【試合結果まとめ(0○2)】2017/8/9(水)19:00 J1リーグ 第21節 北海道コンサドーレ札幌vs.横浜F・マリノス@札幌ドーム

Pocket
LINEで送る

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.Jリーグ.jp
3.Twitter / Istagram
4.YouTube
5.Webニュースログ
6.今週の他会場など

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2017 明治安田J1 第21節 vs 北海道コンサドーレ札幌 試合レポート | 横浜F・マリノス 公式サイト

(´-`).o0(今節の警告:扇原選手(累積2枚目)/ヴィエイラ選手(累積2枚目))

監督コメント

エリク モンバエルツ 監督
「予想していたとおり、インテンシーの高いゲームになったと思います。特に前半、相手は長いボールによるダイレクトプレーで前線の身体の大きな選手を使い、フィジカルの能力を生かそうとしてくると予想していましたので、そこを我々は耐えなければならないと考えていました。
ただ自分たちがボールを持ったときは、しっかりとボールを回して相手を走らせることができていました。ですので、後半はよりボールを動かして、連動性のところのスピードを上げて、それをゴールに結びつけることができました。
先制した後は、自分たちがより展開を進めやすくなり、最終的に2-0というスコアにつながったと思います」

質問:これで11試合負けなしです。この好調の要因は?
「まず大事なこととして、11試合負けていないということよりも、勝っている試合が多いということです。
そして勝つために大事なこととしては、攻守のバランスを取ったサッカーをするということです。しっかり失点を減らす守備を行い、そしてしっかり自分たちがポゼッションして攻撃を仕掛ける。このバランスの取れたサッカーが、今、出せていると思います」

選手コメント

松原 健
「前半から自分たちのペースに持ちこめたし、全体としても良かったと思います。
(オウンゴールを生んだシーンは)普段だと、マルちゃんがボールを持ったとき、なかなかパスが回ってこないことが多いんですけど、今日は回してくれました。ファーストタッチをしたときはマイナスのボールを蹴ろうとしたんですが、2タッチ目のとき、相手がマイナスのコースを切っていたんで、GKとDFの間に速いボールを蹴りました。
1点目のゴールもそうですが、相手GKが難しい弾き方をしていたのと、GKのメンタル面もあるよと大樹君とも話していたのもあります。
サイドバックの競争が激しいので、こういうチャンスが来たときは、どんどんモノにしていきたいと思います」

ウーゴ ヴィエイラ
「スタメンで試合に出られて嬉しかったです。
試合勘がなくて最初のほうは難しかったですけど、試合の流れのなかで、僕自身も自分の仕事をしたかなと思います。勝点3をチームが取れたことを、すごく嬉しく思ってます」

天野 純
「こういう試合はセットプレーが勝負を分けるので、そういう意味でも、僕がアシストできたのはすごく大きかったです。
(コーナーキックを蹴る前に)佑二さんと話して、相手GK付近には高い選手が密集しているので、ちょっと外したところを狙いました。そこに、タカがうまく入り込んで、決めてくれたので良かったです。
その後のFKは少し曲がり切らなかった。スピードも高さも悪くはなかったんですが、もっとカーブ回転をかけたかった。次またチャンスがあったら、決めたいと思います」

Jリーグ.jp

札幌vs横浜FMの試合結果・データ(明治安田生命J1リーグ:2017年8月9日):Jリーグ.jp
 ├ 入場者数 17,350人
 └ フォトギャラリー

選手コメント

[ 天野 純 ]
CKの場面は(中澤)佑二さんと話して、相手GK付近はキャッチされてしまうので少し離れたところを狙おうと決めていた。結果的に決めたのは佑二さんではなかったけど、タカ(扇原 貴宏)が良いタイミングで入ってきてくれた。直接FKはコースもスピードも悪くなかったけど、回転が少し足りなかった。今度チャンスがあったら必ず決めたい。(フルタイム出場が途絶えたが)そこにこだわっていたわけではないし、監督が決めること。そこに関して僕が言うことは特にない。

[ 齋藤 学 ]
今日はゴールを決められそうな雰囲気があった。でもチームが勝つことが一番大事。この前の新潟戦のように、序盤は相手に押されていたけど、そこをしのいだあとに自分とマル(マルティノス)がポジションを変えて攻撃の起点を作ることができた。良い判断ができたと思う。ただ、ゴール前でファウルを受けた場面で右足首を痛めてしまった。連戦なのでしっかり治さないといけない。ただ、交代で入った(前田)直輝や(遠藤)渓太にもチャンスがあったし、競争が激しくなるのは良いこと。

 
 

Twitter / Istagram


 
 

YouTube


【公式】ハイライト:北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第21節 2017/8/9 – YouTube
 
 

【公式】ゴール動画:扇原 貴宏(横浜FM)55分 北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第21節 2017/8/9 – YouTube


【公式】ゴール動画:オウンゴール(横浜FM)78分 北海道コンサドーレ札幌vs横浜F・マリノス 明治安田生命J1リーグ 第21節 2017/8/9 – YouTube
 
