【スタジアム観戦情報まとめ】2016/5/14(土)19:00 J1リーグ 1stステージ 第12節 鹿島アントラーズvs.横浜F・マリノス@県立カシマサッカースタジアム

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2016/5/14(土)19:00 J1リーグ 1stステージ 第12節 鹿島アントラーズvs.横浜F・マリノス@県立カシマサッカースタジアム

タイムスケジュール(予定)

16:00 通常開門 ※キックオフ3時間前です。
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、欠席です)
 
 

天気予報

[Yahoo!天気・災害]県立カシマサッカースタジアム ※2016/5/14 6:00発表

2016/5/14(土)18:00の予報
天気:晴れ
温度:15℃
風 :北東6m
 
 

鹿島アントラーズオフィシャルホームページ

ホームゲームイベント

Jリーグ統一禁止ルールについて
 └ペットボトル:500ml以下、キャップを外せば持ち込みOK

スタジアムへのアクセス

5/14(土)横浜FM戦 シーズンサポーターズシート先行入場について

2016/05/09[鹿島臨海鉄道株式会社]5月14日 鹿島サッカー臨時停車列車時刻表(横浜F・マリノス 戦 )


 
 

サポーター情報


 
 

Weblog

[Jリーグ.jp]鹿島vs横浜FMの観戦情報(明治安田生命J1リーグ:2016年5月14日)

today-fmarinos-20160513-01
2016/05/13[サッカーダイジェストweb]【J1展望】1stステージ・12節|鹿島-横浜|逆転優勝を狙う鹿島がお得意様を相手に“6連勝”なるか。横浜は流れを変える一勝を掴みたい。

鹿島アントラーズ
1stステージ成績(11節終了時):3位 勝点21 6勝3分2敗 15得点・7失点

【最新チーム事情】
●U-23代表のガーナ戦でフル出場し、完封勝利に貢献した植田。その試合で右目の上を裂傷したが「慣れています」と一言。怪我には滅法強い男は横浜戦でももちろんスタメンだ。
●その横浜とは相性の良い土居だが、今節はベンチスタートか。ただ、本人も「相性は良いよ」と自覚している様子で、逆転優勝へ向けて勝点3奪取に強い意気込みを見せている。

【担当記者の視点】
 前節は磐田相手に1-1と勝ち切れず、今季3度目の連勝はならなかったが、ここ3試合は負け知らずで(1勝2分)、優勝戦線にしぶとく絡んでいる。

 今節の相手である横浜は、近年は“お得意様”だ。13年8月の対戦から、実に5連勝中と抜群の相性の良さである。しかも直近3試合はすべて完封勝利と、攻守にわたり相手を圧倒している。

 最新チーム事情で触れた土居だけでなく、横浜を得意としているのがカイオ。昨季はホームとアウェーともにゴールを決めており、今節も勝負を決める活躍が期待されている。カイオ自身、しばらくゴールから遠ざかっているだけに、高いモチベーションで試合に挑むはずだ。

 攻撃に絶妙なアクセントをもたらす遠藤の不在(負傷)は痛いが、今季リーグ初出場が濃厚の杉本も好調をキープ。選手層の厚みを見せつけて、“6連勝”を果たせるか注目だ。

横浜F・マリノス
1stステージ成績(11節終了時):9位 勝点15 4勝3分4敗 16得点・14失点

【最新チーム事情】
●CBのファビオが負傷離脱したため、栗原が昨年7月以来のリーグ戦先発を飾る。
●喜田の出場停止を受け、パク・ジョンスのリーグ戦デビューが濃厚に。
●負傷していたマルティノスは11日から合流。鹿島戦ではいきなり先発復帰するだろう。
●1トップの先発は伊藤が有力。U-23代表に招集されていた富樫はベンチスタートか。

【担当記者の視点】
 4戦勝ち星なしと不調に陥るなか、CBのファビオが負傷、ボランチの喜田が出場停止と、ふたりの主力を欠く編成で鹿島戦に臨むことに。

 相変わらず失点が止まらない現状で、主に守備面で貢献してきたファビオと喜田の不在は大きな不安材料となる。前者の代役として先発する栗原は経験豊富なだけに、ある程度は計算できる。だが、後者の代わりに抜擢されるパク・ジョンスはこれがリーグデビュー戦。どこまでできるかは未知数だ。

 守備に難を抱えているだけに、今節もまずは引き気味に構えて試合に入るだろう。機動力のある鹿島の2トップを相手に、CBだけでなく2ボランチも翻弄されるようだと、不用意にスペースを与えてピンチを招きかねない。

 多少、サイドから攻め込まれたとしても、しっかりとバイタルエリアを締めつつ、2列目の献身的なプレスバックで相手にチャンスを作らせないようにする。本来ならば攻撃に厚みをかけたいところだが、まずは守備の安定化を優先させるべきだ。

 そして、中村のセットプレー、齋藤のスピードやマルティノスの個人技を活かしたカウンターなどワンチャンスをモノにできれば……。苦戦は必至だが、我慢強く戦いながら、流れを変える一勝を掴み取りたい。

2016/05/11[ニッカン]横浜栗原、今季初先発へ「本当にチャンスだと思う」

 元日本代表の横浜DF栗原勇蔵(32)が、14日のアウェー鹿島戦で今季初先発することが濃厚になった。

 11日、横浜市内の練習で主力組の右センターバックに入ってプレー。DFファビオの左足負傷により、約1年ぶりの先発出場が見えてきた。エリク・モンバエルツ監督も「次は(栗原)勇蔵が出るだろう」と話した。

