夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2016/9/23) #fmarinos

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Istagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

いきいきふれあい南なんデー「マリノスケ健康じゃんけん大会」開催のお知らせ
(´-`).o0(「なんなんでー」と読めばいいのかな?)

2017年横浜F・マリノスオフィシャルカレンダー発売のお知らせ
(´-`).o0(オンラインショップでは今日から予約開始)
 
 

今日の練見(れんみ)


 
 

Twitter / Istagram


 
 

Webニュースログ

2016/09/23[サッカーキング]上位陣の直接対決多数! 2ndステージ優勝争い、残り5試合の対戦カード※一部抜粋

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージは、17日に第12節を消化。これで残すところ5試合と、いよいよシーズン終盤に差し掛かった。

 第12節では、首位の川崎フロンターレが大宮アルディージャに敗れた一方、浦和レッズとガンバ大阪がともに勝利。これで浦和(勝ち点28)がトップ、G大阪(26)が2位に浮上し、川崎(25)は3位に転落した。その下には勝ち点「23」で並ぶ横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、柏レイソルが続いている。残り5試合ということを考えれば、優勝争いはこの6チームに絞られたと考えられる。

■J1 2nd 上位6チーム(第12節終了時点)
1位 浦和(2位)(勝ち点28/得失点差14)
2位 G大阪(4位)(勝ち点26/得失点10)
3位 川崎(1位)(勝ち点25/得失点11)
4位 横浜FM(8位)(勝ち点23/得失点10)
5位 神戸(9位)(勝ち点23/得失点8)
6位 柏(6位)(勝ち点23/得失点6)

 そこで各チームの対戦カードを見てみよう。

▼横浜FM
第13節 vs 川崎(A)
第14節 vs 甲府(A)
第15節 vs G大阪(H)
第16節 vs 鳥栖(A)
第17節 vs 浦和(A)

 注目すべきは、上位陣の直接対決が多く残されていることだ。首位の浦和は第14節でG大阪、そして最終節では横浜FMとそれぞれホームで対戦。G大阪は浦和戦のほか、第15節で横浜FMと、そして最終節ではアウェーで川崎と激突する。

 中でも、現在の上位3チームとの対戦を残している横浜FMの戦いぶりが、優勝の行方を大きく占うことになるだろう。

 また、優勝を争うライバルとの対戦が一つも残されていないのが柏で、現時点で浦和とは5ポイント離れているが、勝ち点を積み重ねることができれば、大逆転での優勝も決して不可能ではない。

2016/09/23[サッカーキング]心身充実で“3戦大勝”のU16日本代表 豪州戦圧勝を導いたライバルとの大きな“差”とは

 9月16日の第1戦、19日の第2戦を大勝で飾っていたU-16日本代表は22日、U-16オーストラリア代表を6-0の大差で下し、AFC U-16選手権のグループステージを“3戦大勝”で駆け抜けてみせた。

 すでに1位抜けを決めていた日本は、この試合「ここまで出したくても出せなかった選手たち」(森山佳郎監督)にチャンスを与える場として活用した。GK青木心(JFAアカデミー福島U18)が「常に自分の100パーセントを出せるように準備はしてきた。とにかく勝利にこだわりたい」と語っていたように、出番をもらった選手たちも意欲十分にこの試合へ臨んだ。

 一方、対戦相手のオーストラリアはここまでキルギス、ベトナムに敗れて、2戦2敗。アジアのライバル国とは思えぬ最悪の戦績に沈んでいた。滞在しているホテルでは不平不満を爆発させているという情報も流れており、“インド”という特殊な環境に適応できていないことが低パフォーマンスの要因になっていたことは想像に難くない(筆者のお腹も微妙に苦しんでいる)。

 日本チームはそんな心身のコンディションに(そして恐らくチームワークにも)難のあるオーストラリアを立ち上がりから圧倒する。開始早々の4分、FWに入った上月壮一郎(京都サンガF.C. U-18)が相手DFのミスを突いていきなり先制点を奪い取る。その後も波状攻撃を仕掛ける流れとなり、次から次へと決定機を量産していった。

 もっとも、ここでは「5、6回は逃した」と森山監督が頭を抱えたように、決定機でのミスが頻発。みすみす相手に主導権を譲る流れとなったが、相手の時間帯になっても守備陣が踏ん張って耐え切ることに成功。すると後半に入った54分、MF鈴木冬一(セレッソ大阪U-18)のアシストからFW宮代大聖(川崎フロンターレU-18)が決めて2点差とすると、そこからはゴールラッシュとなった。

 ボランチの瀬畠義成(JFAアカデミー福島U18)、中学生MF松本凪生(C大阪U-15)、交代出場のFW棚橋尭士(横浜F・マリノスユース)のゴールなどが次々と生まれて6得点。守っても、GK青木、DF桂陸人(サンフレッチェ広島ユース)、菅原由勢(名古屋グランパスU18)が要所で好守を見せて、ゼロ封にも成功。6-0の大勝で、グループ最終戦を飾った。

「試合に出る機会のなかったみんなが100パーセントの集中力とハードワークを見せてくれた」

 試合後、森山監督は笑顔を浮かべながらそう振り返った。明らかにチームとしての雰囲気が悪く、その空気感のままに脱落していったオーストラリアに対し、日本は「俺たちのウリは団結力」(宮代)という言葉そのままに控え組まで士気高く保っているところを見せ付けて圧勝。6-0という数字はもちろん、オーストラリアとの“差”を感じさせたチームスピリットの充実が最大の収穫となった。次なる戦いは、25日に行われるUAE(アラブ首長国連邦)との準々決勝。このゲームが世界行きの切符を懸けた決戦となる。

文=川端暁彦

 
 

今日のこけまり

weblog-20160922-tokyo-v-01
【試合結果まとめ(4○0)】2016/9/22(木)16:00 第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦 横浜F・マリノスvs.東京ヴェルディ@高知県立春野総合運動公園陸上競技場
 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る