【スタジアム観戦情報まとめ】2016/5/21(土)16:00 J1リーグ 1stステージ 第13節 ヴィッセル神戸vs.横浜F・マリノス@ノエビアスタジアム神戸

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2016/5/21(土)16:00 J1リーグ 1stステージ 第13節 ヴィッセル神戸vs.横浜F・マリノス@ノエビアスタジアム神戸

タイムスケジュール(予定)

14:00 一般入場 
16:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、欠席です)

天気予報

[Yahoo!天気・災害]ノエビアスタジアム神戸 ※2016/5/21 4:00発表

2016/5/21(土)15:00の予報
天気:晴れ
温度:26℃
風 :南西4m

ヴィッセル神戸ホームページ

5/21(土)vs.横浜FMホームゲーム開催情報のお知らせ

【マッチデープログラムVIEW】明治安田生命J1リーグ1stステージ第13節vs.横浜FM(H)を掲載

観戦ルールとマナー
 └ペットボトル:OK

ノエビアスタジアム神戸

 
 

Weblog

[Jリーグ.jp]神戸vs横浜FMの観戦情報(明治安田生命J1リーグ:2016年5月21日)

memo-20160521-vs-kobe-01
2016/05/20[サッカーダイジェストWeb]【J1展望】神戸×横浜|欠場者が相次ぐなか、通例の僅差の勝負を制するのは?

ヴィッセル神戸
1stステージ成績(12節終了時):7位 勝点17 5勝2分4敗 18得点・16失点

【最新チーム事情】
●前節欠場したレアンドロとP・ジュニオールの出場の可否は不明。
●水曜日のナビスコカップ・甲府戦(○2-0)で、小林、田中、村松、石津、山口が戦列復帰
●U-23代表としてトゥーロン国際大会に参加する岩波、累積警告の三原が欠場。守備面に不安を残す。

【担当記者の視点】
 レアンドロ、P・ジュニオールを欠いた前節の川崎戦は、先制したものの、後半に3点を失い敗れた。両者がいない場合、前線にボールが収まらず、ゴール前の精度も著しく落ちる。ふたりとも怪我の具合は重くないとされるが、水曜日のナビスコカップ・甲府戦も欠場。前日練習は非公開となったため、出場の可否は不明だ。

 ただ、甲府戦では戦線を離れていた小林、石津ら5人が復帰。特に力強いドリブルが魅力の石津はレアンドロ、P・ジュニオールの穴を埋める人材として期待を集める。

 一方で守備陣では三原と岩波が欠場する。ここ数試合、先発で起用される田中英、ようやくチャンスを掴みつつある高橋祥が、どれだけのパフォーマンスを見せられるかが鍵になりそうだ。

【最新チーム事情】
●U-23代表としてトゥーロン国際大会に出場する富樫、前田、喜田の3選手、U-19代表の遠藤、和田を含めた計5選手が不在。
●開幕からレギュラーとしてゴールマウスを守ってきた飯倉だが、前節の鹿島戦で右膝を痛めたため、今節は欠場が濃厚。代わってGKを務めるのは榎本だろう。
●その鹿島戦で今季初先発を飾った栗原とパク・ジョンスは、引き続き先発出場する見込み。
●18日のナビスコカップ・福岡戦で決勝ゴールを挙げた伊藤が調子を上げている。

【担当記者の視点】
 ナビスコカップでは2連勝中だが、リーグ戦は5試合連続白星なし。前節の鹿島戦は相手より多くの決定機を作ったものの、決定力不足を露呈してノーゴールに終わり、セットプレー一発に泣いた。

 ただ、収穫がなかったわけではない。その鹿島戦でリーグ戦デビューを飾った大卒ルーキーのパク・ジョンスは、高いキープ力や冷静なボール捌きなど、ボランチとして質の高いパフォーマンスを披露。レギュラーとして計算できることを証明する活躍ぶりだった。

 また、マルティノスの躍動感も印象的で、強引な突破の成功率は低かったが、十分に相手に脅威を与えていた。連係面が改善されれば、さらに攻撃に厚みが出てくるだろう。

 ファビオの代役としてピッチに立つ栗原、調子を上げてきている伊藤など、これまでベンチを温める時間が長かった選手たちが、ここにきてチャンスを掴んでいる。彼らの奮起がチームを刺激すれば、悪い流れを変えられるかもしれない。

 近年の神戸戦を振り返れば、必ずと言っていいほど僅差の勝負になる。厳しい戦いになるのは覚悟しなければならないが、ここで〝競り勝つ″強さを見せられれば、失った自信を取り戻せるはずだ。

2016/05/20[サッカーキング]【予想スタメン】両チーム離脱者多数…サイドに役者がそろう横浜FM、神戸守備陣を崩せるか※一部抜粋

■横浜F・マリノス カップ戦の白星で勢いを取り戻せるか、神戸とは2011年8月以降負けなし

 リーグ戦第12節の鹿島アントラーズ戦を0-1で落とし、5戦未勝利(4敗)。一時は4位だった序盤の勢いはなく、苦しい状況が続いている。無失点試合は未だ浦和レッズ戦の1試合だけ。鹿島戦では開始早々にセットプレーで先制ゴールを許し、これが最後まで重くのし掛かった。ただ、後半は難敵と互角以上の内容で渡り合った。負傷明けのMFマルティノスが先発復帰して好パフォーマンスを見せ、齋藤学とともに何度も両サイドを突破。2人がゴール前で決定的な仕事ができれば、勝利はぐっと近づくはずだ。

 不安材料は、開幕戦からゴールマウスを守ってきた飯倉大樹の回復具合か。鹿島戦で右ひざを打撲して途中交代。今節は欠場の可能性もある。また、U-23日本代表の富樫敬真、喜田拓也、前田直輝の3人が海外遠征で、U-19日本代表の遠藤渓太もやはり遠征で不在。ここまで出番が少なかった控え組の奮起が必要だ。

 勢いはある。直前のリーグ戦から大幅に先発を入れ替えた18日のナビスコ杯第5節のホーム、アビスパ福岡戦は2-1で逆転勝利。後半アディショナルタイムに途中出場の伊藤翔が豪快なシュートを突き刺し、公式戦6試合ぶりの白星を挙げた。中2日での連戦はアウェイ神戸に乗り込むが、主力は疲労なく臨めそうだ。神戸とは昨季1勝1分。2011年8月以降は負けがない相性もプラスに働くか。伊藤は「ナビスコ杯での勝利をなんとか良いきっかけにしたい」と意気込んでいる。リーグ戦未勝利が続くもチャンス自体は作れているだけに、そろそろ悪い流れを変えたいところだ。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-5-1
GK
榎本哲也
DF
小林祐三
栗原勇蔵
中澤佑二
下平匠
MF
パク・ジョンス
中町公祐
マルティノス
中村俊輔
齋藤学
FW
伊藤翔

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る