月刊 栗原勇蔵(2016年9月号)

Pocket
LINEで送る

月刊 栗原勇蔵(2016年9月号)

2016/9/27 Googleにて検索

大宮アルディージャ戦(9/4:ルヴァンカップ 準々決勝 第2戦)

(´-`).o0(スタメン:71分途中交代)

2016/09/05 【試合結果まとめ(1○0)】2016/9/4(日)18:00 YBCルヴァンカップ 準々決勝 第2戦 横浜F・マリノスvs.大宮アルディージャ@ニッパツ三ッ沢球技場
 
 

2016/09/03[J’s GOAL]【横浜FM vs 大宮】 ウォーミングアップコラム:そんなことは言ってられない

1-2で敗れたYBCルヴァンカップ準々決勝1stレグ・大宮戦の2日後。練習場でぶら下がり取材を終えて、頭にこびりついたのはタイトルに挙げた2人のトリコロール戦士の言葉だった。

1人目は齋藤学。大宮に今季2分1敗で勝ててない事実についてどう思うかと聞くと「大宮に勝てていないのは、相性とかの関係もあるだろうけど、そんなことは言ってられない」との答えが返ってきた。前回対戦では「みんな視野が狭かった」(小林祐三)こともあり、サイドチェンジの展開が少なく、ゾーンで守る大宮の守備の網に、まんまとハマってしまった。また、リーグ戦での通算成績も5勝10分7敗と負け越し中。だが、そんな嫌な過去を払拭するため、「アグレッシブさで相手を上回る!」(齋藤)。

2人目は栗原勇蔵。「自分は90分戦う体力に多少不安はあるけど、そんなことは言ってられない」とつぶやいた。彼は、1stレグで負傷したファビオに代わって途中出場。今回、6月11日の川崎F戦以来、久々にスタメン入りする可能性が高い。だが、栗原ならやってくれるはず。そんじょそこらのリザーブとは違うからだ。日本代表経験者であり、中澤佑二と長年CBコンビを組み、『堅守』を継承してきた自負がある。敵地戦を振り返り、「大宮はチームとしての形がある中、家長(昭博)選手が自由に動き、それでやられた。(家長には)強く当たるし、そこで負けられない」。ハマの武闘派が静かに闘志を燃やす。

攻守のキーマン2人がこぼした「そんなことは言ってられない」。この開き直りがプラスに作用すれば、ベスト4進出への扉が開かれると信じたい。

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

2016/09/03[ザ・ヨコハマ・エクスプレス]「第2戦はホームで戦える。チームとサポーターが一緒に戦って準決勝に勝ち上がりたい」(栗原) 他 [大宮戦前コメント]※一部抜粋

DF 4 栗原 勇蔵

「ゲーム勘というよりはゲーム体力に少し不安があるけど、ウチは第1戦で負けているのでそんなことを言っていられる状況ではない。負けてしまったけどアウェイゴールを取れたことをポジティブに考えて今度の第2戦に臨みたい。点を取って勝たないといけないけど、失点すると試合運びが難しくなる。まずは失点せずにゲームを進めたい。第2戦はホームで戦えるわけだし、チームとサポーターが一緒に戦って準決勝に勝ち上がりたい」

2016/09/04[サンケイスポーツ]横浜M、1点逃げ切った!ベテラン守備陣が奮闘/ルヴァン杯

 YBCルヴァン杯準々決勝第2戦(4日、横浜M1-0大宮、ニッパ)注文通りの1-0だ。1-2だった第1戦のアウェーゴールを生かす手堅い白星で面目躍如。運動量が落ちた後半は押し込まれたが、ここで老練なベテラン守備陣が意地を見せる。33歳のGK榎本は至近距離からのヘディングを止め、32歳のDF栗原も「興奮して鼻血が出た」というほど戦った。38歳の中沢も長髪を振り乱して走った。「今年こそタイトルを」。そう繰り返す中沢らの執念が、2001年以来2度目の優勝をもたらすか。

 
 

福島ユナイテッド戦(9/7:天皇杯 2回戦)

