【スタジアム観戦情報まとめ】2017/10/21(土)19:00 J1リーグ 第30節 横浜F・マリノスvs.鹿島アントラーズ@日産スタジアム

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2017/10/21(土)19:00 J1リーグ 第30節 横浜F・マリノスvs.鹿島アントラーズ@日産スタジアム | タイトル

タイムスケジュール(予定)

16:30 ネンチケ先行開門
17:00 一般開門
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。発券枚数が30,000枚を超えているので、開門時間が少し早まるかも?)

天気予報

[Yahoo!天気・災害]日産スタジアム ※2017/10/21 6:00発表

2017/10/21(土)18:00の予報
天気:弱雨(1mm/h)
温度:17℃
風 :北東3m
 
 

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2017 明治安田J1 第30節 vs 鹿島アントラーズ ホームゲームイベント | 横浜F・マリノス 公式サイト

発券枚数23,573枚 10/12 11:00現在
発券枚数23,784枚 10/13 11:00現在
発券枚数27,352枚 10/18 12:00現在
発券枚数28,088枚 10/19 12:00現在
発券枚数30,060枚 10/20 18:00現在

Q&A 試合観戦について
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  日産スタジアム「拾得物係」Tel: 045-477-5018 (営業時間:9:00~17:00)

アクセス 日産スタジアム

ビジターサポーターの皆様へ(日産スタジアム)


【横浜F・マリノス】歴代 鹿島アントラーズ戦 印象に残る5シーン – YouTube
 
 

日産スタジアム周辺情報

横浜アリーナ:ハロウィン フェス 2017 ジャック・オー・ランド
(´-`).o0(家族向けのハロウィンイベントのようです)

JRA ウインズ新横浜:富士ステークス(GIII)
(´-`).o0(日曜日の「菊花賞(GⅠ)では、トリコロールブルーという馬が出走予定)
 
 

Weblog


【公式】プレビュー:横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ 明治安田生命J1リーグ 第30節 2017/10/21 – YouTube

横浜FMvs鹿島の観戦情報(明治安田生命J1リーグ:2017年10月21日):Jリーグ.jp

2017/10/19 【J試合情報】横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズ 10月21日 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

・横浜FMがJ1で最も負けていると共に、失点を喫しているチームは鹿島である(28敗、84失点)。

・鹿島はJ1でのアウェイ戦直近14試合で11勝している(1分2敗)。それゆえ、アウェイでの勝利数は今季リーグ最多である。

・鹿島はJ1での横浜FM戦で、現在9戦連続負けがない(7勝2分)。この間、5試合で無失点に抑えている。

・鹿島はJ1での横浜FM戦で現在10試合連続得点を決めている(2012年9月22~)。同チームは、横浜FM戦での連続得点試合記録を更新中。

・今季J1で、交代出場者による得点数が最も多いのは横浜FM(10点)。鹿島はそれに次ぐ9点を記録している。

・鹿島は先月、J1での鳥栖戦(0-1)で無得点に抑えられた。それ以前のJ1でのアウェイ戦では15試合連続で得点を挙げていた(30得点)。

・鹿島は今季J1での試合時間76-90分の時間帯に、リーグ最多の17得点を記録している。今季同時間帯の得点が決勝点となったのは7試合で、直近のアウェイ戦で挙げた3勝も全て80分以降の得点で勝利を掴んでいる。

・2015年シーズン以降、ヘディングで最も得点を決めているDFの選手は山本脩斗(6点)。対する現横浜FMのファビオは、同期間に同部門で2位タイの5得点を記録している。

2017/10/19 J1で25年間唯一続く横浜FM×鹿島キックオフ! | チケットぴあ[スポーツ サッカー]

J1の舞台で25年間戦い続けてきた横浜F・マリノスと鹿島アントラーズ。オリジナル10でJ2降格を免れてきた両クラブが今週末激突する。

21勝1分7敗・勝点64で2位・川崎フロンターレに勝点5差をつける鹿島は、2年連続9度目のJ1制覇に視界良好だ。第22節、川崎Fに1-3と完敗を喫した後に5連勝。第28節・サガン鳥栖の術中にハマリ0-1と16試合ぶりに無得点となった翌節は6試合負けなしと上げ潮のサンフレッチェ広島に2-0。連敗しないところは、さすが常勝軍団。

