【スタジアム観戦情報まとめ】2017/3/4(土)19:00 J1リーグ 第2節 横浜F・マリノスvs.北海道コンサドーレ札幌@ニッパツ三ッ沢球技場

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2017/3/4(土)19:00 J1リーグ 第2節 横浜F・マリノスvs.北海道コンサドーレ札幌@ニッパツ三ッ沢球技場 | タイトル

タイムスケジュール(予定)

16:30 ネンチケ先行開門
17:00 一般開場
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。)

天気予報

[Yahoo!天気・災害]ニッパツ三ツ沢球技場 ※2017/3/4 8:00発表

2017/3/4(土)18:00の予報
天気:晴れ
温度:12℃
風 :南3m
 
  

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2017 明治安田J1 第2節 vs 北海道コンサドーレ札幌 試合データ | 横浜F・マリノス 公式サイト

発券枚数13,578枚 2/28 11:00現在
発券枚数13,766枚 3/3 18:00現在

Q&A 試合観戦について
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  ニッパツ三ツ沢球技場(横浜市環境創造局 施設管理部北部公園緑地事務所)
  Tel: 045-311-2016 (営業時間:8:45~17:15)

ニッパツ三ッ沢球技場 アクセス方法
 
 

サポーター情報

ひろあき放浪記:事前準備協力のお願い※一部抜粋

三ツ沢開幕、盛り上げましょうということで事前準備への協力のお願いです。
時間を割いてもらって疲れたりもすると思いますが、勝った後の充実感はいつも以上のものを感じてもらえると思います。
今までにない企画になるので1人でも多くのご参加をよろしくお願いします。

①13時45分集合
14時〜14時45分の作業になります。
持ち物はありませんが、動きやすくて防寒してる格好でお越しください。
途中出入りできないのでご了承ください。

②15時30分集合
15時45分〜16時15分の作業になります。
幕入れの時間帯なので早まる可能性があります。また待機列が動く可能性もあるので、待機列から全員離れることのない程度でご参加ください。

③片付け
試合終了後、各地で。
少しでもいいのでご協力よろしくお願いします。
まとまった作業はゴール裏の公園でやりますので。そちらにお集まりください。途中まででも全く問題ありません。

 
 

Webログ

[Jリーグ.jp]横浜FMvs札幌の観戦情報(明治安田生命J1リーグ:2017年3月4日):Jリーグ.jp


[YouTube]【公式】プレビュー:横浜F・マリノスvs北海道コンサドーレ札幌 明治安田生命J1リーグ 第2節 2017/3/4

2017/3/1横浜GK飯倉 前節の2失点を反省…ホーム札幌戦の完封誓う― スポニチ Sponichi Annex サッカー

 横浜のGK飯倉が次節4日のホーム札幌戦での完封勝利を誓った。開幕の浦和戦は3ゴールで勝利を収めたが、2失点と課題を残しただけに「勝てたのはいいけれど、(勝敗が)逆の可能性も大いにあった」と慢心はない。

 札幌には昨季まで横浜でプレーしたMF兵藤が在籍している。「それもあるが、昇格組相手なのでチームの気も緩みがち。しっかり後ろからリスクマネジメントしたい」と力を込めた。

2017/03/01【横浜M】モンバエルツ監督「札幌は浦和ほど裏にスペースない」 : スポーツ報知

 横浜Mは1日、横浜市内で約1時間30分のトレーニングを行った。この日は約50メートルのダッシュを16本こなした後、紅白戦や3チーム対抗のミニゲームを行うなど、4日の札幌戦(ニッパツ)に向け、体の負荷を高めるトレーニングとなった。

 Jリーグが公表する「トラッキングデータ」によると、開幕節に出場した全J1選手のうち、マリノスからスプリント回数のトップ5に2位MFマルティノス(39回)、3位MF斎藤学(34回)、5位FW富樫敬真(30回)の3選手が入った。

 札幌は開幕戦で勝利した浦和と同じ3バックを形成することが予想されるため、浦和戦同様、好調な左右両サイドからの攻めが期待されるが、モンバエルツ監督(61)は「札幌は低い位置でブロックを組むため、浦和ほど裏に大きなスペースはない」と警戒。「スピードの使い方が大事。ダイアゴナルラン(斜めの動きだし)やオーバーラップが重要になってくる」と話した。

