである。

 篠塚は当時17歳でまだ線は細かったが、得意のドリブルで同年代では際立っていた。2011年東日本大震災が起こったことでロシア人の母の提案からモスクワに一時的に移住した。しばらくして帰国する選択肢があったが、篠塚はサッカーで勝負するためにモスクワに残った。

 いくつかのクラブのテストを受ける中、チェルタノーバに合格。育成クラブとして有名なクラブで篠塚はトップ下として実力をつけ、スパルタクのリザーブチームとの契約を勝ち取ったのだ。全国ロシア・クラブユース大会で2得点をあげ、大会ベストMFに輝くなど結果を出した。するとロシアのU-18代表から招集の打診があった。ロシアでは将来有望な選手のひとりだったのだ。

–先発メンバーに刻まれた「イッペイ・シノヅカ」。

 2017年夏までスパルタクとの契約があると聞いていたので、その後もおそらくロシアでプレーするのだろうなと思っていた。

 しかし、である。

 8月にロシアから帰国し、F・マリノスに入団したとは知らなかった。9月23日の甲府戦で日本での公式戦デビューを果たし、初ゴールを挙げた際も「シノヅカ」という名前は聞いたが思い出すまでには至らなかった。この日のメンバー表を見て、記憶が呼び起こされたのだ。

 そんなこともあって、この試合は右サイドハーフに置かれた彼のプレーを中心に見ていた。

–周囲との連係はまだまだだったとはいえ……。

 ボールを持ったらドリブルで仕掛ける彼のスタイルに変化はなかった。昔からネイマールが好きで、ユース時代も柔らかなステップで相手を翻弄していた。

 ただ右サイドバックの遠藤渓太との連係がまだうまく取れておらず、天野純も左サイドに流れていくので、シノヅカが孤立するケースは多かった。

 また1点先制された後、大宮は自陣に引いていたが、スペースがないと持ち味を発揮できず、苦しい展開になっていた。

「まだまだですね。サイドでいい形でボールをもらえる回数がまだ少ないですし、連係の部分でも左は純(天野)くんがいて、マルちゃん(マルティノス)とウーゴ(・ヴィエイラ)で点を取る形ができているんですが、自分のところはまだ得点の形が確立できていないです。マチ(中町公祐)くんが裏を見てくれるようになりつつありますが、まだ自分が欲しい状況でもらえていないですし、ケイタ(遠藤)とも機能できていない部分があるのでコミュニケーションを取りながらやっていくしかないですね」

–ロシアの方がスピードも当たりも激しい。

 シノヅカは試合中、不慣れなサイドバックでプレーする遠藤に何度も声をかけていた。ハーフタイムには「いつも前にいくだけじゃなく、後ろのカバーも考えて」とプレー面での指示をしていたという。そうした連係面を高めていくことやゴールパターンを詰めていく作業も重要だが、シノヅカ自身のコンディションを高めていくことも重要のようだ。

「今年の2月ぐらいからスパルタクでは試合に出ていなかったし、日本に来てからも何度か練習試合をしたけど、試合勘とか流れとか、まだ自分の中で、つかめていない部分があります。だけど日本のサッカーのスタイルには違和感がないです。

 マリノスのサッカーは縦に速いのでロシアのスタイルにも似ているし、もともとロシアの方がスピードも当たりも激しい。そういう部分では問題はないですけど、個人的な感覚や90分間のスタミナの部分は連係とともに、まだまだかなって思います」

–マリノスはスパルタクでの要求と似ている?

 大宮戦は初スタメンで、出場自体もまだ3試合目だ。すべてがうまくいくのは難しい。それでも日本語でコミュニケーションが取れるので、他の外国人選手よりは馴染む速度は早いだろう。

 5年ぶりにシノヅカと再会したわけだが、素朴な疑問があった。

 なぜ彼は、日本に帰国したのだろうか。

 国籍はロシアで、言葉もモスクワでの生活もサッカーも不便さはなかったはずだが。

「今年夏までの契約だったんですけど、スパルタクでチャンスが与えられず、試合にも出られなかったんです。チームメイトは『なんでイッペイが出ないんだ』って言ってくれたりしたんですが、監督とかに嫌われていたのか最後の方は完全に干されていました。

 すごくサッカーがやりたかったので国に関係なく自分を欲してくれるところでやりたいと思っていました。そうしたらマリノスから声がかかったんです」

 ロシアで華を咲かせようとしていた選手が欧州ではなく、Jリーグを選択する。このような逆輸入パターンは珍しい。それだけに日本でプレーすることに不安はなかったのだろうか。

「ロシアではJリーグを見れるサイトがほとんどないので情報は少なかったんですけど、不安や戸惑いはなかったです。

 ただ、丸岡満くん(ドルトムント→セレッソ大阪。現V・ファーレン長崎)が守備面を要求されて試合で出られなかったのを聞いていたので、自分はどうかなっていうのはありましたけど……マリノスは外国人監督でスパルタクでの要求と似ていたので戦術的に悩むことはなかったです」

–「日本代表として行きたい気持ちはありますが」

 17歳当時、「将来は日本代表でプレーしたい」と語っていたが来年はロシアでW杯が開催される。母国でのW杯について、どういう心境でいるのだろうか。

「複雑ですね……。スパルタクでプレーしていれば、そういう雰囲気を味わえたと思うけど、直前に日本に戻ってきたので。それに日本代表として行きたい気持ちはありますが、国籍がロシアなので、そういう問題もあります」


「これから帰化申請を考えつつ……」

「ただ……いずれ日本代表に選ばれるような選手になりたいという夢は変わらないです。これから帰化申請も考えつつ、マリノスで個人で打開できる選手になって結果を出しつづけていきたいと思っています」

 5年前、モスクワ市内のレストランでシノヅカを含めて数名で食事をした。大人たちに囲まれる中、周囲に気を配りつつ、遠慮がちに食べていたのが印象的だった。

 日本の優しいマインドを持ちながら顔つきは精悍になり、プレーは海外仕様だ。

 果たして齋藤学不在の右サイドは、「イッペイ・シノヅカ」の指定席になり得るか。

 母親の母国でプロサッカー選手としての歩みを始め、父親の故郷でキャリアを飛躍させようとしている22歳の挑戦が始まった。

 
 

今日のこけまり

【スタジアム観戦情報まとめ】2017/10/21(土)19:00 J1リーグ 第30節 横浜F・マリノスvs.鹿島アントラーズ@日産スタジアム | タイトル
【スタジアム観戦情報まとめ】2017/10/21(土)19:00 J1リーグ 第30節 横浜F・マリノスvs.鹿島アントラーズ@日産スタジアム
 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る