中盤戦にゴールラッシュを見せたペドロ・ジュニオールが第28節に戦線復帰し第29節にスタメンに名を連ねると、土居聖真、鈴木優磨というポジションを争うライバルがゴールを決めた。大岩剛監督のもと、チーム内の競争が激しくなり、レギュラーと言えど安泰とは言えない鹿島では足踏みは許されない。選手たちの試合・結果への渇望が、現在の地位を築いているのだ。

一方、第24節まで鹿島を追う2番手につけていた横浜FMだが、ここ5試合は1勝2分2敗と失速し、15勝7分7敗・勝点52の4位まで順位を下げた。第27節・ヴァンフォーレ甲府戦でエース・齋藤学が長期戦線離脱となる重傷を負った。第28節にはウーゴ・ヴィエイラも負傷交代を余儀なくされた。首位・鹿島には残り5試合で勝点12差。数字上は逆転可能だが、横浜FMにとって『ACL』出場権確保となる3位以内死守が現実的な目標となるだろう。攻撃のキーマンふたりを欠いた横浜FMとしては、我慢強いディフェンスで鹿島のアタックを凌ぎながら、マルティノスのスピードを生かしたカウンターや天野純の高精度のプレースキックを利してのセットプレーから勝利を手繰り寄せたいところ。

ここまでの戦いぶりや現在置かれているチーム状況を見れば、鹿島有利は明白だ。だが、しかし、横浜FMにも意地がある。

J1リーグ戦での直接対決は28勝8分19敗と鹿島がリード。直近の対戦成績でも鹿島が引き分けをひとつ挟み7連勝と圧倒する。横浜FMの勝利は2012年9月まで遡らなければならない。Jリーグ元年から続く唯一のライバル対決となる以上、負けっぱなしではプライドが許さない。

2017/10/19 横浜負ければV逸「決定的な仕事する」鹿島に警戒心 – J1 : 日刊スポーツ

 横浜F・マリノスは19日、横浜市内で約1時間30分、雨の降る中で練習を行った。ホームに首位鹿島アントラーズ(21日)を迎えるリーグ戦の次節は、負ければ優勝の可能性が消える。

 エリク・モンバエルツ監督は「鹿島の長所も、我々の長所も分かった上で戦う。しかも鹿島は30試合以上もリーグ戦をやってきた中で首位にいる。長所がたくさんあるということ。少しのミスで、決定的な仕事をしてくる」と、警戒心を強めつつ、勝利への道筋を探っていくことを強調していた。

2017/10/20 横浜中沢の自負「鹿島に独走させる訳にはいかない」 – J1 : 日刊スポーツ

 4位の横浜F・マリノスが、背水の陣でリーグ戦5年ぶりの鹿島アントラーズ戦勝利を狙う。明日21日の鹿島戦は、負ければ4試合を残して優勝の可能性が消滅。そんな中、19日はチーム最多10得点のFWウーゴ・ヴィエイラが、右膝の治療のため、ポルトガルに帰国。主将でエースのMF斎藤、DF金井、松原と主力が相次いで戦線離脱し、苦しい台所事情でヤマ場を迎えることになる。

 この日の紅白戦形式の練習で主力組に入り、今季リーグ戦初先発が有力なDF下平は「負けたら数字上、優勝がなくなるので、もちろん勝たないといけない」と、満を持しての出番に向け力を込めた。DF中沢も「鹿島に独走させるわけにはいかない」と、1度もJ2経験がない両チームの対決だからこそ燃えていた。

2017/10/20 516試合出場の鹿島・曽ケ端 566試合の中沢と“鉄人対決”― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 首位の鹿島は敵地で横浜と対戦する。互いに光るのは堅守。それを支えているのは、レジェンドたちだ。38歳のGK曽ケ端は「あの年齢でずっとフル出場を続けているのは凄い」と刺激を受ける、2学年上の横浜DF中沢との対決を楽しみにした。

 J1で516試合に出場してきた曽ケ端。中沢は同566試合を誇る。「少し前までは膝にテーピングを施しながらやっていた。それでもしっかりゲームに合わせてコンディションを持ってきているのを見ると“さすがだな”と思う」。鹿島の失点数は27で、横浜はリーグ最少タイの26。「そこ(中沢)をこじ開けなければ勝てない」と、崩すことは容易ではないと自負している。

