【試合結果まとめ(0△0)】2016/3/23(水)19:00Jリーグヤマザキナビスコカップ 第1節 川崎フロンターレvs.横浜F・マリノス@等々力陸上競技場

Pocket
LINEで送る

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.Jリーグ.jp
3.Twitter / Istagram
4.YouTube
5.Webニュースログ
6.今週の他会場など


横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2016 ナビスコカップ グループステージ第1節 横浜F・マリノスvs川崎フロンターレ

監督コメント

エリク モンバエルツ 監督
「非常に高い強度のゲームでした。前半は、いいプレーができませんでした。でも、それはある程度分かっていたことです。メンバーを代えましたので。でも、後半はプレッシャーがある中でも、うまくプレーできていたと思います。後半はいいプレーができていたと思います。
難しゲームになるということは予想していました。ただチームのメンタル面、戦術面というところは良かったと思います。若手のプレー、ジョンスや新井など初めてのゲームでしたけれど、よくやっていました。このように若手がどんどん育っていくことは、チームとして非常に希望の持てる内容だったと思います」

質問:前の試合から、先発を全員入れ替えましたが、その理由については?
「何人かケガ人がいましたので、前回のゲームからは何人かを代えなければなりませんでした。俊輔、喜田、学など、回復をさせたい選手がいました。
そして我々のチームには、多くのクオリティーを持った若手がいます。彼らを信頼するということが大事です。今日の私の選択に、後悔はありませんし、残念な気持ちもありません。
彼らにチャンスを与えて、自分のクオリティーを出す機会を与えなければなりません」

質問:結果として、今日の勝点1についての感想は?
「難しいゲームになるというのは分かっていました。ただ先ほども言いましたが、前半はいいプレーができませんでしたが、後半のパフォーマンスにはある程度、満足をしています。
そして勝点1ということですけれども、このナビスコの第1戦にまず1点取れたということはポジティブに受け取れます。次のゲームに向けて、さらに向上させていきたいと思います。
そして補強したカイケも、次のゲームには出られると思いますし、このナビスコカップのグループステージを勝ち抜けるように、次のゲームにまた改善していきたいと思います」

質問:後半、前半に比べていいプレーができましたが、そのポイントを教えてください。
「正直なところ、前半は、これがまったく初めてのメンバーといってもいいチームでしたので、少しチームとして自信がなかったと思います。ですので、ハーフタイムで私はポジティブなことを選手に言いました。そして、組織でもっと効率よくやろうと話をしました。
交代で代わって入った選手が、裏へのプレーをよく出してくれたと思います。そこは前半足りなかったところです。前半は裏を取るというところができていませんでした。ですから後半に向けて、そこを修正しました。
それにプレッシャーの中でのビルドアップというところも後半良くなりました。ただ、あれではまだ足りないので、もっと良くできると思っています」

選手コメント

新井 一耀
「後半、相手の足が止まったときがチャンスだから、しっかりつないで攻撃しようという考えは、チームの中で意思統一できていました。自分も最後のチャンスは狙っていましたけど、さすがに、こぼれてきませんでした。
サイドバックで出場して無失点。自分なりにできた部分もあるけど、いろんな課題も見つかりました。
本来はセンターバックだけど、キャンプからサイドバックで使ってもらって、サイドバックでデビューできました。長く選手を続けていくには、いろんなポジションができたほうがいいし、選手としての幅も広がると思う。今はそういうことも考えながら、ポジティブにやれていると思います」

天野 純
「ピンチもありましたけど、完全に僕らの狙い通りのサッカーができました。見ている人にはフロンターレのゲームだと映るかもしれないけど、僕たちの中ではF・マリノスのゲーム。チーム一丸となって、意思統一ができました。
前半のミドルは冷静になれていたし、だから決めなきゃいけなかった。そこは日々練習で高めていくしかないと思います。
今日は、戦っていてチームが一つになるという感覚があって、僕も嬉しかったし、やっいて満足感を覚えた。ただ勝てなかったことは事実なので、これに満足しないでやっていきたいと思います」

榎本 哲也
「ホント、みんな頑張ったとしかいいようがない。
フロンターレには、前半から結構、ボールを回されて、みんなつらかったと思うけど、自分たちの仕事を怠らずに頑張った。
そのひたむきな姿勢が、ピンチのシュートがワクを外れたり、自分たちのチャンスがゴールに近づくシーンにもつながったと思う。
新しい選手も素晴らしかったし、今日は誰が悪かった? と聞かれても、たぶん一人もいなかった。今日の試合で自信を得て、次もプレーできると思う。
チームの底上げといっても、オレも全然試合に出ていないからアピールしなきゃいけない。でも、ウチらが若手を引っ張っていければと思います」

