夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2016/2/12)

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日の練見(れんみ)
3.Twitter
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

練習試合の結果(vsサンフレッチェ広島)
(´-`).o0(0-1)

横浜F・マリノスユース所属選手トップチーム登録のお知らせ
(´-`).o0(GK2名とDF1名)
 
 

今日の練見(れんみ)


 
 

Twitter


→[FMヨコハマラジオショッピング]ラジショピ限定特典付き 覇魂F・マリノス同好会 横浜F・マリノス観戦チケット
 
 

Webニュースログ

2016/02/12[Jリーグ.jp]登録選手追加・変更・抹消のお知らせ(2016/02/12)※一部抜粋

【追加】
横浜F・マリノス

無   千田 奎斗 Keito CHIDA(2種)
1 GK 2 1998/09/13 3 181/75 4 神奈川県 6 横浜ジュニオールSC-横浜F・マリノスJrユース追浜
無   常本 佳吾 Keigo TSUNEMOTO(2種)
1 DF 2 1998/10/21 3 172/64 4 神奈川県 6 横浜F・マリノスプライマリー-横浜F・マリノスJrユース
無   原田 岳 Gaku HARADA(2種)
1 GK 2 1998/05/22 3 187/79 4 岩手県 6 バディーSC-横浜F・マリノスJrユース

2016/02/12[サッカーダイジェストWeb]【横浜】中村俊輔が自らに課す『10G・10A』。ノルマへの“最適解”はいまだ見つからず?

–練習試合の広島戦後は「ヘロヘロだよ」と苦笑。

 2月7日に福岡と練習試合を行なった後、中村はこんな言葉とともに現在の状態を表現した。

「今はキャンプで追い込んでいるので足が重いし、身体のキレがない。だから思い通りのプレーはなかなかできない。それは仕方ないことなので、割り切っていろいろなことを確認している。

 今日の福岡戦では下がってビルドアップに関わったけど、最終日の広島戦では高い位置に残ってプレーする。いろいろ試しながらどのバランスが良いか見つけていきたい」

 実際、同12日に行なわれた広島戦(●0-1)の前半は、高い位置で我慢しているように見えた。ボールタッチの回数を増やして攻撃のテンポを作りたいという自我を抑え、1トップの伊藤の近くにポジションを取ってゴールチャンスをうかがった。

 しかし、広島の組織的な守備の前に、なかなか良い形でボールが入らない。前半、横浜のシュートらしいシュートはわずか2本のみで、いずれも中村の直接FKだった。

 この展開に背番号10が業を煮やすのは当然だろう。後半は少し引いた位置でボールを受け、持ち前の展開力で攻撃を構築していく。

 それでも、キャンプ最終日で疲労困ぱいの身体は思い通りに動いてくれない。広島の激しいプレッシャーの前に中村らしくないボールロストが多く、失った後に追いかけて奪い返す余力も残っていなかった。

 試合後は「ヘロヘロだよ」と苦笑し、足早に宿舎へ。「この時期なので内容はあまり気にしていない」と話したが、Jクラブとのトレーニングマッチで4試合連続無得点と苦しむチーム状況をいかに打開するか、その方策を密かに考えているように見えた。

 沖縄での1次キャンプ、そしてこの宮崎での2次キャンプ中、中村は連日のように居残りでシュート練習を実施した。例年であればいち早く宿舎の温泉に直行するのが習慣だった。

 それが今年はシュート練習に明け暮れて、笑顔でグラウンドを去っていく。広島戦で身体が重くなったことと無関係ではないが、好調だからこそトレーニングに打ち込めていたという見方もできる。

 チームも中村も、約2週間後に迫った開幕に向けて試行錯誤を続けている。絶対的ストライカー不在のチームにあって、いかにして攻撃を組み立てていくか。

 練習試合を通してプレーエリアを熟考し、シュート練習を増やしてゴールへの意欲を見せる。『10ゴール・10アシスト』という具体的なノルマを自らに課したのも、自身が果たすべき役割を考えた末の結論である。

 最適解はいまだ見つかっていない。だが、左足首を手術するか否かに悩んでいた1年前とはまったく違うコンディションであるのは事実だ。

 中村は、ピッチ内で起きている問題について悩むことを楽しんでいる。

取材・文:藤井雅彦(ジャーナリスト)

2016/02/13[スポニチ]横浜 4試合連続無得点も指揮官「フィジカル面の目標を達成できた」

 横浜は決定力不足に大きな不安を残した。宮崎キャンプ最終日の広島戦は0―1。練習試合とはいえJ2東京V、福岡、J2山口戦に続き4戦連続で無得点だ。

 フル出場したMF中村は現時点でボールさばきや体の切れが本来の姿でないのは織り込み済み。「(肉体的に)今がピーク。内容はあまり気にしていない。シュートまでどう持っていくか、というのはずっと課題」とした。

 また、2週間のキャンプを総括したモンバエルツ監督は「フィジカル面の目標を達成できた」と前向きだった。

2016/02/12[フットボールチャンネル]広島が4位に浮上、首位は広州。アジア・クラブランキングが発表

 サッカーデータベースサイト『フットボールデータベース』は7日、アジア・クラブランキングを更新した。

 最新ランキングでは依然として首位は広州恒大(中国)となった。2位にアル・アハリ(サウジアラビア)、3位にアル・ヒラル(サウジアラビア)と続き、4位にサンフレッチェ広島がランクインしている。

 その他のJリーグクラブは10位にガンバ大阪、17位に浦和レッズ、21位に鹿島アントラーズ、25位に川崎フロンターレ、26位に横浜F・マリノス、31位にFC東京がランクインしている。

 アジア・クラブランキング上位10クラブと主要Jリーグクラブのランキングは以下。

1位 広州恒大(中国)
2位 アル・アハリ(サウジアラビア)
3位 アル・ヒラル(サウジアラビア)
4位 サンフレッチェ広島(日本)
5位 アル・アイン(UAE)
6位 全北現代(韓国)
7位 アル・ナスル(サウジアラビア)
8位 浦項スティーラース(韓国)
9位 ブリーラム・ユナイテッド(タイ)
10位 ガンバ大阪(日本)
17位 浦和レッズ(日本)
21位 鹿島アントラーズ(日本)
25位 川崎フロンターレ(日本)
26位 横浜F・マリノス(日本)
31位 FC東京(日本)
39位 柏レイソル(日本)
50位 名古屋グランパス(日本)
57位 セレッソ大阪(日本)
69位 サガン鳥栖(日本)
76位 ベガルタ仙台(日本)
79位 アルビレックス新潟(日本)
83位 ヴィッセル神戸(日本)
95位 ヴァンフォーレ甲府(日本)
97位 大宮アルディージャ(日本)

 
 

今日のこけまり

(´-`).o0(none)
 
 

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!




 
 

ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノス系ブログ・こけまり
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る