 久々の先発出場のチャンスで、チームを負のスパイラルから脱却させる使命もある。ここ4戦で1分け3敗と厳しい状況だけに、栗原は「なかなかチャンスが回ってこなかった。単にファビオがけがしたからではなく、こういうチーム状況だから本当にチャンスだと思う」と力強く話した。

 鹿島には13年からリーグ戦で6戦勝ちなし。「去年割とうちも良いサッカーをしてたけど、鹿島と広島にはきっちりやられていたし、完成度が高い。それに負けないようにしないと」と意気込んだ。

2016/05/12[ニッカン]横浜栗原、14日鹿島戦で1年ぶり先発「チャンス」

 “ハマの番長”が約1年ぶりに先発復帰する。横浜のDF栗原勇蔵(32)は11日、横浜市内の練習で主力組の右センターバックに入った。モンバエルツ監督は14日のアウェー鹿島戦での栗原の先発を明言し、昨年4月18日の浦和戦以来の先発が確実となった。チームはここ4戦で1分け3敗で8失点と堅守が崩壊しつつあり、栗原は「ファビオがけがしたからではなく、こういうチーム状況だからチャンス」と話した。

 06年開幕から定位置を確保し、不動のレギュラーとして君臨した。だが、昨季、4月下旬に右足首痛で主力組を外れるとベンチを温める機会が増えた。「悔しいのはもちろん、10年くらいの生活とは、全く違う生活になった」と振り返る。鹿島には13年からリーグ6戦勝ちなし。「力は鹿島のが上かも知れないけど、上のチームがそのまま勝つんだったらつまらない」。試合に飢えた栗原が5戦ぶりの勝利をたぐり寄せる。【青木沙耶香】

2016/05/12[スカパー!サッカー中継]【トレーニングトピックス】横浜F・マリノス『“ハマっ子”にようやく出番』

5/14鹿島戦に向けて
今節・鹿島戦では、ファビオが負傷離脱したため、栗原勇蔵が昨年7月以来のリーグ戦先発となる。今週は主力組に入って調整しており、準備万端だ。12日は居残りでロングキックの練習を実施し、「チャンスがやってきた」と短い言葉に力を込めた。

2016/05/10[スカパー!サッカー中継]【トレーニングトピックス】横浜F・マリノス『週末からの復帰に意欲』

5/14鹿島戦に向けて
右内転筋肉離れで離脱しているマルティノスが、復帰に向けてピッチを上げている。11日から全体練習に部分的に合流する見込みで、本人は「痛みも不安もない。(今節・)鹿島戦から出たい」と意欲を見せた。4試合未勝利のチームに再び勢いをもたらす存在となれるか。

2016/05/11[スポーツ報知]【横浜M】遠藤、カイオ封じてプロ初ゴール狙う…14日に5連敗中の鹿島戦

 横浜MのMF遠藤渓太(18)が10日、MFカイオ封じ&プロ初ゴールを誓った。14日の鹿島戦(カシマ)に向けて調整。同僚のFW和田と共に韓国遠征(16~23日)に臨むU―19日本代表にも選出された新人が、4試合ぶりの白星を呼び込む。

 鹿島には5連敗中。中でもカイオには昨季2戦3発とこてんぱんにされた。「対峙することになれば、しっかり抑えたい」。新人ながらすでに9試合に出場。右MFの定位置をつかみ、最近3試合は複数回シュートを放っているが、得点は0。「初ゴールの予感はある。狙いすぎず、無心で打てば入ると思う」と言い切った。

 スピードの乗ったドリブルが武器で、MF中村も「俺の1年目よりできている」と一目置く逸材。目標に掲げる東京五輪出場のためにも、実績を積む。

2016/05/12[スポニチ]リオ切符必ず!富樫 鹿島戦でもアピールだ「結果を出したい」

 前日のガーナ戦でループ弾を決めた横浜のU―23日本代表FW富樫が改めてリオ五輪への思いを強くした。

 横浜に戻ったこの日は早速、室内で調整し14日の鹿島戦に備えた。手倉森監督がFW、SB、2列目をOA枠候補に挙げる中「OAを呼ばなくてもいける、と思わせるような結果を出せるようにしたい」と力強い。自身初の国際舞台となったガーナ戦ではアフリカ勢特有の身体能力にもさほど驚きはなかったという。「(得点を)続けていくこと、世界で通用する可能性を感じさせることが大事」と話した。

2016/05/14[スカパー!サッカー中継]【試合前コメント】横浜F・マリノス エリク モンバエルツ監督「Jリーグの中で最も強いチームの一つ」

エリク モンバエルツ監督 5/14鹿島戦に向けて
「(栗原)勇蔵は今季が始まる前、良い状態だった昨季はあまり試合に出られず、考えることがあったのだと思う。ナビスコカップを見るとゲーム体力に問題があるかもしれないが、これから上げてくれると思う。(今節の相手・鹿島について)私にとってJリーグの中で最も強いチームの一つ。強さがあって、前にダイレクトにしかけてくる。最も欧州に近いスタイルのチームだ。相手の前線には強い選手がいるので、しっかり守備をすることが大事。厳しい戦いになるだろう」5月12日

20 マルティノス 5/14鹿島戦に向けて
「(けがから復帰してチームに)合流して2日経つけど、状態は良い。(今節・)鹿島戦は自分にとってもチームにとっても、とてもタフなゲームになるだろう。鹿島の選手のことはあまり知らない。でも、ビッグクラブということは知っている。相手のことはどうでもいい。大事なのは自分たちがどのようなプレーをするか。苦しいチーム状態になっている理由は一つではない。自分のように新しく加入した選手がフィットするために努力が必要だし、元からいた選手も努力しなければいけない。そのあたりに時間がかかっているかもしれない」5月12日

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る