【スタジアム観戦情報まとめ】2016/4/30(土)19:00 J1リーグ 1stステージ 第9節 横浜F・マリノスvs.湘南ベルマーレ@日産スタジアム

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2016/4/30(土)19:00 J1リーグ 1stステージ 第9節 横浜F・マリノスvs.湘南ベルマーレ@日産スタジアム | タイトル

タイムスケジュール(予定)

16:00 トリコロールランドオープン
 └ NPOハマトラブースにて、今年度の個人賛助会員の受付スタート
16:30 ネンチケ先行開門
17:00 一般開門
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、出席です。)
 

天気予報

[Yahoo!天気・災害]日産スタジアム ※2016/4/30 4:00発表

2016/4/30(土)18:00の予報
天気:晴れ
温度:16℃
風 :南5m
 
 

横浜F・マリノスオフィシャルホームページ

2016 明治安田J1 1stステージ 第9節 vs 湘南ベルマーレ ホームゲームイベント

Q&A 試合観戦について
 ├ ペットボトルOK
 └ 忘れ物は会場となった競技場で保管。
  日産スタジアム「拾得物係」Tel: 045-477-5018 (営業時間:9:00~17:00)

アクセス 日産スタジアム

2016/4/30(土) 明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第9節 vs 湘南ベルマーレ | チケットインフォメーション
 └ 2016/04/29 18:00現在 21,061枚

ビジターサポーターの皆様へ(日産スタジアム)


 
 

サポーター情報


 
 

日産スタジアム周辺情報

横浜アリーナ:なし(7月まで改修工事)

JRA ウインズ新横浜:青葉賞(GII)
 
 

Weblog

[Jリーグ.jp]横浜FMvs湘南の観戦情報(明治安田生命J1リーグ:2016年4月30日)

2016/04/27[スポーツ報知]【横浜M】水卜ちゃん取材に来て~DF新井、30日湘南戦でJ初先発へ!

 ミト先生、取材に来て下さい! 横浜MのDF新井一耀(22)が30日の湘南戦(日産ス)でリーグ戦初出場、初先発する可能性が26日、高まった。中学3年間、日本テレビの水卜麻美アナ(29)に英語を学んだルーキーは「みうら先生は自分を覚えてくれてますかね? 活躍して先生に取材に来てもらうのが目標です」と再会を熱望した。

 「好きな女子アナ」ランキング3連覇中の人気者と無名の新人。意外な接点は、新井が中1~中3途中まで通った学習塾だった。英語の講師が当時、慶大生の水卜ちゃん。「先生1人に生徒2人で教わっていて、当時からかわいらしい方でした。今よりほっそりされてましたね(笑い)。テレビに出てるのを見た時は本当にびっくりしました」

 千葉・市川市出身だが、静岡の清水商から順大に進学。高校と大学の大先輩、名波浩監督(43)の磐田など4クラブからオファーを受け「勉強、土台作りをしたい」とDF中沢、栗原と元日本代表センターバック(CB)に弟子入りできる横浜Mを選んだ。

 次節はDFファビオが出場停止。この日の練習では、モンバエルツ監督(61)に「(20日のナビスコ杯)鳥栖戦のパフォーマンスが良かった」と評価され、中沢の相棒として主力組CBに抜てきされた。「失点しないことが一番。いい守備から入れれば、攻撃のパスも出せる」と新井。レギュラー定着など実績を積めば、再会の日はそう遠くない? (武藤 瑞基)

2016/04/26[スカパー!サッカー中継]【トレーニングトピックス】横浜F・マリノス『久しぶりの全体練習』

久しぶりの全体練習 4/30湘南戦に向けて

右足首痛で約1カ月離脱していた三門が、この日から全体練習に合流した。患部の痛みが完全に消えたわけではないが、今後は練習を行いながら治療に努める。練習を終えた三門は「プレーのフィーリングが全然ない」と首を横に振ったが、表情からは久しぶりに全体練習に合流した充実感がうかがえた。

