【スタジアム観戦情報まとめ】2015/10/24(土)14:00 J1リーグ 2ndステージ 第15節 川崎フロンターレvs.横浜F・マリノス@等々力陸上競技場

Pocket
LINEで送る

【スタジアム観戦情報まとめ】2015/10/24(土)14:00 J1リーグ 2ndステージ 第15節 川崎フロンターレvs.横浜F・マリノス@等々力陸上競技場

タイムスケジュール(予定)

11:30 一般入場
 └ 通常より30分早いので注意
14:00 キックオフ

(´-`).o0(ロコさぬは、欠席です。雨なら行きます)
 

天気予報

[Yahoo!天気・災害]等々力陸上競技場 ※2015/10/24 6:00発表

2015/10/24(土)12:00の予報
天気:晴れ
温度:21℃
風 :南南東2m

川崎フロンターレオフィシャルホームページ

10/24 横浜FM「ホームゲーム開催情報」について

10/24 横浜FM「横浜F・マリノスを応援される皆様へ」

観戦マナー&ルールのご案内
 └ ペットボトル OK

等々力陸上競技場へのアクセス


 
 

Weblog

[Jリーグ.jp]川崎Fvs横浜FMの観戦情報(明治安田生命J1リーグ)

2015/10/23[サッカーダイジェスト]【J1展望】2ndステージ・15節|川崎 – 横浜|「奇跡のCS出場」と「奇跡のステージ優勝」へ勝点差は6。神奈川ダービーで差を縮めるのは?
memo-20151025-vs-kawasaki-01

J1リーグ2ndステージ・15節
川崎フロンターレ - 横浜F・マリノス
10月24日(土)/14:00/等々力陸上競技場

川崎フロンターレ
2ndステージ成績(14節終了時):7位 勝点23 7勝2分5敗 28得点・20失点
年間成績(31試合終了時):5位 勝点53 16勝5分10敗 60得点・46失点

【最新チーム事情】
●大久保、大島、小林が別メニュー調整も、横浜戦には間に合う公算。
●広島戦の敗戦でCS出場は絶望的ながら、まだ数字上の可能性があり、チームの雰囲気は悪くない。
●好調な横浜との対戦は「セットプレーがカギを握る」と選手たちは口を揃える。
●大島に加え、中野がU-22代表候補キャンプに招集。リオ五輪予選に向けて生き残りを懸ける。

【担当記者の視点】 
 朗報のひとつは、中野のU-22代表候補キャンプ招集だ。10月25日~29日に佐賀キャンプが控えるなか、初招集となった中野はアピールに燃えている。横浜戦で目に見える結果を残して、良い形でサバイバルキャンプに乗り込みたいところだ。横浜の右サイドは、アデミウソンと小林が先発の見込み。中野のドリブルで主導権を握れるか注目される。

 横浜戦の最大の見どころは、やはり大久保のゴールだろう。J1通算得点数は現在155。最多の中山雅史(157)まであと2ゴールに迫る。もっとも、広島の佐藤寿人も156と肉薄しており、どちらが先に“ゴン越え”を果たすか興味深いところだ。また、大久保は今季のリーグ得点王でもトップに立ち、2位の宇佐美貴史とは3ゴール差。直近の公式戦9試合で10ゴールと勢いもあるだけに、両方の得点ランキングで記録を伸ばしたい。

 チーム状況としては、まだCS進出の可能性が残る。年間3位のFC東京が勝点59。川崎は勝点53で、残り3試合でその差は6。今節の動向次第では、その差が3に縮まるだけに、まずは確実に勝利を掴み取りたい。
 
 
横浜F・マリノス
2ndステージ成績(14節終了時):3位 勝点25 7勝4分3敗 23得点・13失点
年間成績(31試合終了時):7位 勝点51 14勝9分8敗 44得点・30失点

【最新チーム事情】
●前節に途中出場で決勝ゴールを決めた齋藤は、依然として右足首痛を抱えたまま。それでも今週は全体練習を消化しており、先発出場の見込みだ。
●齋藤の先発が難しい場合は、アデミウソンが左サイドに回り、右MFには兵藤が入りそう。今週はその形での練習も行なった。
●昨年手術した右膝に痛みを抱えている仲川は離脱中。川崎戦は欠場し、復帰の目処は立っていない。
●U-22日本代表候補に選出された喜田が好調。練習では軽快な動きを見せ、大島や中野といった代表勢との対戦を楽しみにしていた。

【担当記者の視点】
 前節・神戸戦では、1点ビハインドで迎えた終了間際に、アデミウソンと齋藤のゴールで鮮やかな逆転勝利を飾った。この結果、第2ステージで3位に浮上。10月に入ってからは天皇杯を含めた公式戦で目下4連勝中と、奇跡のステージ制覇に向けて、その勢いは止まらない。

 それだけに、今季はリーグ(●1-3)、ナビスコカップ(●1-2)で連敗と相性の悪い川崎相手にも、ポジティブな状態で挑めるはず。自慢の堅守はやや脆さを見せているが、攻撃陣がコンスタントに得点を重ねているのは好材料だ。とりわけ、アデミウソン、伊藤がハイパフォーマンスを見せ、チームを勝利へと導いている。

