夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2017/7/14) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

(´-`).o0(2017/7/14(金)、梅雨明けてね?)
 
 

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Istagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2017/07/13 中島賢星選手 FC岐阜へ期限付き移籍のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(2018/1/31まで)

2017/07/13 ウーゴ ヴィエイラ選手、ミロシュ デゲネク選手 一時帰国のお知らせ | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(ウーゴは7/20、ミロシュは7/18に再来日予定)

2017/07/13 G-SHOCK F・マリノス25周年記念モデル 7/16(日) よりオンラインショップ限定予約販売 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(ベースモデルはDW-5000か(スルー )

2017/07/14 『NISSAN presents 横浜F・マリノストリコロールフェスタ2017』イベント詳細のご案内 | 横浜F・マリノス 公式サイト
(´-`).o0(明日の最高気温予想は33℃だそうです)
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(トップチームはオフ)
 
 

Twitter / Istagram


 
 

Webニュースログ

2017/07/14 限界まで追い込んだ若き日の記憶…中澤佑二が語る“ミスター・ストイック”の原点とは – Goal.com

日本サッカーの未来を担う若きプレーヤーたち。彼らの奮起を促すべく実施される「タグ・ホイヤー ヤングガン アワード」の記者会見に臨んだ中澤佑二は、自らの若き日をどう見ているのだろうか。

フィールドプレーヤー最多となるJ1リーグ戦通算555試合出場と、歴代最多となった連続フルタイム141試合出場の大記録――。それらはすべて中澤佑二が持つ尽きないサッカーへの情熱と徹底した自己管理の賜物だ。

毎日22時過ぎには就寝し、朝6時には起床する。食生活にも気を使い、アルコール摂取なんてもってのほか。「1分1秒も無駄にできない」と語る彼のことを、タグ・ホイヤー ヤングガン アワードの記者会見に同席した中山雅史は、敬意を込めて“ミスター・ストイック”と呼ぶ。

そんな中澤には、「二度と経験したくない」と思うほど自身を追い込んだ時期がある。18~20歳の頃に経験したブラジル留学時代とヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)での練習生時代だ。

三郷工業技術高校を卒業後、プロを目指して単身ブラジルに渡り、当時二部リーグだったアメリカFCの門を叩いた。スパイクは盗まれ、練習着は貸してもらえない。練習中にパスが回ってくることもない。精神的にも肉体的にも追い詰められたが、やがて頑張りが実を結び、半年が経つ頃には戦力として認められ、試合に出場できるようになった。

V川崎への練習参加のチャンスは帰国後、母校の後輩に混じって出場したヴェルディユースとの練習試合で活躍し、つかみ取ったものだ。とはいえ、参加できたのはサテライトチームのトレーニング。いつクビになってもおかしくなかったが、片道2時間の距離を毎日自費で通って必死に食らいつき、シーズン終了後にプロ契約を勝ち取った。

「苦しかったですね、あの頃は。若かったし、一直線だったので。もう一回と言われたらできないですね。やろうとも思わないし、やりたくもない」

晴れてV川崎の一員となった中澤は21歳の1999年、セレッソ大阪とのホーム開幕戦でスタメンに指名されると、そのままレギュラーの座を勝ち取った。そこから「ボンバーヘッド」と名付けられた特徴的な髪型とあいまって、一躍スターダムにのし上がっていく。日本代表や横浜F・マリノスでのリーグ連覇など、その後の活躍は言わずもがなだ。

中澤は“ボンバーヘア”だった当時の写真を眺め、「恥ずかしいですよね」と苦笑する。しかし、そこに込められた初心は、今なお薄れることはない。

「とにかく顔と名前を覚えてもらいたいという思いで、ああいう髪型にしていたんです。あの頃の『Jリーグでレギュラーとしてやっていきたい』、『プロとしてやっていきたい』っていうギラギラした感じは、今も持ち続けています」

もう一度やれと言われてもできないし、やろうとも思えないほど自分を追い込んだ二十歳の頃。歯を食いしばって努力した経験があるからこそ、その頃のハングリーさを失っていないからこそ、39歳になった今なおトッププレーヤーでいられるのだ。

「若い子たちには、まだまだ負けられないですから」

日本サッカー界の未来を担う若手選手たちにとって、乗り越えるべき最高のお手本がここにいる。

文=飯尾篤史

 
 

今日のこけまり


【ロコさぬレポート】2017/7/12(水)19:00 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 横浜F・マリノスvs.アスルクラロ沼津@ニッパツ三ッ沢球技場
 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る