夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2016/7/19)

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter / Istagram
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

(´-`).o0(主たるニュース無し)
 
 

今日の練見(れんみ)

(´-`).o0(トップチームはオフ)
 
 

Twitter / Istagram


 
 

Webニュースログ

2016/07/19[ゲキサカ][クラブユース選手権(U-18)]PICK UP PLAYER vol.1(横浜FMユースDF常本佳吾)

 以前、横浜F・マリノスユースの松橋力蔵監督は「どういう選手を育てたいのか?」という問いに、こんな言葉を返してくれた。

「上手いけれど、頑張れない。攻撃は持っているけれど、守備がやれない。そういう選手では上でやっていけない。淡々と同じようにやるのではなく、ここぞというときに決められる選手、ここぞというときに止められる選手であってほしい」

 もしかすると反省も込めた言葉だったのかもしれない。上手さの追求は当然のこと。サッカーを理解している選手であってほしいとも思ってきた。同時に、「上手いだけ」の選手であってくれるなというのが松橋監督のこだわりである。

「上手い」選手がそろった今季のチームにあって、そのこだわりを体現する選手が右サイドにいる。SB常本佳吾主将(3年)のプレーは特段に派手ではなく、どちらかと言えば縁の下の力持ちタイプ。ただ、横浜FMユースの試合を注意深く観ていれば、やるべきタスクをきっちりこなした上で攻めと守りの双方で力を出し、ここぞというときにはより大きなパワーを出してくる右SBのプレーに自然と惹かれるはずだ。

 新チーム結成、そしてキャプテン就任に際して「3冠を目標に頑張ろう」と宣言した。最初のタイトルであり、そしてディフェンディングチャンピオンでもあるこの日本クラブユース選手権(U-18)は絶対に落とせない。「去年は和田(昌士)くんと遠藤(渓太)くんに攻撃を頼ってしまっていたが、今年は全員でやるスタイル」と言うトリコロールのキャプテンと共に、横浜FMユースは連覇に挑む。

(取材・文 川端暁彦)

 
 

今日のこけまり

umeshigoto-2016-01-title
ロコさぬの梅仕事2016 | 追熟〜土用干し
 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る