2017/3/2【横浜M】4日札幌戦、カズ超えの集客 : スポーツ報知

 横浜Mは札幌戦(4日・ニッパツ)に向け横浜市内で約1時間半の練習を行った。

 同戦のチケットは2月28日までに1万3578枚を記録して完売間近。同じニッパツで2月26日に行われたJ2横浜C、FW三浦知良の50歳バースデー試合に集まった1万3244人を上回る“カズ超え”が見込まれる。モンバエルツ監督は「サポーターには多くのゴールシーンと勝ちにこだわる姿勢を見てもらいたい」と話した。

2017/03/03連勝狙う横浜FM、主将・齋藤学「ゴールしたい」 愛媛時代の仲間と対戦心待ちに | サッカーキング

 5年ぶりにJ1に復帰した北海道コンサドーレ札幌との対戦を翌日に控えた3日、横浜F・マリノスが横浜市内で最終調整を行った。浦和レッズとの開幕戦で、2アシストの活躍を見せた齋藤学は「レッズ戦ではマルティノスと僕とでカウンターからやれて勝ったことは大きいけど、次の試合はボールを持つ時間が増える。ポゼッションの中でやれるのはいい機会」と、タイプの異なる相手との対戦に胸を高ぶらせた。

 札幌の予想布陣は5-3-2。しっかりと守備ブロックを敷いて守り、前線の2人を走らせてカウンターを狙ってくる相手に「サイドバックがフリーになるので、そこから攻撃ができれば」と目論む。「チャンスは少ないと思うけどオープンなゲームにするためには1点、2点をまずは取って、相手に出てきてもらわないといけない。もし思い切って引かれたら、ミドルも狙っていきたい」。

 一方で、札幌・石井謙伍との対戦も楽しみにしている。2011年、プロ3年目の齋藤は飛躍を求めてJ2の愛媛FCに期限付き移籍した。そこでともに汗を流したのが石井だ。「J2で一緒に戦った仲間とJ1で戦えるのはうれしいけど、すごくお世話になった人なので、自分のプレーをしっかりと見せたい」と恩返しを誓いつつ、「チームが勝つことを優先させたい」と開幕連勝を期した。

「ニッパツ(三ツ沢球技場)はスタンドとの距離も近いし、日産スタジアムとはまた違った空気なので、簡単なゲームにはならないと思うけど、しっかりゴールしたい」。開幕戦と同じ4-2-3-1の左サイドでの先発が予想される齋藤が、自身の今季初ゴールとチームの連勝に挑む。

2017/03/03【横浜FMvs札幌プレビュー】新戦力の活躍が光る横浜FM…札幌は3ボランチシステムを継続か | サッカーキング

■横浜F・マリノス 背番号10を受け継いだ新主将、齋藤学の活躍に期待

 前節は昨季年間勝ち点1位の強敵、浦和を3-2で撃破。先発11人の平均年齢が26歳と大きく若返った新生トリコロール軍団は、3年ぶりの開幕戦白星で最高のスタートを切った。今週もポジティブなムードで練習を行い、1勝したことで自信も漂ってきているように見える。

 浦和戦では背番号10を背負う新主将、齋藤学がキレキレだった。得意のドリブル突破で左サイドを何度も切り裂くと、相手選手を2人、3人と引き寄せて先制点と決勝点を2アシスト。バブンスキーが先制点を決め、途中出場したウーゴ・ヴィエイラは天野純のCKを頭で合わせる同点弾を記録。新加入の外国人選手2人が早速クオリティーの高さを示したことも好材料だ。

 ロスタイムの決勝点は途中出場した前田直輝で、プレシーズンの好調ぶりを維持できている。ただ、2失点を喫したことは反省点で、守備の要の中澤佑二は「うちは3-2で勝つようなチームじゃない。勝って良かったじゃない」と話すなど、気を引き締める。

 試合2日前の練習で左DF金井貢史が別メニュー調整だったことも気掛かりだ。ホームで連勝を狙う今節の相手は昇格組の札幌。過去のリーグ戦での対戦では7連勝中と相性が良く、ホームでは5戦全勝となっている。ショートカウンターが効果抜群だった浦和戦とは違い、ボールを保持する時間は長くなるはず。中央のバブンスキーや天野がアクセントとなり、ゴール前のスペースをどう作るかにも注目が集まる。(totoONE編集部)

