【試合結果まとめ(1△1)】2016/3/5(土)19:00 J1リーグ 1stステージ 第2節 アビスパ福岡vs.横浜F・マリノス@レベルファイブスタジアム

Pocket
LINEで送る

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.Jリーグ.jp
3.Twitter / Istagram
4.YouTube
5.Webニュースログ
6.今週の他会場など


横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2016 明治安田J1 1stステージ第2節 横浜F・マリノスvsアビスパ福岡

監督コメント

エリク モンバエルツ 監督
「皆さんが見られたように、今日のゲームは、完全に我々が攻撃、相手が守備というような展開だったと思います。
残念ながら最初のフリーキックで失点してしまい、リードされてしまいました。そのあとは、福岡が後ろにブロックを敷いてスペースを我々に与えませんでした。
後半から、その狭いスペースでもスピードを持ってプレーできる選手を投入しました。それによって、後半、よりチャンスをつくれたのではないかと思います。
残念ながら、なかなか得点には結びつきませんでした。そして、とにかく相手の守備陣にプレッシャーをかけ続けてフリーキックを取り、俊輔のフリーキックという展開に持っていくことはできました」

質問:ゴールが入らない中で、中村が決めてくれました。彼のパフォーマンスへの評価を、教えてください。
「もちろん、セットプレーは素晴らしかったのですけれども、それ以上に、彼は病気で一週間トレーニングを抜けていたのですが、今日あれだけのパフォーマンスをしたというのは、素晴らしいと思います。やはり、彼がゲームをつくってくれていました。
そして、彼とは何度か話をしてきたのですけれども、今日、彼と話したなかでは、90分やる予定ではありませんでした。しかし、よく90分やってくれたと思っています」

質問:引いている相手に対して難しいとは思うのですが、2試合で1ゴールという攻撃面については、どう考えていますか?
「はっきりしていることですが、我々は、チャンスはつくっています。あと、やはり足りないのは個人のところですね。個人の力というものが最後、足りなくて、なかなかチャンスがゴールに結びついていません。」

選手コメント

ファビオ
「難しい試合でしたね。相手はロングボールを多用してきて、それに対応しなければいけませんでした。
早い時間帯で点を許しましたが、ウチとしては最初から最後まで主導権は握れたかなと思います。
後半はしっかりボールがつなげられたし、全体的にはいい試合ができたと思います」

中町 公祐
「F・マリノスとしては、重要な一戦でした。とくに相手のアビスパは、僕にとって特別なクラブ。J1で対戦できたのは非常に幸せなこと。試合前の雰囲気など、また福岡のあたたかさというものを感じました。
セットプレーに対しては、かなり対策は練っていたのに、相手にうまくやられてしまった。でも、その後は自分たちがボールをつかめることが分かったので、ガマンしつつ、いずれチャンスは生まれるだろうと思いました。
逆転できれば良かったのですけど、これを続けていきたいと思います」

中村 俊輔
「練習では、FKは当たっていなかった。ちょっと角度があったけど、ゴールは視野に入れていた。GKがちょっと前に出ていて、壁を越してニアに蹴るイメージだった。
(イメージ通り?)うーん、そうっすね。ボールにスピードがあったのが良かった。
(FKのゴールがJ1通算21本目になったことについては?)いやあ、もう引き分けで精一杯だったことしか頭にない。まだ勝点1しか取れていないし。そっちの方が大きい。CKでも、もう少し変化が欲しい。
まだみんな、エネルギーを爆発させていない感じがある。だから初戦から選手が何人か変わってますけど、俺がポジションを取るんだ、という意気込みでやっていかないと。今日は、テルは良かったと思うけど」

Jリーグ.jp

福岡vs横浜FMの試合結果・データ
 ├ 入場者数 16,968人
 └ フォトギャラリー

選手コメント

[ 中村 俊輔 ]
--FKでの得点について。
練習ではあまり当たっていなかった。角度があったのでファーに蹴ることも考えたけど、相手のGKが大きくてポジションも前に出ていた。壁を越えれば入るかなと。スピードは良かったと思う。(ボールを)すくうというよりは当てる感覚。今のボールは去年と違って軽いので、インパクトしないと飛んでいかない。でも、勝点1しか取れていない。負けて帰るのと引き分けでは全然違うけど、チームをどうやって勝たせるかのほうが大事。

[ 仲川 輝人 ]
後半からゲームに入って、負けていたので前に行くしかなかった。自分が流れを変えて、シュートを打ったりすることでリズムを変えたかった。その部分はまずまずの手応えがあった。サイドに開きつつも中に入ってボールを受けることを意識していた。でも前を向ける場面でボールを後ろに下げていたので、そこはもっと良くなる。あとはゴールの部分。2本あったチャンスは、どちらもイメージはできていた。でもイメージ通りのシュートにならなかった。

  

Twitter / Istagram


 
 

YouTube


【ハイライト】アビスパ福岡×横浜F・マリノス「J1リーグ 1st 第2節」


【ゴール動画】横浜F・マリノス 中村俊輔選手のJ1通算21ゴール目の直接FK
 
  

