【スタジアム観戦情報まとめ】2017/8/13(日)19:00 J1リーグ 第22節 横浜F・マリノスvs.サガン鳥栖@ニッパツ三ッ沢球技場

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2017/8/13(日)19:00 J1リーグ 第22節 横浜F・マリノスvs.サガン鳥栖@ニッパツ三ッ沢球技場 | タイトル

タイムスケジュール(予定)

16:30 ネンチケ先行開門
17:00 一般開場
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。)

天気予報

[Yahoo!天気・災害]ニッパツ三ツ沢球技場 ※2017/8/13 4:00発表

2017/8/13(日)18:00の予報
天気:曇り
温度:28℃
風 :東南東2m
 
  

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2017 明治安田J1 第22節 vs サガン鳥栖 ホームゲームイベント | 横浜F・マリノス 公式サイト

発券枚数12,567枚 8/4 10:00現在
発券枚数13,113枚 8/10 11:00現在
発券枚数13,895枚 8/12 18:00現在

Q&A 試合観戦について
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  ニッパツ三ツ沢球技場 Tel: 045-311-2016
  (営業時間:8:45~17:15)

ニッパツ三ッ沢球技場 アクセス方法
 
 

Webログ


【公式】プレビュー:横浜F・マリノスvsサガン鳥栖 明治安田生命J1リーグ 第22節 2017/8/13 – YouTube

横浜FMvs鳥栖の観戦情報(明治安田生命J1リーグ:2017年8月13日):Jリーグ.jp

2017/08/12 【J試合情報】横浜F・マリノスvsサガン鳥栖 8月13日 – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ)

・横浜FMはJ1での鳥栖とのホーム戦通算5試合で4勝している(1敗)。現在、同地での鳥栖戦は2連勝中。
・横浜FMはJ1で現在11試合連続負けなし(8勝3分)。この間、6試合でクリーンシートを記録している(平均失点は0.5点)。
・鳥栖は前節の柏戦を無失点に抑えたことにより、J1でクラブ史上初のアウェイ3試合連続無失点を達成した。
・横浜FMは今季J1でPA外から失点をしていない唯一のチーム。
・横浜FMは今季J1で5カ国の選手が得点を決めている唯一のチーム。
・齋藤学は今季J1で46本のシュートを放っているが、未だ得点を取れていない。今季J1で、得点を取っていない選手の中で、最もシュートを放っている選手は齋藤である。
・今季J1でベストの枠内シュート率を記録しているのは横浜FM(51.1%)。一方の鳥栖は、同部門で今季リーグワーストの数字を記録している(35.6%)。
・鳥栖がJ1に昇格した2012年シーズン以降、豊田陽平はリーグ戦で毎年二桁得点を記録している。しかし、今季は17試合に出場して4得点しか決めておらず、直近の3シーズンでは自己ワーストの決定率に終わっている(2015年;29%、2016年;19%、今季;13%)。

2017/08/11 横浜モンバエルツ監督、精神面も見極めメンバー選考 – J1 : 日刊スポーツ

 J1横浜F・マリノスは11日、横浜市内で練習を行った。9日のコンサドーレ札幌戦に先発した選手は負荷を軽減したメニューを、それ以外の選手は実戦形式のメニューなどをこなした。

 現在、チームは2連勝中で、11試合連続負けなしの3位と好調をキープしている。5日のアルビレックス新潟戦、前節札幌戦は過密日程の中、先発メンバーを一部替えながら2連勝。13日の次節サガン鳥栖戦に向けて、エリク・モンバエルツ監督(62)は「中3日で試合が続く中で、選手をローテーションしながら起用するということにトライして、やるべきことができた。もちろん、全員を替えるということはしないが、ここから上位争いしていくためにはメンタルの強さが試される」と話した。肉体面だけでなく精神面のコンディションも見極めながら、札幌戦からのメンバー変更も視野に入れていることを示唆した。

2017/08/12 横浜 鳥栖戦へ雪辱誓う 主将・斎藤「勝ったら勢いつく」― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 横浜がアウェーでの借りを返す。13日に激突する鳥栖には5月7日に敵地で0―1と敗れたが、チームは現在公式戦11戦負けなしと好調が続いている。

 主将のMF斎藤は「前半戦で負けているけど、勝ったら勢いがつく」と気合十分だ。前節で3位に浮上し、首位鹿島とは勝ち点6、2位C大阪とは同4差。今度こそ鳥栖から勝ち点3をもぎ取り、上位2チームにプレッシャーをかける。

2017/08/12 横浜MF斎藤学、右足首「今も痛い」も全練習こなす – J1 : 日刊スポーツ

 J1横浜F・マリノスは12日、横浜市内で約1時間30分、練習を行った。

 9日の前節に北海道コンサドーレ札幌戦で右足首を痛めた主将のMF斎藤学(27)は「(患部は)今も痛い」と話しながらも、主力組の左サイドハーフとして紅白戦形式の練習をすべてこなした。