(´-`).o0(スタメン:フル出場(120分))

2016/09/08 【試合結果まとめ(2○0)】2016/9/7(水)19:00 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 2回戦 横浜F・マリノスvs.福島ユナイテッド@ニッパツ三ッ沢球技場
 
 

ベガルタ仙台戦(9/10:J1 2nd sec.11)

(´-`).o0(スタメン:フル出場)

2016/09/11 【試合結果まとめ(0○1)】2016/9/10(土)18:00 J1リーグ 2ndステージ 第11節 ベガルタ仙台vs.横浜F・マリノス@ユアテックスタジアム仙台


 
 

アルビレックス新潟戦(9/17:J1 2nd sec.12)

(´-`).o0(スタメン:フル出場)

2016/09/18 【試合結果まとめ(3○1)】2016/9/17(土)14:00 J1リーグ 2ndステージ 第12節 横浜F・マリノスvs.アルビレックス新潟@日産スタジアム

2016/09/13[横浜F・マリノス]栗原勇蔵選手 J1リーグ通算300試合出場記念キン肉マンコラボグッズ発売!

2016年6月11日(土) 川崎フロンターレ戦において、栗原勇蔵選手がJ1リーグ通算300試合出場を達成しました。
既に販売した記念フレームに続き、キン肉マンとのコラボグッズを9月17日(土)よりトリコロールワン オンラインショップにて販売いたします。
数量限定販売となりますので、お早めにお買い求めください。

また、コラボグッズ発売を記念して、キン肉マンが 9月17日(土) アルビレックス新潟戦(14:00キックオフ / 日産スタジアム)に遊びにきます!
ぜひ、キン肉マンに会いに日産スタジアムへお越しください。

yuzo-kurihara-2016-sep-01

yuzo-kurihara-2016-sep-02

yuzo-kurihara-2016-sep-03

yuzo-kurihara-2016-sep-04

2016/09/17[横浜F・マリノス]2016 明治安田J1 2ndステージ 第12節 vs アルビレックス新潟 試合レポート

栗原 勇蔵
「(2点目のシーンは?)チームで一番厳しくというか、しつこく言われているのがあの守備なんで。そこを忠実にやれて、それが得点に繋がったので、そこに関してはすごく良かったかなと。
前に残っている選手のリスク管理は、監督が就任して1年何か月が経つけど、いまだにビデオを見させられて、ディフェンス陣が言われること。意外にそこができていないチームが多いし、今日に関しては相手よりも速く反応できて、いいポジションにいたので点に繋がった。それで試合も、だいぶ楽に進められたと思う。
アシストといっても、マチのはシュートは簡単じゃない。シュート練習をやっても何本かに1本入れられればいいかなというぐらい難しいシュートを入れてくれた。そこで俺にアシストが付いたのは、ラッキーなだけ(笑)。
(明日、誕生日?)33歳ですね、やばいですね。ひと昔前だったらとっくに引退していたんじゃないかな。今の時代で良かったです(笑)」

2016/09/17[ニッカン]横浜栗原、33歳前祝いアシストも「やばいよね」

 横浜DF栗原勇蔵が自らのアシストで勝利を呼び寄せ、32歳最後の日を締めくくった。

 1-0の後半3分、相手のクリアボールを奪い、胸トラップでペナルティーエリア内に持ち込み、MF中町公祐(31)にパスを送り、ゴールをお膳立てした。

 栗原は「マチ(中町)が簡単じゃないシュートだったし、シュート練をやっても何本に1本かのシュートを決めてくれたので、自分はアシストがついてラッキーだった」と謙虚に話した。

 栗原をはじめ1点目のMF兵藤、3点目のMF前田とこの試合で得点に絡んだのは、リーグ戦でなかなか出番がない選手。「自分も含めてヒョウ(兵藤)だったり出られなかった選手が出てきて、その選手たちも出る力がついてきてるから平均的に力が上がってる。けが人がいても層はそれなりに厚い」とうなずく。

