【スタジアム観戦情報まとめ】2016/4/2(土)19:00 J1リーグ 1stステージ 第5節 ガンバ大阪vs.横浜F・マリノス@市立吹田サッカースタジアム

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2016/4/2(土)19:00 J1リーグ 1stステージ 第5節 ガンバ大阪vs.横浜F・マリノス@市立吹田サッカースタジアム

タイムスケジュール(予定)

16:30 一般開場
19:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、欠席です。)

天気予報

[Yahoo!天気・災害]万博記念競技場 ※2016/4/2 8:00発表
(´-`).o0(まだ吹田スタジアムが無い<Y!天気)

2016/4/2(土)18:00の予報
天気:曇り
温度:18℃
風 :東3m
 
 

ガンバ大阪オフィシャルホームページ

4/2(土)明治安田生命J1 1st 第5節横浜FM戦情報(更新)

4/2(土)明治安田生命J1 1st 第5節横浜FM戦 交通情報のお知らせ
(´-`).o0(万博記念公園内で「桜まつり」が開催されるそうです(混 )

ホームスタジアム/アクセス 市立吹田サッカースタジアム

観戦ルール 市立吹田サッカースタジアム
 └ ペットボトルOK

よくある質問/スタジアムについて
 └ 落し物:当日試合終了までは、ゲート1付近にある「総合案内所」にて。翌日以降は、ガンバ大阪TEL:06-6875-8111まで連絡。
 
 

Weblog

[Jリーグ.jp]G大阪vs横浜FMの観戦情報(明治安田生命J1リーグ)

2016/04/01[ニッカン]横浜FW富樫、千真以来の新人3連発「狙っている」

 横浜の新人FW富樫が明日2日のG大阪戦での3戦連発へ意欲を見せた。

 今季4戦のうちゴールを挙げた2戦は負けなし。新外国人FWカイケが入ったことで3試合ぶりのベンチスタートが濃厚だが「負けずにいきたい。毎試合、点を取ることは狙っている」と闘志を燃やした。3戦連発ならチームの新人では09年のFW渡辺千(神戸)以来となる。

2016/04/01[J’s GOAL]【G大阪 vs 横浜FM】 ウォーミングアップコラム:古巣を相手に、アデミウソンの覚醒に期待!

「明らかに技術も高いし、独特のリズムも持っている。もちろん、総合的な能力も高い。フィットすれば恐ろしい攻撃力を発揮すると思う」

そんな風にFW宇佐美貴史が話していたのは開幕前のキャンプのこと。今季、ガンバ大阪に加入した新加入選手、FWアデミウソンを指しての言葉だ。

だが、結論から言うと「現時点ではそこまでの驚異的な活躍を示せていない」というのが、大方のアデミウソンに対する評価だろう。事実、ここまでG大阪が戦った公式戦8試合中、彼がピッチに立ったのは4試合。うち先発出場は2試合に留まり、移籍後初ゴールも未だ挙げられずにいる。もっとも、一時期はケガで離脱していたため致し方ない部分もあるが、冒頭の宇佐美の言葉にもあるように、キャンプの時から明らかに『違い』をみせていただけに、「期待はずれ」だと言わざるを得ないのが現状だ。

だが、ここにきて、嬉しい『変化』が。それはアデミウソンのコンディションが明らかに高まっていること。それは長谷川健太監督も太鼓判を押すところで、本人も手応えを語っている。

「正直、ケガから復帰してからは試合感も薄れていたし、以前からの課題だった守備面でのマークの受け渡しなどにおいてもスムーズにやれていなかったが、中断期間で取り戻せたし、試合の中で自分のパフォーマンスを示せるイメージは高まっている(アデミウソン)」

しかも、今節の相手は、彼が昨年在籍した横浜F・マリノス。その横浜FMに対しては「素晴らしい仲間のいる、いい思い出がたくさんあるチーム」だと振り返る一方で、「だけど、僕はいまガンバのユニフォームを着て闘っているからね」とニヤリ。よく知るチーム、選手との対戦を楽しみにしながらも、中断明け最初の試合となるこの一戦で、存在感を見せつけるつもりでいる。

「F・マリノスの選手の特徴やチームのやり方が頭に入っていることを活かして、彼らの苦手としている部分を自分のサッカーで崩したいと思っていますが、相手も僕を良く知っているだけに、そう簡単にはいかないはず。ですが、自分らしいプレーをしっかりと発揮して、ガンバの勝利のために懸命に戦いたい(アデミウソン)」