 13日の次節サガン鳥栖戦に向けては「前回(前半戦)負けた相手で、対人に強いイメージがある。2トップも強力なので気を付けたい」と、気を引き締めていた。

2017/08/12 【横浜FM vs 鳥栖】 ウォーミングアップコラム:「サポーターなしにはプレーできない」by富樫敬真 – J’s GOAL

8月10日に誕生日を迎え、満24歳になったFW富樫敬真(写真)。プロ1年目の昨年と比べると、明らかに体が“ごっつく”なっている。聞けば、ここ1年で体重が「約6kg」も増えたそうだ。しかも、「めちゃくちゃ筋トレをやっているわけでもないし、食べる量も大学(関東学院大)時代より減っている」なかで。では、なぜ増えたのか?

「普段の練習や試合でのコンタクトプレーだけで、自然とデカくなっていった感じです」。特に中澤佑二、ミロシュ デゲネク、栗原勇蔵らの「堅守・横浜FM」を象徴する猛者と対峙する“ぶつかり稽古”は、それだけで勝手にフィジカルトレーニングになるのかもしれない。また、技術面でも彼らを相手に練習する影響は、「相当大きいと思います。やっぱり練習のほうが難しいですもん。試合のほうがボールを収めるのが簡単だし、特に俺は練習が上手くいかないですね」。

ただし、試合のほうが上手くいくのは、メンタル面も加味されているからだという。「ピッチに立つと、サポーターの声援みたいなものが、そのまま集中力に繋がるというか、パワーになるというか、そういう感じがする。きれいごとじゃなくて、自分の中では結構ガチでそれがあって、逆にそこに依存してしまっている。サポーターなしにはプレーできない感じになっちゃってますね(苦笑)そこは直していこうと思っているんですけど…」。

良いふうに捉えれば、アドレナリンがプラスに作用する「本番に強いタイプ」と言えるだろう。不思議な力をもつ“天然”ストライカーが、バースデー後1発目の試合で、何か魅せてくれそうな予感がする。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

2017/08/12 【横浜M】前回の鳥栖戦黒星から11戦負けなし 扇原「チームのために戦う」 : スポーツ報知

 3位の横浜Mは12日、横浜市内で非公開練習を行い、13日の鳥栖戦(ニッパツ)に向けて調整した。

 11戦連続で無敗を継続中のマリノスは3か月以上にわたってリーグ戦で負けがないが、最後に敗れたのは5月7日に行われたアウェーの鳥栖戦(0●1)。同戦で失点に絡んだMF扇原貴宏は「2トップが大きくてパワーがある。シンプルにクロスを上げさせないようにする必要がある。前回の負けから連勝が続いて、上位争いができている。まずはしっかりチームのために戦うことが大事」と語った。

 試合前日の練習後には翌日の先発メンバーを決定していることが多いエリク・モンバエルツ監督だが、この日は「最終的にもう一度(鳥栖の)ビデオを見直してから決めたい」と先発を決めかねていることを明かした。「新潟戦と札幌戦で何人かの選手をローテーションさせたが、大事なのはバランス。バランスを取りながら決めたい」と話した。

 12日の正午の時点ですでに観戦チケットはほぼ完売。マリノスは前節を終えて順位は3位。1試合消化の多い2位・C大阪は試合がないため、勝てば勝ち点1差まで詰めることができる。

 予想スタメンは以下の通り。

 ◆GK
 飯倉大樹

 ◆DF
 松原健
 中沢佑二
 ミロシュ・デゲネク
 山中亮輔

 ◆MF
 扇原貴宏
 喜田拓也
 マルティノス
 天野純
 斎藤学

 ◆FW
 ウーゴ・ヴィエイラ

2017/08/11 【横浜FMvs鳥栖プレビュー】リーグ戦は11試合負けなしと好調の横浜FM…前回対戦は1-0で制している鳥栖 | サッカーキング

■横浜F・マリノス 右足首を負傷した齋藤学の状態が気がかり

【プラス材料】
 リーグ前節はアウェイで札幌に2-0で勝利し、2連勝を飾った。

 前半こそスコアレスで折り返したが、後半に入って天野純の正確な左CKを扇原貴宏が頭で合わせ、背番号6の今季リーグ戦初ゴールが貴重な先制点に。さらに右サイドバックで先発した松原健のクロスが相手GKのオウンゴールを誘った。この勝利で8勝3分の11試合負けなしとなり、順位を3位に上げている。

 また、札幌戦では前節の新潟戦から先発を4選手変更して臨み、チーム力が底上げされていることを印象づけた。今節の鳥栖戦も中3日の連戦となるため、出場停止明けとなる金井貢史など複数の選手を入れ替える可能性がある。攻守のバランスが良い状態で保たれてため、メンバー変更のリスクよりも出場した選手のモチベーションの高さがプラスに働く可能性が高い。

【マイナス材料】
 札幌戦の後半に右足首を負傷した齋藤学の状態が気がかり。ドリブル突破を仕掛けた際に相手のスライディングを受けて負傷した模様で、珍しく途中交代した。