ネットニュース・Weblog

スポーツニッポン

俊輔 直接FK21点 自身のJ1最多記録更新

 横浜MF中村が鮮やかなFKを決め、自身の持つ直接FKでのJ1最多得点記録を21点に更新した。0―1で迎えた後半37分、「相手のGKが大きいのとポジションが前に出ていたので」。狙いはニアサイドに定めた。「すくうよりは当てる感じ。インパクトを強くした」。ボールはイメージ通り、4人の壁を越え、ゴール右に消えた。

 インフルエンザの影響で2月27日の仙台との開幕戦を欠場、まだ体調が万全でない中、勝ち点1をもぎ取るのはさすが。今季初勝利はお預けのままだが「負けて帰るのとは違う」と話した。

ニッカンスポーツ

横浜中村俊輔が鮮やかFK インパクト強く技あり弾

 横浜MF中村が鮮やかなFK弾で勝ち点1をもたらした。1点を追う後半37分。ペナルティーエリア右の絶好の位置からのFK。強い弾道がゴール右上隅に吸い込まれた。「ピッチの芝が立ってなかったので足首は入らないと思った。(FKは)すくうのではなく(ボールを)上げる感じだった。昨年と比べて今季のボールは軽いのでインパクトを強くしないと飛んでいかない」。技ありの一撃だ。

 開幕戦はインフルエンザを発症して欠場した。先月29日に全体練習に合流すると、居残り練習でFKを繰り返して、この日の初出場を迎えた。当初は60分間プレーの予定だったが「相手が引いていたので(体力は)大丈夫だった」。遅れてきたエースが「らしい」ゴールでチームを救った。

サンケイスポーツ

横浜M・俊輔、値千金の同点FK 敵将・井原監督「どうにもならない」

 明治安田J1第1ステージ第2節第1日(5日、福岡1-1横浜M、レベスタ)代名詞の左足は健在だった。今季初出場となった横浜Mの中村が0-1の後半37分、値千金の同点FKを決めた。直接FKでの得点は通算21点目。「(シュートの)スピードが良かった」と笑顔をのぞかせた。

 ペナルティーエリア近くの好位置で得た好機に、経験豊富なベテランは「GKが前に出ている」と冷静に状況を見つめて左足を振り切り、右隅のネットを揺らした。

 開幕戦はインフルエンザで欠場。この試合もパスで精彩を欠き、途中で交代するはずだったが、フル出場して勝負どころできっちり仕事をした。敵将の井原監督も「素晴らしいシュート。どうにもならない」と苦笑いを浮かべた。

スポーツ報知

【横浜M】俊輔、インフル明けなんの鮮やかFKで自ら記録更新

 横浜MのMF中村が自身の持つJ1直接FK得点記録を21に更新した。今季開幕戦はインフルエンザで欠場。この日が初出場だったが、病み上がりと思えない一撃をかました。1点ビハインドの後半37分、右サイドで獲得したFK。「相手GKが前に出ていたので壁を越えればいける」。4人の壁を鋭く越える弾道でゴール右隅に突き刺した。ドローに持ち込み、開幕2連敗の危機を救った。

 今季でプロ20年目。「(自己ベストの13年の)10点を超えたい」と決意を固め、1月上旬から母校・桐光学園高の練習に参加するなど順調な調整を続けてきた。「まだみんな自分の力を出せていない」。帰ってきた主将が波に乗りきれないチームを叱咤(しった)していく。

デイリースポーツ

中村俊輔FK弾!J記録更新21点目

 横浜MのMF中村俊輔が後半に直接FKを決めた。直接FKでのゴールはJリーグ通算で21点目で、自らが持つ記録を更新した。

 0-1で迎えた後半37分、MF斎藤がペナルティーエリア付近で倒されて得たFKを中村がセット。右45度の角度から放たれた左足のシュートは、4人が配置された壁を越え鋭く変化、飛びついたGKを抜きゴール右上に吸い込まれた。

 中村は今季開幕直前にインフルエンザにかかったことで27日の仙台との開幕戦を欠場していた。この試合が今季初出場となったが、貴重な同点弾でドローに持ち込み、存在感を示した。

サッカーキング

横浜FM中村俊輔、J1最多記録更新の鮮やかFK弾マーク…通算21本目

 横浜F・マリノスに所属するMF中村俊輔が、5日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・ファーストステージ第2節のアビスパ福岡戦で直接FKを決め、自身の持つJ1最多記録を更新した。

 開幕節を欠場していた中村は、この日の試合で今季リーグ戦初の先発出場を果たす。そして、1点のビハインドを背負って迎えた82分、エリア手前右の位置で得たFKをゴール右隅に蹴り込み、チームに勝ち点1をもたらした。

 中村にとって、直接FKでのゴールは昨年10月3日のベガルタ仙台戦以来で、これが通算21本目。自身が持つJ1最多記録を更新し、17本を記録している遠藤保仁(ガンバ大阪)との差を広げている。