■北海道コンサドーレ札幌 前節途中交代のDF菊地直哉の出場可否次第ではメンバー構成の変更もm

 開幕戦となった前節は、敵地で仙台に0-1で敗戦。終盤にGKク・ソンユンがシュートをキャッチしそこねたところを、相手にキッチリと押し込まれてしまった。僅かな隙から勝負を決められてしまうという、J1の厳しさを見せつけられた試合だった。

 ただし、試合の推移を見ていくと、必ずしも札幌が悪いスタートを切ったとは言えない。確かに多くの時間帯で相手にボールを支配される展開ではあったものの、前述の失点も84分に喫したものであり、終盤まで0-0のまま時計の針を進めることができていた。これは、堅守をベースにJ2を制した昨季のゲームプラン通りに試合を進めることができていたことを証明したとも言っていいはずだ。もちろん、攻撃で好機をあまり生み出せなかったところは課題ではあるが、狙い通りのチーム作りがキャンプで実行され、狙い通りの戦いができたことは間違いない。黒星ではあったが、手応えのある一戦だったはずである。採用した3ボランチのシステムは、しばらく継続されるのではないだろうか。

 そうして迎える今節だが、気になるのは前節、後半途中にDF菊地直哉が途中交代した部分だ。左足を痛めているという情報もあり、この選手の出場可否次第ではメンバー構成も変わってくるため、試合の行方を左右する大きなポイントと言えるだろう。狙い通りの戦いを演じた前節の先発メンバーがベースとなるのか、それともキム・ミンテを最終ラインに下げる構成にするのか、読み切れない部分もある。

 また、札幌はこの試合が終われば、長かった熊本県でのキャンプも打ち上げとなる予定。1月中旬からスタートし、札幌市内の積雪を考慮して開幕後も再び、キャンプ地に戻っての調整を行ってきた。長かったキャンプの締めくくりという意味でも、この試合へのモチベーションは高まりそうだ。(totoONE編集部)

2017/03/03【J1展望】横浜×札幌|好調・横浜は開幕2連勝を飾れるか? | サッカーダイジェストWeb

横浜F・マリノス
チーム成績:3位 勝点3 1勝0分0敗 3得点・2失点

【最新チーム事情】
●1日の練習で金井が負傷。札幌戦出場が微妙となり、欠場の場合は新井が先発することになりそうだ。
●1トップは開幕戦に引き続き、富樫が起用される見込み。開幕戦でゴールを決めたH・ヴィエイラはスーパーサブとして起用されるだろう。

【担当記者の視点】
 開幕戦は苦しみながらも、3-2の逆転勝利を収めた。倒した相手が、優勝候補の浦和だったことを考えれば、勝点3とともに大きな自信を手にしたはずだ。

 ただし、自信が過信になってはいけない。昇格組の札幌に対しても、浦和戦と同じモチベーションで挑まなければ、足もとをすくわれる可能性は大きい。

 堅守を伝統とするチームらしく、まずは守備から入り、両サイドからスピーディに仕掛ける。効率良くゴールを奪い、連勝を飾りたい。
 
 
北海道コンサドーレ札幌
チーム成績:14位 勝点0 0勝0分1敗 0得点・1失点

【最新チーム事情】
●前節は敗戦ながらも目指す戦いはできていた。
●終盤までロースコアに持ち込みプラン通りではあったが、チャンスは作れていない。
●前節途中出場の菊地の出場可否もカギ。

【担当記者の視点】
 開幕戦となった前節は敵地で仙台に0-1の敗戦。昨年までであれば、はね返せていたかもしれないゴール前の混戦から叩き込まれ、J1の厳しさを痛感したはずだ。

 ただし、終盤まで0-0のロースコアで試合を進めることができたということは、チームとしてのプラン通りに戦えていたということ。昨季J2を制した堅守のサッカーがJ1でもある程度通用する手応えは得られたはずである。それでも、好機はあまり作ることができていなかったため、攻撃面は引き続き課題となりそう。

 前節、途中退場した菊地直哉の負傷状況により、メンバー構成は変更の可能性も。今季初勝利を掴むべく、どのような布陣を敷いてくるのかも注目ポイントだ。

 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る