その決意が『ゴール』へと繋がれば、G大阪にとっても、この横浜FM戦から始まる怒濤の連戦を戦い抜く上で大きな弾みとなりそうだ。

文:高村美砂(G大阪担当)

2016/04/01[サッカーダイジェストWeb]【J1展望】1stステージ・5節|G大阪 – 横浜|古巣戦に燃えるアデミウソンと藤本。横浜の注目は“新助っ人コンビ”
memo-20160402-g-osaka-01

J1リーグ1stステージ・5節
ガンバ大阪 -横浜F・マリノス
4月2日(土)/19:00/市立吹田サッカースタジアム

ガンバ大阪
1stステージ成績(4節終了時):7位 勝点6 4勝0分2敗 4得点・4失点

【最新チーム事情】
●2月末に右鎖骨を骨折したDF丹羽が復帰し、3月29日から全体練習に復帰。ただ、横浜戦のベンチ入りは微妙か。
●3月29日の日本対シリア戦で宇佐美が太ももを打撲。先発する見込みだが…。
●今季新加入のアデミウソン、藤本にとっては、昨季まで所属した古巣との初対決。
●この試合が、これから始まる11連戦の初戦に。

【担当記者の視点】
 注目はアデミウソンと藤本だ。ともに古巣との初対戦を迎えるなか、2列目で先発の見込み。ここまで思うように結果を残せていないが、この一戦が起爆剤となる可能性もある。左足を痛めていたアデミウソンの状態は上がっており、見どころのひとつとなりそうだ。

 代表から復帰した宇佐美、東口、藤春の3人は先発の見込み。宇佐美は代表戦を含めて、公式戦8試合ノーゴールと不発が続く。パトリックと2トップを形成するなか、待望の一発が生まれるか。エースが決めれば、チームも勢いに乗れるはずだ。

 今季の4得点は長沢、阿部、今野、金が決めており、そのうちの2ゴールはCBの今野と金によるもの。宇佐美をはじめ、パトリックやアデミウソンら主軸にゴールが生まれていないのは懸念材料。ただ裏を返せば、攻撃を中心である彼らが結果を残し始めた時、ようやくチームの“本来の姿”が見られるだろう。

横浜F・マリノス
1stステージ成績(4節終了時):5位 勝点7 2勝1分1敗 5得点・4失点

【最新チーム事情】
●新加入のカイケとマルティノスは揃って先発デビューする公算が高い。前者は1トップ、後者は右MFに入る。
●日本代表から帰還した齋藤が好調。海外組との共同生活に刺激を受けた様子で、爆発に期待がかかる。
●左足首に痛みを抱えている中村は問題なく先発できそうだ。
●右足首痛の三門は遠征メンバーから外れる見通し。

【担当記者の視点】
 カイケ、マルティノスの“新助っ人コンビ”がチームにどんな化学反応をもたらすのか――。

 ともにトレーニングを精力的にこなしており、マルティノスに関しては、登録が完了すれば、G大阪戦で先発するはず。当然ながら、ふたりとも連係面では小さくない不安を残すが、得点力不足に悩む攻撃陣に刺激を与えてくれる存在であるのは間違いない。

 もうひとつの焦点は守備面。直近のナビスコカップ・川崎戦はスコアレスドローに終わったが、今季初の“公式戦無失点”を達成した。この流れをリーグ戦にも持ち込めるか。

 4節を終えてリーグ戦では連続失点中と、堅守を伝統とするチームとしては不甲斐ない結果である。しかし、圧巻の攻撃力を誇るG大阪を相手に“ゼロ”で抑えられれば、大きな自信となるはず。中澤を中心とした最終ラインの粘り強い対応に期待したい。

2016/04/02[スポニチ]横浜 マルティノス&カイケ、新助っ人コンビが同時デビューへ!

 横浜は2人の助っ人が、敵地でのG大阪戦で同時デビューすることが濃厚となった。

 戦術練習では2列目の右にカリブ海のキュラソーで代表経験を持つ25歳のFWマルティノスが入った。オランダやルーマニアを主戦場としてきたレフティーは「得意なのはベンチに座ってること」と周囲を笑わせたが、スピードと1対1の仕掛けには絶対の自信があるという。また1トップは1日が28歳の誕生日だったブラジル人FWのカイケ。「デビュー戦を楽しみたい」と話していた。

 
 

 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る