 中3日の強行軍では元通りの状態に戻るのは難しいだろう。出場できたとしても100%の状態とは考えにくい。仮に齋藤が欠場を余儀なくされた場合、札幌戦で途中出場した前田直輝や遠藤渓太に出番が回ってきそうだが、戦力ダウンは否めない。

 対戦相手の鳥栖との相性があまり良くないのも不安材料の1つだ。前半戦では自陣でのミスから失点し、そのままビハインドを追いつけず0-1で敗れている。マッシモ・フィッカデンティ監督に研究された印象もあり、鳥栖の堅い守備を崩せなかった。

文:totoONE編集部

■サガン鳥栖 イバルボはチームメートからの信頼も厚い

【プラス材料】
 リーグ前節の柏戦は、相手のミスもあったが20本のシュートを浴びながら、難しいアウェイゲームをスコアレスドローで勝ち点1を手にした。鳥栖にも先制のチャンスがあっただけに、まさに痛み分けといったところだ。

 リーグ戦の最近5試合で3試合目となる無失点試合は、相手の長所を消して自分たちのペースに持ち込むという鳥栖らしさが出てきたということの証。清水戦で負傷交代した吉田豊の代わりに左サイドバックに入った三丸拡、トップ下の水野晃樹やセンターバックのチョン・スンヒョンなど今季リーグ戦初先発した選手も要所で好プレーを見せ、消耗戦が多くなるこの時期に彼らが存在感を発揮したのはチームにとってプラス材料だ。

 11戦無敗の横浜FMだが、前回土をつけた鳥栖が、その時の戦いを再現できれば勝利に近づける。

【マイナス材料】
 柏戦のドローでリーグ連勝は2で止まってしまった。無敗は8試合と継続しているが、柏戦ではイバルボが23分の決定機を外すなどリーグ戦ノーゴールが続いている。

 ただ、彼はゴール以外の部分で貢献しておりチームメートからの信頼も厚い。高橋義希は「彼がゴールできるようにサポートします」と笑顔を見せただけに、近いうちにゴールが生まれるだろう。

 鳥栖にとって今節のマイナス要因は、横浜FMとのアウェイゲームでの相性の悪さ。リーグでの敵地戦では1勝4敗と大きく負け越しているだけでなく、ニッパツ三ツ沢球技場では3戦3敗と勝ち点すら挙げていない。

 鳥栖は中3日でのアウェイ連戦となるため、コンディションをどこまで戻せるかもこの試合のカギとなる。

文:荒木英喜

2017/08/11 【J1展望】横浜×鳥栖|攻撃強化の鳥栖は、リーグ随一の堅守を誇る横浜の牙城を崩せるか | サッカーダイジェストWeb

横浜F・マリノス
今季成績(21節終了時):3位 勝点40 12勝4分5敗 29得点・17失点

【最新チーム事情】
●金井が出場停止明けで戦列に復帰。松原とのポジション争いは熾烈を極める。
●札幌戦で齋藤が右足首を負傷。ただし金曜日の練習には合流しており、出場は問題なさそうだ。
●1トップの先発は、札幌戦で出番のなかった富樫の可能性が高い。

【担当記者の視点】
 この快進撃はいつまで続くのか。リーグ戦で最後に負けたのは、5月の10節・鳥栖戦。それからチームは11戦無敗(8勝3分)で、直近2試合は連続完封勝利と盤石の強さで3位にまで浮上した。

 リーグ最少失点の堅守をベースに、後半勝負の勝ちパターンを確立。選手たちは揺るぎない自信を持って試合に臨めている。最後に土をつけた鳥栖を相手に、リベンジを果たすことができれば、さらに勢いづくはず。その意味では、今後を左右するかもしれない重要な一戦だ。
 
 
サガン鳥栖
今季成績(21節終了時):9位 勝点31 8勝7分6敗 24得点・23失点

【最新チーム事情】
●8月9日、FC東京から河野広貴を完全移籍で獲得。
●前節の柏戦は、20本のシュートを浴びながら0-0のドロー。守備に手応えを掴んでいる。
●エース豊田を活かせない攻撃が気掛かり。

【担当記者の視点】
 前節のアウェー柏戦では、しぶとく完封に抑えて引き分けに持ち込み、勝点1を積み上げた。しかし、内容は相手に主導権を握られる一方的な展開だった。その一番の要因は推進力を欠いた攻撃にある。長身エースの豊田が2試合ぶりに先発出場したものの、その高さをうまく活かせず、相手を押し込めなかった。

 そこで注目したいのが、FC東京から加入した河野だろう。持ち前のキレのあるドリブルで攻撃にリズムをもたらすはずだ。登録が間に合えば、今節の出場もあり得る。豊田の高さと河野のドリブルをうまく使い分けながら、21試合消化時点で17失点と、堅守を誇る横浜の牙城を崩したい。

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る