【スタジアム観戦情報まとめ】2016/7/13(水)19:00 J1リーグ 2ndステージ 第3節 横浜F・マリノスvs.ヴィッセル神戸@ニッパツ三ッ沢球技場

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2016/7/13(水)19:00 J1リーグ 2ndステージ 第3節 横浜F・マリノスvs.ヴィッセル神戸@ニッパツ三ッ沢球技場 | タイトル

タイムスケジュール(予定)

16:30 ネンチケ先行開門
17:00 一般開場
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。19:00キックオフですよ!)

天気予報

[Yahoo!天気・災害]ニッパツ三ツ沢球技場 ※2016/7/12 20:00発表

2016/7/13(水)18:00の予報
天気:弱雨
温度:25℃
風 :東2m
 
 

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2016 明治安田J1 2ndステージ 第3節 vs ヴィッセル神戸 ホームゲームイベント

Q&A 試合観戦について
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  ニッパツ三ツ沢球技場(横浜市環境創造局 施設管理部北部公園緑地事務所)
  Tel: 045-311-2016 (営業時間:8:45~17:15)

ニッパツ三ッ沢球技場 アクセス方法


 
 

Weblog

[Jリーグ.jp]横浜FMvs神戸の観戦情報(明治安田生命J1リーグ:2016年7月13日)

2016/07/12[J’s GOAL]【横浜FM vs 神戸】ウォーミングアップコラム:ゴールを奪うのは千真か、敬真か?

渡邉千真(写真右)は、神戸では左サイドハーフを務めるが、彼の横浜FM時代を知る人にとっては、ストライカーのイメージが強いのでは? 09年のルーキーイヤー、背番号9を付け、ホーム開幕戦で先発デビューを飾ると、開始3分に広島からいきなり名刺代わりの一発をゲット。その年、13ゴールを挙げ、新人王にも輝いた。

元同僚について守護神・榎本哲也に聞くと「千真は動かないんだけど(苦笑)、ボールが目の前に入ったら、シュートが上手いし、ゴールまで持って行ける力がある。気をつけないと」と、やはりシュート技術の高さを警戒。なお、前回の対戦では榎本が、渡邉が迎えた決定機を防ぎ、1-0の白星を収めることができた。
 
その渡邉の若い頃にどことなく似ているな、と思うのが、横浜FMの新人・富樫敬真(写真左)だ。似ているのはプレーではなく、性格的に。渡邉は横浜FM時代、「ウッシー」というニックネームもあった。「それは高校時代のあだ名。牛っぽいからと付けられて(笑)。確かにマイペースですけど」(渡邉)という、生粋のおっとりしたタイプだった。

一方の富樫も話し口調がのんびりしていて、同世代の喜田拓也によると「会話を根こそぎもっていく」天然キャラ。本人も「みんなに『持っていくよな』と言われますね(苦笑)。自分では悪いと思っているんですけど…」と自他公認。前節・福岡戦では1点を奪い、試合後にお立ち台に立ち、サポーター内で話題(?)の「L字おじさんポーズ」を披露するも、見事にスベッた。それを受けて「あれはもうやりません。あの時はサポーターに煽られたからつい…。でも、もう(煽りに)負けません!」と変な決意をしていた。

前節は、渡邉も鳥栖相手に貴重な同点弾を決め、2試合連続得点中。果たしてこの一戦でゴールを奪うのは、新旧どちらのマイペースキャラだろうか?

文:小林智明<インサイド>(横浜FM担当)

2016/07/12[サッカーダイジェストWeb]【J1展望】横浜×神戸|“岩波復帰”が注目される神戸の守備を、3連勝を狙う横浜がどう崩す?
memo-20160713-kobe-01

横浜F・マリノス
2ndステージ成績(2節終了時):1位タイ 勝点6 2勝0分0敗 6得点・0失点
年間成績(19試合終了時):7位 勝点28 8勝4分7敗 27得点・19失点

【最新チーム事情】
●前節・福岡戦は3-0で完勝。今節も同じ11人が先発に名を連ねるだろう。
●その福岡戦で途中出場した中村は、今節もベンチスタートが濃厚。
●下平は負傷が癒えず、左SBは引き続き金井が先発する見込み。
●2試合連続3得点と攻撃陣が好調。特に福岡戦でゴールを決めた富樫は鋭いシュートを連発し、2試合連続ゴールが期待される。

【担当記者の視点】
 第2ステージは開幕2連勝とスタートダッシュに成功。2試合とも3-0と攻守両面で充実しており、今季二度目の3連勝に期待が高まっている。

 中村の負傷を受けて採用している4-4-2がハマり、チーム全体に躍動感が戻ってきた。とりわけ攻撃面は2トップにしたことで前線に厚みが生まれ、攻め込む際の迫力も増してきている印象だ。

 自信と手応えを深めているその攻撃力を序盤から発揮して、最初からリズムを掴むのが理想の展開。アグレッシブな姿勢で先制点を狙っていきたい。

 好調のチームを牽引するのが齋藤だ。前節・福岡戦でも圧巻のパフォーマンスを披露しているこのアタッカーが、神戸戦でも実力どおりのプレーを見せれば、勝利の確率はグッと高まるはずだ。
 
 
ヴィッセル神戸
2ndステージ成績(2節終了時):5位 勝点4 1勝1分0敗 5得点・2失点
年間成績(19試合終了時):10位 勝点24 6勝6分7敗 28得点・27失点