 Jリーグ創設から25年。互いに一度もJ2に降格したことのない、オリジナル10同士の戦いでもある。09年9月以降、アウェーのJ1では負けていないが「過去のデータはあまり関係ない。若くて技術がある選手が前線にそろっているので、注意が必要」と気合。“鉄人対決”を制し、連覇へ弾みをつける。

2017/10/20 【プレビュー】伝統の“オリジナル10”対決、ACL圏内浮上を狙う横浜FMと優勝へ突き進む鹿島が激突 | Goal.com

21日に行われる明治安田生命J1リーグ第30節で、横浜F・マリノスと鹿島アントラーズが対戦する。

横浜FMは来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場圏内となる3位以内の確保を目指し、鹿島はリーグ優勝へ前進あるのみ。それぞれが目標を成就させるために、是が非でも落とせない一戦となった。

ホームの横浜FMは直近5試合で1勝2分2敗で4位に位置する。前節は残留争いの渦中にある大宮アルディージャと対戦し、1-1のドロー。前半に先制される苦しい展開も、後半に中町公祐のミドルシュートで引き分けに持ち込んだ。ACL出場圏内となる3位柏レイソルとの勝ち点差はわずか「1」。今節勝てば入れ替わりの可能性もあるだけに、勝利こそが求められる一戦となる。

横浜FMは29試合を終えてリーグ最少失点数「26」を記録しているものの、第25節の川崎フロンターレとの神奈川ダービー以降、5試合連続失点中。とりわけ、中澤佑二とともに鉄壁の守備を築いていたオーストラリア代表のミロシュ・デゲネクが2試合連続で先発入りせず。リーグ屈指の守備に陰りが見えている。

攻撃陣では齋藤学がシーズンを棒に振る重傷を負い、離脱。さらに、前節の大宮戦でチーム内得点王のウーゴ・ヴィエイラが右膝を負傷。検査と治療のためポルトガルへ一時帰国することが発表されている。このポルトガル人ストライカーの離脱は大きな痛手となるが、富樫敬真や伊藤翔といった日本人ストライカーの奮起に期待したい。

一方の鹿島は直近5試合で4勝1分と白星先行。2位川崎フロンターレと勝ち点差5をつけて首位を快走している。第28節はサガン鳥栖に苦杯をなめたが、前節はサンフレッチェ広島に2-0と完勝。堅実な戦いを見せ、土居聖真と鈴木優磨のゴールで勝ち点3を積み上げた。

今節はチーム内得点王の金崎夢生が出場停止明けでピッチに帰還。ベストメンバーでこの上位対決に臨むことができそうだ。さらに、レアンドロ、鈴木といった前線の選手もコンスタントに結果を残しており、連覇に向けて視界は良好。優勝の可能性が残されたリーグ戦と天皇杯の連覇を目指す。

1992年の日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)発足時に加盟した10クラブ「オリジナル10」で唯一降格を経験していない両チーム。意地とプライドを懸けた戦いを制するのは果たしてどちらのチームか。試合は19時に日産スタジアムでキックオフされる。

2017/10/21 【横浜M】バブンスキー「キャプテン翼」作者・高橋陽一氏来場予定の鹿島戦必勝誓った! : スポーツ報知

 J1第30節は21日、各地で8試合が行われる。首位・鹿島との大一番を控える4位・横浜Mのマケドニア代表MFダビド・バブンスキー(23)が“師匠”の前での活躍を誓った。

 同戦には人気漫画「キャプテン翼」の作者・高橋陽一氏が来場予定。「キャプテン翼からサッカーの多くを学んだ」と胸を張り、高橋氏を師と仰ぐバブンスキー。クラブオフィシャルマガジン「TRICOLORE 2017冬号」の企画で対談した際も「ファンタスティックだったよ!」と大興奮の一時を過ごし、高橋氏にバルセロナ所属の主人公・大空翼がマリノスに加入するストーリー展開を推薦したという。

 チームは20日、横浜市内で調整し、バブンスキーは約3か月半ぶりの先発が濃厚に。「高いモチベーションと情熱を持ってプレーしたい」と翼くん並みの活躍を思い描いた。

2017/10/20 【横浜M】先発5人変更で鹿島撃破へ 伊藤、下平、バブンスキーらを先発起用か : スポーツ報知

 横浜Mは20日、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督の視察も予定されている首位・鹿島との大一番(21日・日産ス)に向け、横浜市内で1時間半の調整を行った。