 18日に33歳の誕生日を迎える。試合後にはサポーターから2度もバースデーソングを送られた。「やばいよね。ひと昔前だったらとっくに引退してるんじゃない? 今の時代で良かったです」と笑いを誘った。

2016/09/18[ゲキサカ]積極守備から千金アシスト、第2Sいまだ1敗の横浜FM栗原「貪欲に優勝狙う」

 明日18日に33歳の誕生日を迎える横浜F・マリノスのDF栗原勇蔵が攻守に貢献した。1-0で折り返した後半3分、DF金井貢史の左クロスのセカンドボールに素早く反応。新潟FWラファエル・シルバの前に体を入れてボールを奪うと、ペナルティーエリアライン付近まで持ち込んで横に流し、MF中町公祐が右足ダイレクトでゴール左隅に流し込んだ。

「チームで一番厳しく、しつこく言われているのがあの守備。そこを忠実にやれて、得点につながったことは良かった」。得点の時間帯も効果的だった。後半立ち上がり早々の3分で貴重な追加点。2-0とリードを広げ、「あれで試合をだいぶ楽に進められた」と振り返った。

 アシストについては「マチ(中町)が簡単じゃないシュートを決めてくれた。シュート練習でも何本かに1本入ればいいようなシュートを入れてもらって、俺にアシストが付いたのはラッキー」と、得点を決めた中町に感謝。本職の守備でも不運な1失点のみに抑え、自身の先発復帰後、チームを2連勝に導いた。

 今季はこの日がリーグ戦11試合目の出場。DFファビオの負傷に伴い、前節・仙台戦(1-0)で13試合ぶりに先発した。2戦連発のMF兵藤慎剛も今季は決して出場機会に恵まれていない。「自分を含めてヒョウ(兵藤)もそうだけど、試合に出られていなかった選手も、もともと試合に出る力はある。チーム力は上がってきていると思うし、層はそれなりに厚いのかなと思う」と、若手の台頭含め、チームとして底上げされている実感もある。

 第2ステージは前節終了時点で首位・川崎Fと勝ち点5差の7位。2連勝で6勝5分1敗の勝ち点23に伸ばした。第2ステージでいまだ1敗は横浜FMのみ。次節25日は川崎Fとの直接対決で、G大阪、鳥栖、浦和という上位勢との対戦も残している。「差もそんなにないし、優勝の可能性もある。直接対決もあるし、そこは貪欲に優勝を狙えれば」。栗原はきっぱりと言い切った。

(取材・文 西山紘平)

2016/09/18[サッカーダイジェストWeb]元日本代表CB栗原勇蔵の充実感。1アシストに見えたプロ15年目の意地と復活への気配

 リーグ戦では7月13日の神戸戦以来、約2か月ぶりにホームで白星を挙げた横浜の最終ラインには「背番号4」が君臨していた。

 横浜ひと筋でプロ15年目を迎え、9月18日で33歳になったばかり。日本代表としても20試合に出場しているベテランの栗原勇蔵だが、モンバエルツ体制下となった昨季から徐々に出番が減り、今季は前節終了時点で5試合の先発に止まっていた。

 しかし、CBのファビオが負傷したため前節の仙台戦で先発復帰を果たすと、冷静な判断と力強い守備で完封勝利に貢献。2試合連続でスタメンに名を連ねたこの日も、スピード豊かな新潟のラファエル・シルバとの勝負も粘り強く対応するなど、安定したプレーで最終ラインを支えた。

 そして、最大の見せ場となったのが48分のプレーだ。横浜の攻勢が続くなかで高い位置に侵入していた栗原は、味方のクロスがゴール前でクリアされたセカンドボールに対しいち早く反応。鋭いインターセプトからフリーで待ち構えていた中町公祐にラストパスを通し、チーム2点目をお膳立てした。

 このワンプレーを、本人はこう振り返る。

「チームで一番厳しくというか、しつこく言われているのがあの守備なので、そこを忠実にやれたということと、それがゴールにつながったので良かったです。

 すぐにプレスに行って奪い返す部分は、監督が就任して1年ちょっと経つけど、いまだにビデオで見させられているところ。意外とそこができていないチームは多い。今日に関しては、相手より先に反応できて、なおかつ、良いポジショニングだったしそれがゴールにつながった。あの得点でだいぶ楽にゲームを進められたと思うし、そういう細かいところが大事だというのを改めて実感しました」