【最新チーム事情】
●5月のトゥーロン国際大会で左膝を負傷した岩波は、すでに全体練習に合流しおり、横浜戦での実戦復帰を目指す。
●レアンドロ、渡邉は好調をキープ。前者は3試合連続、後者は2試合連続ゴールを狙う。
●前節の鳥栖戦でJリーグデビューを飾ったニウトンは「日本のスピードに早く順応したい」と課題を語る。

【担当記者の視点】
 注目は岩波の状態だ。5月のトゥーロン国際大会で左膝を負傷した若きCBはすでに全体練習に合流しており、横浜戦での復帰を視野に調整する。ネルシーニョ監督の慎重な性格を考えれば、スタメンはなさそうだが、実戦感覚を取り戻させるために交代出場させる可能性はあるかもしれない。

 一方、2試合連続ゴール中のレアンドロ、前節の鳥栖戦で貴重な同点弾を挙げた渡邉と、好調をキープするふたりにも期待だ。特に渡邉は古巣との対決とあって気合いが入っているようで、横浜の慣れ親しんだピッチで躍動してくれそうだ。

 前節、Jリーグデビューを飾った“新10番”のニウトンは「スピードとパスを出した後の選手の動き方には早く順応しなければいけない」と課題を語る。

 ただ、渡邉が「身体が大きく足が長い分、守備範囲も広いですし、中盤でああいうフィジカルを活かした守備はうちにとって大きいと思います。攻撃もパスを散らしたり、前につけて自分が出ていったり、もっとやっていくうちに攻撃も守備もチームへの貢献度は上がるはずです」と語るように、チームメイトは実力を認めている。横浜戦ではより持ち味を発揮してもらいたいところだ。

2016/07/12[ニッカン]横浜MF喜田、リオ代表DF岩波との対戦に闘志

 横浜MF喜田拓也(21)が第2ステージ開幕3連勝に向けて意気込んだ。

 12日、横浜市内で13日ホーム神戸戦に向けて調整を行った。

 リオデジャネイロ五輪代表のDF岩波拓也(22)との対戦に「育成年代の代表を引っ張ってきた存在。(岩波の)特長も分かってるし、間違いなく敵だったら嫌な存在」と話した。

 岩波とは世代別での代表活動で行動をともにする機会が多く、日頃から電話をするほどの仲。岩波は選出、喜田は落選という対照的な結果に「一緒に戦ってきた仲間としてはうれしいけど、俺は悔しい思いをした」と率直な気持ちを吐露した。

 それでも落選をバネにするという気持ちは強い。「マリノスからは1人も(五輪代表が)出ていないので、チームとして勝って、『俺らもやれるぞ』と見せたい」と意気込む。岩波との対戦でゴールも「狙っている」とニヤリ。期待してくれた人に今後の活躍で恩返しをしていくと決め、気持ちも一新。「死に物狂いでやっていけたら」と話す。

 チームでは中盤で勝利のためにピッチを駆け回り、的確な読みでボール奪取する。帰り際に「勝ちます」と力強く放った言葉には、主力としての自覚と内に秘めた闘志を感じた。

2016/07/13[ニッカン]横浜MF喜田、リオ代表DF岩波との対戦に闘志

 横浜MF喜田拓也(21)が第2ステージ開幕3連勝に向けて意気込んだ。

 12日、横浜市内で13日ホーム神戸戦に向けて調整を行った。

 リオデジャネイロ五輪代表のDF岩波拓也(22)との対戦に「育成年代の代表を引っ張ってきた存在。(岩波の)特長も分かってるし、間違いなく敵だったら嫌な存在」と話した。

 岩波とは世代別での代表活動で行動をともにする機会が多く、日頃から電話をするほどの仲。岩波は選出、喜田は落選という対照的な結果に「一緒に戦ってきた仲間としてはうれしいけど、俺は悔しい思いをした」と率直な気持ちを吐露した。

 それでも落選をバネにするという気持ちは強い。「マリノスからは1人も(五輪代表が)出ていないので、チームとして勝って、『俺らもやれるぞ』と見せたい」と意気込む。岩波との対戦でゴールも「狙っている」とニヤリ。期待してくれた人に今後の活躍で恩返しをしていくと決め、気持ちも一新。「死に物狂いでやっていけたら」と話す。

 チームでは中盤で勝利のためにピッチを駆け回り、的確な読みでボール奪取する。帰り際に「勝ちます」と力強く放った言葉には、主力としての自覚と内に秘めた闘志を感じた。

2016/07/13[ニッカン]横浜富樫「彼のおかげで…」岩波へお礼の1発誓う

 横浜FW富樫がリオ五輪代表の神戸DF岩波へ御礼の1発を誓った。

 今日13日のホーム神戸戦で先発が確実。岩波とはU-23代表候補に初招集された4月の静岡合宿で仲良くなり「彼のおかげで(チームへ)とけ込めた」と感謝する。相手の技術を認めながらも「恩返し弾決めたい」とニヤリ。チームも2連勝中で第2ステージ首位と勢いに乗り、富樫の2戦連発で勢いを加速させていく。

2016/07/13[スポニチ]富樫 U23落選も神戸戦で岩波への“恩返し弾”誓う

 2戦連発の期待がかかる横浜のFW富樫が神戸戦でリオ五輪代表DF岩波に“恩返し”の一撃を見舞う。

 惜しくもリオ五輪代表を逃した富樫だが、岩波とは4月の初招集から5月トゥーロン国際までU―23日本代表として共に戦った。「年齢は一つ下ですけど、いじってくれて彼のおかげで(U―23代表の)チームに溶け込めた。恩返し弾を決めたい。対応のいい選手なので抜け出しも工夫しないと」と話す。現在2連勝中で第2ステージ首位に並ぶチームをさらに加速させるつもりだ。

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る