2016/04/28[スカパー!サッカー中継]【トレーニングトピックス】横浜F・マリノス『回復を強調』

回復を強調 4/30湘南戦に向けて

右太もも裏を痛めていた栗原が、28日から全体練習に合流した。終了後には自主トレを行うなど、回復をアピール。栗原は「痛くない。もう大丈夫」と力強く話した。

memo-20160430-shonan-01
2016/04/29[サッカーダイジェスト]【J1展望】1stステージ・9節|横浜-湘南|“純国産”で挑む横浜と、19年ぶりの歴史的勝利に燃える湘南との神奈川ダービーは激戦必至

横浜F・マリノス
1stステージ成績(8節終了時):5位 勝点14 4勝2分2敗 13得点・8失点

【最新チーム事情】
●出場停止のファビオに代わって、新井のリーグ戦デビューが濃厚だ。
●カイケとマルティノスのポジションには富樫と遠藤が起用される見込み。
●右足首痛の三門は今週から全体練習に合流した。
●中町にとっては古巣との一戦で、普段以上にモチベーションを高めている。

【担当記者の視点】
 ファビオの出場停止に加え、マルティノスの怪我、そしてカイケの先発落ちが濃厚。今節はスタメン全員が日本人という“純国産”で試合に臨むことになりそうだ。

 前節は広島相手に、中村のPKで一時は同点に追いつくも、1-2と力負け。守備陣のミスから失点を招き、堅守を持ち味とするチームらしからぬ敗戦だった。

 その意味では、今季リーグ戦初先発が濃厚の新井のプレーに注目だ。ファビオに代わり、中澤とCBコンビを組む大卒ルーキーが浮足立つようだと、湘南に“今季初勝利”をプレゼントすることになりかねない。

 攻撃面では、トップ下の中村が軸になるのはもちろん、鍵を握るのはスピードに優れる齋藤&遠藤の“両翼”の仕掛け。これに、小林と下平の両SBも果敢に攻め上がり、厚みのあるサイド攻撃で相手を押し込みたい。

 CFの富樫は、クロスを点で合わせる能力に長けたタイプ。質の高いクロスを供給することで多くのゴールチャンスを演出し、勝点3奪取を狙う。
 
 
湘南ベルマーレ
1stステージ成績:(8節終了時):18位 勝点2 0勝2分6敗 9得点・19失点

【最新チーム事情】
●対横浜、97年以来19年ぶりの勝利を誓う。
●すなわち今度こそ、日産スタジアム初勝利が目標。
●古巣との対戦に燃える端戸、奈良輪、藤田祥が先発か。
●10代の神谷、齊藤が突き上げ、チームに躍動感をもたらす。

【担当記者の視点】
 今季いまだ未勝利の湘南にとって、嫌なデータが並ぶ。

 湘南は横浜に97年第1ステージ(三ツ沢/スコア○3-2)以来、リーグ戦で勝っていない。すなわち日産スタジアムでは、いまだ未勝利なのだ。

 97年第2ステージ(平塚/●1-3)から続いた10連敗という悪しき歴史は、昨季第2ステージのBMWスタジアムの一戦にて、永木(現・鹿島)の豪快FK弾で1-1の引き分けに持ち込みストップさせている。それでも、選手たちはその一戦で、“勝てる試合だっただけに惜しかった”という悔しさのほうを強く抱いていた。

 それだけに、今回は19年越しの歓喜を誓う。

 前節のホームでの大宮戦は拮抗した展開に持ち込んだものの、家長にPKを決められて0-1で敗れた。チャンスは作れていただけに、“またも”決め切れなかったと言えた。

 また、古巣との対戦に燃える端戸、奈良輪、藤田祥の3人がメンバー入りしそうで、全員揃っての先発もあり得る。

 戦列に復帰した山田も、さっそく好アピールをしており、ベンチ入りする可能性が出ているのに加え、長谷川もボランチで先発復帰しそうだ。このなかから、救世主が現われてほしいところだ。

 それに大宮戦では、途中出場したルーキー神谷と2種登録の齊藤が、ハツラツとしたプレーを見せ、好アピールに成功した。10代のふたりの突き上げが、チームの活性化にもつながっている。

 苦手としてきた横浜を相手に、“歴史的”な1勝を挙げられれば、たちまちチームの状態も上向くはず。先手を奪われないように心掛けながらも、湘南らしい前を向く姿勢を貫いて、今度こそ今季初勝利を収めたい。その勝点3は間違いなく大きな一歩になる。