 

ネットニュース・Weblog

スポーツニッポン

扇原が移籍後初ゴール!横浜 札幌下し11戦不敗で3位浮上― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 横浜は後半10分、天野の左CKを扇原が頭で合わせ「ヘディングの得点はプロで初めて」という移籍後初ゴールで先制。33分には右から切れ込んだ松原のクロスがオウンゴールにつながった。

 5月14日の甲府戦以降8勝3分けで、11戦負けなしはクラブ記録に並ぶ15戦をマークした12年以来。モンバエルツ監督は「攻守のバランスが取れている」と3位浮上に納得の表情を浮かべた。

ニッカンスポーツ

横浜扇原V弾、札幌GKクはOG献上/札-横21節 – J1 : 日刊スポーツ

 前半を0-0で折り返した横浜F・マリノスは後半10分、MF天野の左CKを、ペナルティーエリア(PA)中央付近にいたMF扇原が頭で押し込み先制。数的優位となった直後の同33分には、DF松原のクロスをコンサドーレ札幌GKクが弾きオウンゴールで加点した。

 札幌は前半14分、ペナルティーエリア(PA)手前でボールを受けたMFチャナティップがドリブルでDFをかわしシュートを放ったが、惜しくも枠外。前半だけで相手を上回る8本のシュートを放ったが、ゴールを割れず。後半31分には、FW都倉が後ろからのタックルで1試合2警告を受けて退場となったのも痛かった。

横浜2連勝で11戦不敗、扇原移籍初得点で3位浮上 – J1 : 日刊スポーツ

 横浜F・マリノスは、MF扇原の「ヘディングの得点はプロで初めて」という移籍後初ゴールなどで快勝し、3位に浮上した。

 5月14日の甲府戦以降8勝3分けで、11戦負けなしはクラブ記録に並ぶ15戦をマークした12年以来。モンバエルツ監督は「負けていないことよりも、勝利数が多いことが大事だ。攻守のバランスが取れている」と納得の表情だった。

スポーツ報知

【横浜M】扇原、移籍初ゴール「ヘディングは初。うれしい」11戦不敗で3位浮上 : スポーツ報知

 横浜Mは、後半10分にMF扇原が頭で先制。今季、名古屋から移籍後16試合目で初得点を挙げ「ヘディングでは(プロ入り後)初ゴールだと思うのでうれしい」。

 5月14日の甲府戦以降8勝3分けで、11戦負けなしはクラブ記録に並ぶ15戦を記録した2012年以来。前節の新潟戦に続き、敵地で下位クラブから確実に勝ち点3をもぎ取り3位に浮上した。

サッカーキング

好調維持する横浜FM、2連勝でリーグ戦11試合無敗…札幌は都倉退場が響く | サッカーキング

 2017明治安田生命J1リーグ第21節が9日に行われ、北海道コンサドーレ札幌と横浜F・マリノスが対戦した。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半に入り55分。横浜FMは天野純のCKに扇原貴宏が頭で合わせる。このヘディングシュートはGKク・ソンユンが一度触ったものの、ゴールネットに吸い込まれた。

 追いつきたい札幌だったが、76分に都倉賢が退場処分となり、数的不利となってしまう。すると直後の78分、右サイドからエリア内に侵入した松原健が低いクロスを供給すると、GKク・ソンユンに当たってゴールイン。横浜FMが追加点を奪う。

 試合は0-2で終了。横浜FMは2連勝でリーグ戦11試合無敗となった。一方の札幌は2連敗を喫している。

 次節、札幌はヴァンフォーレ甲府と、横浜FMはサガン鳥栖とそれぞれホームで対戦する。

サッカーダイジェスト

【J1採点&寸評】札幌 0-2 横浜|齋藤学の突破力、中澤佑二の老練さが際立つ。札幌はエースの退場が響く | サッカーダイジェストWeb※一部抜粋

【チーム採点・寸評】
札幌 5.5
今季リーグ戦ではここまでアウェーでは未勝利だが、ホームではしっかりと力を出せていた。しかし、今節はセットプレーからの失点と都倉の退場による数的不利があまりにも大きく響いてしまった。

横浜 6
前半のうちに斉藤が左サイドにポジションを移したこともあり、攻撃が左サイドに偏ってしまっていた。ただし、全体的に見れば相手の隙を見逃さず、したたかに完勝したと評していいだろう。
 