 直近5試合で2勝と足踏みが続くチーム状況を踏まえ、エリク・モンバエルツ監督は前節から先発5人を入れ替えることを示唆した。

 モンバエルツ監督は、右サイドバックに昨年6月17日の大宮戦以来の先発となる左利きの下平の抜てきを明言。「匠(DF下平)は左を専門としているが、現代サッカーでは両方できることが求められる。攻撃の組み立てのところで持ち味を出して欲しい」と語った。

 またFWウーゴ・ヴィエイラをけがで欠く攻撃陣は、5月27日の清水戦以来、5か月ぶりにFW伊藤翔を1トップに起用し、サイドには前節で途中出場し好プレーを見せたMFダビド・バブンスキーの配置が濃厚となっている。指揮官は「翔はポストプレーができる。くさびの動き、守備でのパスコースの限定に期待したい。もちろん一番求められることは得点を挙げること」と自信満々の表情で語った。バブンスキーは「モチベーションは維持できている。難しい試合になると思いますが、情熱をもってプレーしたい」と意気込んだ。

 予想スタメンは以下の通り。

◆GK
飯倉大樹

◆DF
下平匠
中沢佑二
ミロシュ・デゲネク
山中亮輔

◆MF
喜田拓也
中町公祐
マルティノス
天野純
ダビド・バブンスキー

◆FW
伊藤翔

2017/10/20 【J1展望】横浜×鹿島|横浜は負ければ優勝の可能性が消滅。意地を見せられるか | サッカーダイジェストWeb

横浜F・マリノス
今季成績(29節終了時):4位 勝点52 15勝7分7敗 37得点・26失点

【最新チーム事情】
●大宮戦で右膝を負傷して途中交代となったH・ヴィエイラが検査のため一時帰国。
●そのH・ヴィエイラの代役は伊藤か。久しぶりのメンバー入りが濃厚だ。
●前節から複数のポジションで先発を入れ替える可能性あり。右SBには“左利き”の下平が起用されるかもしれない。

【担当記者の視点】
 斎藤、金井、松原に続き、前節・大宮戦の怪我で得点源のH・ヴィエイラが離脱……。厳しい台所事情で首位・鹿島戦を迎えることになった。

 ホームだが苦戦は必至。劣勢の時間帯が長くなりそうだが、自慢の堅守でどこまで耐えられるか。攻撃面では先発復帰のマルティノス、久々のスタメン出場となる伊藤の奮起が必要だ。チャンスは限られたものになるはずで、天野のセットプレーにも期待したい。

 この試合を落とせば、リーグ優勝の可能性が消滅する。敵地での前回対戦も0-1で敗れているだけに、チーム一丸となって、意地を見せたい。
 
 
鹿島アントラーズ
今季成績(29節終了時):1位 勝点64 21勝1分7敗 48得点・27失点

【最新チーム事情】
●出場停止明けのエース金崎が先発復帰の見込み。
●主力として初めて優勝争いを経験する三竿健は「目の前の試合に集中する」ことを心がけ、結果的に「意識せず」の状態を作り出している。
●安部は試合2日前の練習を欠席。スーパーサブの出場は微妙な状況だ。

【担当記者の視点】
 今節の横浜戦に勝利し、2位・川崎が広島に負けか引き分けかで、連覇に王手をかける。ただ選手たちは浮足立つことなく、“一戦必勝”の姿勢で着実に勝利を積み重ねていく構えだ。

 横浜は堅牢なディフェンスに定評があり、ペースは掴むも攻めあぐねる展開も予想される。そこで焦れずに、根気よく攻撃の糸口を探し続けられるかがカギを握るだろう。

 注目は出場停止明けのエース金崎。躍動感溢れるプレーで前線を活性化し、横浜守備陣の体力を削りながら、チャンスメイクとフィニッシュで違いを見せたい。

2017/10/20 【日本代表】ハリルホジッチ監督、2日間でJリーグ3試合視察 : スポーツ報知

 サッカー日本代表スタッフの今節のJリーグ視察先が発表になった。21日は、ハリルホジッチ監督がF東京―札幌、横浜M―鹿島をWチェックする。

 手倉森コーチがC大阪―甲府、ルグシッチGKコーチが大宮―柏、浜野GKコーチが神戸―鳥栖、早川コンディショニングコーチがF東京―札幌を視察。

 22日の浦和―G大阪はハリルホジッチ監督、ルグシッチGKコーチ、浜野GKコーチが視察する。

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る