Jリーグ.jp

川崎Fvs横浜FMの試合結果・データ(ヤマザキナビスコカップ)
 ├ 入場者数 15,644人
 └ フォトギャラリー

選手コメント

[ 栗原 勇蔵 ]
両足の太もも裏とふくらはぎをつった。頑張ってやろうと思ったけど無理だった。若い選手はメチャクチャ頑張っていた。勝ちに等しい引き分けと言ってもいいかもしれない。サポーターもすごく盛り上げてくれた。フロンターレは攻撃の形を持っている。最初にテツ(榎本 哲也)が危ない場面を止めてくれて助けられた。でも、守っていればチャンスがあると思っていたし、それを決めることができたら100点満点だけど、いつも試合をやっていないメンバーが力を合わせてできたのが良かった。ピンチも多かった。でも、フロンターレ相手にはいつもああやって守っていた。

[ 榎本 哲也 ]
俺が危険な場面を止めることでチームの士気も上がる。そのために頑張らないといけないし、チームに流れを持ってくることができたと思う。ゲームの最初はいったいどうなるかと思ったけど、自分は失うものがないし、とにかく試合を楽しみたいと思っていた。勝てるチャンスもあったかもしれないけど、今日は引き分けだった。それがサッカーだと思う。若い選手は頑張っていたし、みんなある程度自信を付けたと思う。今日頑張ったことで、次のナビスコカップもチャンスがある。負けていれば、(チャンスが)なかったかもしれない。みんなもっと試合に出たいと思ったはずだし、それが良かった。

 
 

Twitter / Istagram


 
 

YouTube


【ハイライト】川崎フロンターレ×横浜F・マリノス「2016ナビスコカップ予選リーグ第1節」
 
  

ネットニュース・Weblog

ニッカンスポーツ

横浜ドローもモンバエルツ監督若手収穫 ナビスコ杯

 横浜はアウェーで川崎Fと引き分けた。前半はシュート1本に抑えられたが、後半は中盤でボールを奪い、カウンターを仕掛けペースを取り戻した。

 相手GKの好セーブに阻まれ1点が遠かったが、大卒ルーキーのDF新井一耀(22)が公式戦デビューを果たすなど、収穫あるドロー。エリク・モンバエルツ監督(60)は「後半はプレッシャーがある中、いいプレーができていた。一耀(新井)ら若手のプレーがよく、希望の持てる内容だった」と話した。

 右サイドバックで先発した新井は、相手MF長谷川竜也(22)と順大の同級生で「絶対に0で抑えたかった。危ない場面もあったけど無失点で終えられて良かった」。高校、大学とセンターバックだが、横浜では右サイドバックで起用され「いい経験をさせてもらっているし将来の可能性が広がると思っている」と前向きだった。

サンケイスポーツ

横浜M、先発11人入れ替えで勝ち点1 榎本「課題も多いけど…」

 ヤマザキナビスコ・カップ1次リーグ第1節(23日、川崎0-0横浜M、等々力)横浜Mは直前のJ1から先発11人を大胆に入れ替え、勝ち点1をもぎ取った。新井、朴正洙の両DF、MF和田はこの日がプロ初出場。緊張からか浮足立った前半は特に苦しかったが、GK榎本が森本のヘディングや森谷のFKを防ぐなどして粘った。

 32歳のベテラン榎本は「課題も多いけど、初めて出る選手も含めてできることはやった」と納得顔。順大でチームメートだった川崎のMF長谷川と同じ日にデビューした新井も「自信になった」と胸を張った。

ゲキサカ

ユニバ10番、川崎Fルーキー長谷川は決定機外すホロ苦プロデビュー

 川崎フロンターレ対横浜F・マリノスの一戦は、0-0の引き分けに終わった。

 昨季のユニバーシアード日本代表で10番を背負ったルーキーMF長谷川竜也がプロデビューの日を迎えた。前半3分に右サイドから切り込み左足でシュートを放つなど、積極的にゴールを目指した。しかし、シュートまでは持ち込むが、決定力を欠いてしまう。

 後半38分にはこの試合最大の決定機がやってくる。MF森谷賢太郎の右クロスに対し、ゴール中央にフリーで走り込んだ164cmの長谷川がヘディングで合わせる。しかしシュートは枠上に外れる。等々力競技場はため息に包まれ、長谷川は直後に交代。同じ順天堂大から加入したDF新井一耀らが形成する横浜FMの守備陣を崩すことが出来ず、ホロ苦いデビュー戦となった。

 横浜FMは最終盤に決定機を作った。しかし後半42分のMF三門雄大のシュートはGK新井章太の右手一本に弾かれる。終了間際にはFW伊藤翔が左足で強烈シュートを放ったが、これも新井に防がれてしまった。互いに決定力を欠き、勝ち点1ずつを分け合う結果に終わった。 

ドメサカブログ

【ナビ杯 川崎F×横浜FM】神奈川ダービーはスコアレスドロー 川崎はシュート15本も決定力欠く

こけまりログ

2016/03/22 【スタジアム観戦情報まとめ】2016/3/23(水)19:00Jリーグヤマザキナビスコカップ 第1節 川崎フロンターレvs.横浜F・マリノス@等々力陸上競技場
 
 

今週の他会場など


 
 

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!




 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る