 
GK
21 飯倉大樹 6
持ち前のパスコントロール力で、難しいアウェーゲームながらも後方から終始冷静に試合全体もコントロールしていた。

DF
27 松原 健 6
時折、高精度なクロスボールで敵陣の隙間を強襲。守備時は背後のスペースを取られるも、全体的には好印象。

22 中澤佑二 6.5
この選手の冷静さ、老練さは見事と評するよりほかない。良い意味で全体的には大きく目立たず、要所では強く存在感を出した。

34 ミロシュ・デゲネク 6
一発のキックで裏を取られる場面が幾度もあるなど、安定感を欠いていた。だが、肝心な場面でやられなかったところは評価できる。

24 山中亮輔  6
対峙したマセードに良質なクロスを上げさせなかっただけでなく、攻撃時には巧みにドリブルで相手を剥がすなど、上々な出来。

MF
5 喜田拓也 6
この日はバランサーに徹していた印象。無理なプレー選択はせず、シンプルに攻守をリンクさせていた。

6 扇原貴宏  6.5
左サイドに配球が偏りがちだった印象が強い。ただし、肝心なところで得点を奪えてしまうセンスは見事。

10 齋藤 学  6.5(88分OUT)
前半の早い時間帯からポジションを左へと移した。スピード溢れる突破は間違いなく札幌に脅威を与えていた。

14 天野 純 5.5(81分OUT)
いい形でボールを持つことができず、持ち味である積極性を出しきれなかった印象。プレー自体は悪くはなかったのだが。

20 マルティノス 5.5(90分OUT)
立ち上がりは相手を翻弄したが、徐々にスペースがなくなっていき、武器であるドリブル突破を十分に発揮できなかった。

FW
7 ウーゴ ヴィエイラ 6
要所では惜しいシュートを放っていたものの、ボールを収めるプレーなど、チャンスメークの部分は物足りなかった。

交代出場
33 ダビド・バブンスキー -(81分IN)
相手の脅威にはなったものの、肝心なところでの精度を欠いてしまい、いまひとつの出来だった。

25 前田直樹 -(88分IN)
持ち味を出しやすいシチュエーションではあったが、なかなかフィニッシュまで持ち込むことはできず。

18 遠藤渓太 -(90分IN)
時間が少なかったため持ち味は出しきれなかったが、求められた役割はしっかり果たした。

監督
モンバエルツ 6.5
これで11試合連続負けなし。この試合では特にリスクを冒すことなく、気が付けば勝っているというような、“大人の勝ち方”だった。

ゲキサカ

11戦負けなし!! 横浜FM、1人少ない札幌に完封勝利…初弾のMF扇原「個人としての結果がほしかった」 | ゲキサカ

 J1リーグは9日に第21節を開催し、札幌ドームではコンサドーレ札幌と横浜F・マリノスが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半10分にMF扇原貴宏のゴールで先制した横浜FMが、同33分にオウンゴールで突き放して2-0の完封勝利を収めた。

 ホームの札幌は前節C大阪戦(●1-3)から先発2人を入れ替えてDF河合竜二、出場停止が明けたGKク・ソンユンらを先発起用。一方、ここ10試合黒星のない(7勝3分)のアウェー横浜FMは前節新潟戦(○2-0)から先発を5人を入れ替え、FWウーゴ・ヴィエイラ、MF扇原貴宏、MF喜田拓也、DFミロシュ・デゲネク、DF松原健らがスターティングメンバーに名を連ねた。

 前半7分、松原のクロスをヴィエイラがヘディングで合わせるが枠を捉え切れず。その後は札幌がフィニッシュまで持ち込む場面を創出するが、同14分にMFマセードの縦パスを受けたMFチャナティップが一気の加速でPA内まで持ち込んで放った右足シュートは枠を捉え切れず。さらに同37分には右サイドを鮮やかに突破したMF荒野拓馬のグラウンダーのクロスからFWヘイスが好機を迎えるが、シュートは相手選手にブロックされてしまった。

 0-0のまま後半を迎えると、同6分にDF中澤佑二のヘディングでのパスを受けたMF齋藤学が得意のドリブルでPA内まで持ち込み左足シュートを放つも、ク・ソンユンに弾き出されてしまう。しかし同10分、MF天野純が蹴り出したCKから扇原が放ったヘディングシュートがク・ソンユンに触れられながらもゴールマウスに収まり、横浜FMが先制に成功した。

 反撃に出る札幌だったが、後半31分に齋藤の突破を阻んだ都倉が2度目の警告を受けて退場となり数的不利に陥ってしまう。すると同33分、右サイドから松原が送ったクロスをク・ソンユンが弾くと、ボールはそのままゴールラインを割ってオウンゴールとなり、横浜FMがリードを2点差に広げる。

 その後も札幌の反撃を許さなかった横浜FMが2-0の完封勝利を収め、無敗記録を11に伸ばした。先制点を奪った扇原は試合後のインタビューで、「そろそろ個人としての結果が欲しかったので点を取れて良かった」と移籍後初ゴールに喜びを表すと、「これからもっと活躍してマリノスの一員として認められるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

Football LAB 〜サッカーをデータで楽しむ〜

横浜F・マリノス 2017マッチレポート | 8月9日 vs 札幌 | Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~

こけまりログ

2017/08/08 【スタジアム観戦情報まとめ】2017/8/9(水)19:00 J1リーグ 第21節 北海道コンサドーレ札幌vs.横浜F・マリノス@札幌ドーム
 
 

今週の他会場など


 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る