サッカーダイジェスト

【J1採点&寸評】福岡×横浜|狙い通りの福岡と、中村俊輔に救われた横浜。勝点1を分け合う※一部抜粋

【チーム採点・寸評】
福岡 5.5
立ち上がりの6分に先制。以後、相手にボールを持たせてカウンターを狙うサッカーを徹底。狙い通りに試合を進めていたのは福岡で、J1で戦える手応えを掴んだ。中村の直接FKはやむなし。

横浜 5.5
守りを固めた相手にボールを持たされ、効果的な攻め手を見出せず。中村のゴールに救われた。得点力不足は深刻。モンバエルツ監督は、G大阪に移籍した「アデミウソンの穴を埋め切れていない」と嘆いた。

【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
失点はノーチャンス。それ以外は、枠内シュートはなく、セーブ機会がまったくなかった。

DF
13 小林祐三 5.5(64分OUT)
サイドの主導権争いで後手に回り、攻撃面での特長は発揮できなかった。途中交代もやむなし。

22 中澤佑二 5.5
1試合を通して安定したプレーを見せたのは、さすがはベテラン。先制点のシーンで競り負けたのが悔やまれる。

5 ファビオ 6
高さを活かして福岡のロングボールを安定して撥ね返す。攻撃参加からチャンスを演出するシーンも作った。

23 下平 匠 5.5
高い位置取りで攻撃参加を試みたが、いまひとつの精度に欠いて得点機を演出できなかった。

MF
28 喜田拓也 5(76分OUT)
相手が引いていたためボールに触る回数は多かったが、無難なプレーに終始。効果的なパス出しができなかった。

8 中町公祐 5.5
気の利いた守備や、全体のバランスを整えながらボールを配る特長は見せたが、縦方向へパスを送れず。

25 前田直輝 5.5(HT OUT)
サイドに蓋をされてスピードを活かせず。守備でも相手のアタックに後手を踏み、ほとんどなにも出来なかった。

10 中村俊輔 7
病み上がりのため、本来のプレーを見せる場面は少なかったが、それでもワンチャンスで結果を出すのはさすが。

11 齋藤 学 5.5
仕掛ける姿勢を見せた。シュートがポストに嫌われるなど惜しいシーンも作ったが、全体としては物足りなさが残った。

FW
16 伊藤 翔 5
徹底的に引かれてスペースがなく、ボールを引き出すことができなかった。存在感を見せられず。

交代出場
MF
19 仲川輝人 6(HT IN)
交代直後から存在感を発揮。決定的なシュートを放つなど、ジョーカーとしての役割は果たした。

MF
6 三門雄大 5(64分IN)
流れを引き寄せかけていた右サイドに途中出場も、積極的な姿勢を見せられずに、相手に落ち着く時間を与えてしまった。

FW
17 富樫敬真 -(76分IN)
押し込む展開のなか投入されるも、とりたてて仕事がないまま終了の笛を聞いた。

監督
エリク・モンバエルツ 5
2試合でセットプレーの1点のみ。引かれた相手を崩す効果的な策を打てなかった。

取材・文:中倉一志(フリーランス)

Football LAB ~サッカーをデータで楽しむ~

横浜F・マリノス 2016マッチレポート | 3月5日 vs 福岡

ゲキサカ

俊輔がJ1通算21点目のFK弾!!福岡の5年ぶりJ1勝利を阻止

 俊輔の左足がアビスパ福岡の5年ぶりJ1勝利を阻止した。横浜F・マリノスはアウェーで福岡と対戦。0-1の後半37分にMF中村俊輔がJ1通算21得点目となる直接FKを決め、1-1で引き分けた。

 ともに開幕戦に敗れ、黒星スタートとなった両チームの対戦。J1で5年ぶりのホームゲームを迎えた福岡は前半6分、左FKからMF末吉隼也のキックにFWウェリントンが頭で合わせ、幸先よく先制点を奪った。

 横浜FMはインフルエンザのため開幕戦を欠場した中村が今季初先発。前半31分、その中村が個人技で右サイドを突破し、PA内に切れ込んだが、クロスを上げる前にクリアされた。

 1点ビハインドで折り返した後半16分にはFW伊藤翔の右クロスにファーサイドから飛び込んだMF齋藤学がヘディングで合わせたが、惜しくも左ポストを直撃。それでも後半37分、右45度の絶好の位置でFKを獲得すると、伝家の宝刀が炸裂した。

 中村が左足を振り抜くと、4枚の壁を越えてゴール右上隅へ吸い込まれた。背番号10のFK弾が横浜FMの今季初ゴール。俊輔はこれで直接FKでの得点がJ1通算21得点目となり、自身の持つ記録を更新した。試合はそのまま1-1で終了。勝ち点1を分け合い、互いに今季初勝利はならなかった。

ドメサカブログ

【J1.1st第2節 福岡×横浜FM】福岡がウェリントン弾で先制も終盤の俊輔FK弾でドロー J1復帰後初勝利を逃す

こけまりログ

2016/03/04 【スタジアム観戦情報まとめ】2016/3/5(土)19:00 J1リーグ 1stステージ 第2節 アビスパ福岡vs.横浜F・マリノス@レベルファイブスタジアム
 
 

今週の他会場など


 
 

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!




 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る