2016/04/28[サッカーキング]【予想スタメン】“神奈川ダービー”は相性面で横浜FMに分…中村俊輔は過去8得点を記録※一部抜粋

■横浜F・マリノス 仕切り直しの一戦、大卒ルーキー新井&富樫の先発起用が濃厚

 前節は昨季覇者のサンフレッチェ広島との上位対決を1-2で落とし、開幕戦以来となる敗戦。第8節で初めて複数失点を喫し、連続無敗は惜しくも「6」(うち4勝)でストップした。ゴールは中村俊輔のPKによる1点止まり。決定力不足は課題だが、後半だけでシュート10本を放つなど攻勢を強めた内容は悪くない。

 上位追撃へ仕切り直しの一戦は“神奈川ダービー”。ホームで好相性の湘南戦だ。昨年9月のアウェイ戦で引き分けるまで10連勝。通算対戦成績では16勝1分5敗と大きく勝ち越す。

 注目したいのは中村俊輔だ。湘南戦は1997年にプロ初ゴール、1998年にハットトリックを決めるなどキラーぶりを発揮しており、チーム最多の8ゴールを記録。相手のプレスをいなし、正確無比の左足で勝利を演出してくれるはずだ。

1トップは調子が上がってこないブラジル人のカイケに代えて、リオ五輪代表候補の大卒ルーキー富樫敬真の可能性も浮上している。裏への抜け出しを得意とするFWの一発に期待が集まる。

 また、ここまで全試合にフル出場してきたセンターバック、ファビオが累積警告で出場停止。新井一耀のスタメンが濃厚で、大卒ルーキーは「最初のディフェンスでしっかりいけたら大丈夫だと思う。集中して試合に入りたい」と意気込んでいる。

 首位の浦和とは勝ち点差「5」。今節はリーグ戦未勝利と苦しむ相手だが、エリク・モンバエルツ監督は「結果は出ていないが、実力はある。湘南は自分たちのスタイルを持っている」と気を抜かずに勝利を目指す。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
新井一耀
下平匠
MF
喜田拓也
中町公祐
マルティノス
中村俊輔
齋藤学
FW
富樫敬真

2016/04/30[スポニチ]横浜“ルーキートリオ”富樫、遠藤、新井が同時先発へ

 横浜3人のルーキーが30日の湘南戦で同時先発する可能性が高まった。29日の練習ではFW富樫、MF遠藤、DF新井が主力組に入った。リーグ戦では3月19日の鳥栖戦以来、日産スタジアムでは初の先発となるU―23日本代表候補の富樫は、今季先発した公式戦で3戦連続得点中だ。

 「湘南は攻めて来ると思うので、そこは逆に(相手DFライン裏を)狙えると思う」と意気込む。またリーグ戦初先発となる新井は「失点しないことが大事。ゴール前では体を張った守備、ヘディングでは負けずはね返したい」と気合十分だ。

2016/04/28[BLOGOLA][湘南]元トリコロール戦士の長谷川アーリアジャスール。中澤佑二、中村俊輔を警戒

 ゴールデンウィークの連戦が始まる中、30日に湘南は横浜FMとの神奈川ダービーを迎える。今季は未勝利、そして湘南ベルマーレになってから公式戦で一度も勝てていない相手ということもあって、今節は何としても勝利が欲しいところ。
 この一戦に向けて人一倍気持ちを高める選手たちが湘南にはいる。過去に横浜FMの一員だった長谷川アーリアジャスール、武田英二郎、奈良輪雄太、端戸仁、藤田祥史の5人だ。
 横浜FMユース出身で、プロ入り後5シーズンに渡って横浜FMで過ごした長谷川は「CBの中澤(佑二)さんや俊さん(中村俊輔)はチームの核。経験もあれば、サッカーを知っている。いまどういう流れかを読める選手たちだと思うので、あの二人はマリノスにとって大きい存在だと思う」と元日本代表である二人への警戒を示した。
 ただ、「34試合のうちの大事な一つの試合でしかない」(長谷川)というのも確か。気負うことなく、今季初勝利をここでつかめるか。古巣との対戦を迎える選手たちに注目だ。

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る