 アシストについては、「マチ(中町)が、練習でも何本かに一本決められたらいいかなっていう難しいシュートを入れてくれただけで、ラッキーでした」と謙遜するが、いずれにせよ、機転を利かせた栗原のプレーに価値があったのは間違いない。それは、「良い時間帯に2-0になって余裕が生まれた」(兵藤)との言葉からも窺い知れる。本人としては、今後のポジション争いにおいて良いアピールにつながったはずだろう。

 それでも、本人は平静を装う。年齢に話を向けられると、「やばいっすね。ひと昔前だったら、とっくに引退しているんじゃないかな」と自虐的なコメントも残した。ただ、充実感に溢れたその表情からは「まだまだやれる」との意地が伝わってくるのも確かだ。

「(上位チームとの)勝点差もそこまでないし、(第2ステージ)優勝の可能性もあるので貪欲にそこを狙っていければと思います」

 ようやくチャンスを掴み始めたCBの闘争心は、今後さらに上昇する気配を見せている。

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)


 
 

東京ヴェルディ戦(9/22:天皇杯 3回戦)

(´-`).o0(スタメン:58分途中交代)

2016/09/23 【試合結果まとめ(4○0)】2016/9/22(木)16:00 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 横浜F・マリノスvs.東京ヴェルディ@高知県立春野総合運動公園陸上競技場

2016/09/22[Jリーグ.jp]横浜FMvs東京Vの試合結果・データ(天皇杯:2016年9月22日)

[ 栗原 勇蔵 ]
交代はアクシデントではないし、オレ的には90分やるつもりだった。むしろボンバー(中澤 佑二)を休ませてあげたかった。展開が展開だったし、それで良しとしたい。(2回戦の)福島戦と違うのは、あそこでセットプレーから点が入ったこと。相手は前半からプレッシャーを掛けてきたけど、あそこで点が入ったことでガクッときたと思う。前半に3点を取って、後半は1点しか取れていないけど、それは展開の問題もある。サポーターもたくさん来てくれたし、高知の人たちはシュンさん(中村 俊輔)のFKを見られて、ちょっとしたお祭り状態になって良かった(笑)。

 
 

川崎フロンターレ戦(9/25:J1 2nd sec.13)

(´-`).o0(スタメン:フル出場)

2016/09/26 【試合結果まとめ(3●2)】2016/9/25(日)19:00 J1リーグ 2ndステージ 第13節 川崎フロンターレvs.横浜F・マリノス@等々力陸上競技場
 
 

今月のWebログ


 
 

こけまりログ

[旧こけまり]毎月1日発行!「月刊 栗原勇蔵」 2011/4~2012/12
2013年シーズン「月刊 栗原勇蔵」まとめ
【ブログこけまり 2014年まとめ】月刊 栗原勇蔵
【ブログこけまり 2015年まとめ】月刊 栗原勇蔵
 
 

SNS、Wikipediaなど

栗原勇蔵 横浜Fマリノスさん(@yu918zo) • Instagram写真と動画

栗原勇蔵 – Wikipedia

栗原勇蔵 | ゲキサカ[講談社]
 
 

個人サイト・ブログ

Take a Walk on the Wild Side
 
yuzojikenbo.net *–栗原勇蔵事件簿–*

+WEC+

マリノス君、マリノスケ 時々 くり
 
 

「俺らの勇蔵」の思い出のアルバムは、ピンタレストにて

[ろこ (kokemari) on Pinterest]Yuzo KURIHARA(栗原勇蔵)
 
 

勇蔵マニアのフォロー待ってます!

[Twitter]orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん
 
 

俺らの勇蔵の契約更改ログ

2008年 1/15
2009年 1/15
2010年 1/28
2011年 1/31
2012年 1/25
2013年 1/10
2014年 1/15
2015年 1/6

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る