 さらに、「トップ下・中村&三門と喜田の2ボランチ」の軸となるトライアングルが試合を重ねるごとに連係を深め、攻守両面で効果的な働きを見せている。開幕戦で惨敗した頃のチームとは、完成度は雲泥の差と言っていい。

 ゲームを支配される時間は長くなりそうだが、焦れずに我慢しながら、カウンターで仕留める。その意味では、怪我を抱えてはいるものの、スピードと突破力に秀でる齋藤がこの試合でもキープレーヤーになりそうだ。もちろん、緩急をつけた速攻を操る中村の熟練のテクニックと戦術眼も、勝敗を大きく左右する肝になるだろう。

2015/10/23[サッカーキング]【予想スタメン】リーグ戦9試合無敗と好調の横浜FM、今季2敗を喫した川崎にリベンジなるか※一部抜粋

■横浜F・マリノス 過密日程が終わり、攻撃陣のコンディションに問題はない

 前節の神戸戦は、先制点を許したものの終盤に2得点を奪って逆転勝ち。0-1で迎えた後半は、ゴール前で守りを固める神戸をほぼ一方的に攻め続けた。87分にアデミウソンのミドルシュートで追いつき、途中出場した齋藤学が試合終了間際のロスタイムに決勝点。中澤佑二がJ1通算500試合出場を達成したメモリアルゲームを劇的な勝利で飾った。

 エリク・モンバエルツ監督が「2点を取るために、そして勝利を取るために、われわれは必要なプレーができたと思います」と振り返る明るい内容で、チームはこれで2分を挟んでリーグ戦7連勝中だ。2ndステージの順位は3位まで上がった。首位広島と2位鹿島とは残り3試合で勝ち点差「6」と厳しいが、ステージ優勝の可能性は残している。

 右足首を痛めている齋藤の先発出場は不透明だが、前節は自己最多となる7ゴール目を奪っており、調子を上げてきていることは間違いない。7日間で公式戦3試合をこなした過密日程が終わり、今週は伊藤翔、アデミウソン、中村俊輔とリフレッシュした攻撃陣が並ぶ。ラフィーニャの復帰は次節以降となる見通しだ。

 今節対戦する川崎とは、ホームであった開幕戦で1-3と完敗。借りを返せるか。チームは通算1200得点まであと1点。節目のゴールを誰が奪うかも注目が集まる。(totoONE編集部)

■横浜FM予想スタメン
4-2-3-1
GK
飯倉大樹
DF
小林祐三
中澤佑二
ファビオ
下平匠
MF
喜田拓也
三門雄大
天野純
中村俊輔
アデミウソン
FW
伊藤翔

2015/10/24[スポニチ]横浜、大久保封じで逆転Vに望みつなぐ 中沢「新記録は阻止」

 横浜のDF中沢が川崎F戦でFW大久保を封じ、逆転優勝へ望みをつなぐ。J1通算得点155点を挙げ、1位の中山(現JFL沼津)に2点差としている相手エースに対し「嘉人の新記録は阻止しないと。(記録更新なら)今後映像で何回も映し出されるものなので、それだけは嫌」と訴えた。

 現在、チームは首位・広島に勝ち点6差の3位。第2ステージ優勝の可能性は残っているだけに、背番号22は「しっかり勝ちたい」と力を込めた。

2015/10/24[ニッカン]横浜、因縁の神奈川ダービーへ GK飯倉すしで気合

 横浜が川崎Fとの因縁対決に闘志を燃やした。23日、横浜市内で調整をし24日のアウェー川崎F戦への準備を整えた。

 川崎Fとは今季の開幕戦ホームで1-3の完敗。13年の優勝争いでも最終節に0-1で敗れ、目の前に見えていた優勝を逃した因縁の相手だ。右足首負傷から復帰し、3戦ぶりに先発出場が濃厚なMF斎藤学(25)は「2013年の思いを取り返す」と意気込む。この日も居残りで30分以上もボールを蹴り、シュート練習にも気合が入っていた。

 GK飯倉大樹(29)も試合前日恒例の“すしランチ会”で験を担ぎ「やるしかないでしょ」と雪辱を誓う。川崎FのFW大久保嘉人(33)がJリーグ通算得点記録にあと2点に迫るが、「彼以外にも点取る人は沢山いるから、特に意識はしない」と自然体で臨む。

 横浜は9戦負けなしで、首位広島とは勝ち点6差の第2ステージ3位につける。大逆転優勝でチャンピオンシップ出場権をつかむためにも負けられない一戦になる。

2015/10/24[スポーツ報知]【横浜M】斎藤学、右足首は全快!3戦ぶり先発へ

 横浜MのMF斎藤学(25)が3戦ぶりに先発復帰することが23日、濃厚になった。川崎戦へ向け横浜市内で調整。9月の練習中に負傷した右足首の痛みが取れたドリブラーは主力組の左サイドに入り「久しぶりにサッカーをする喜びを感じた」と軽快な動きを披露した。

 チームはここ9戦7勝2分けと好調で、第2S首位・広島に勝ち点6差の3位に迫る。川崎は、首位で迎えた13年の最終戦で敗れて優勝を逃した相手。「あの悔しさは忘れていない」。痛みを抱えながらも途中出場した17日の神戸戦(日産ス)では、試合終了間際に決勝弾。逆転Vへ「自分たちのサッカーをして勝ちます」と力を込めた。

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 orerano_yuzo(@orerano_yuzo)さん ※中の人
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る