夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2015/07/06)

Pocket
LINEで送る

夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノス(まとめ)

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.今日のマリノスタウン
3.Twitter
4.Webニュースログ 
 
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2015/07/05 マリノスタウンのピッチで花火が見たい!観覧ご招待券があたる「マリガチャ」発売のお知らせ
(´-`).o0(Cピッチで花火観覧経験アリ。周りの建物に反響して音がイマイチなんだよね。行きたいけど(ぉ )
 
 

今日のマリノスタウン

【午前】

【午後】


 
 

Twitter


 
 

Webニュースログ

2015/07/05[スポニチ]横浜・中沢、周囲をうならす全力ファンサービスへの思い

 闘志あふれるプレーでチームを引っ張る鉄人が、無邪気なサッカー少年に戻っていた。6月15日、横浜の元日本代表DF中沢佑二(37)がMF喜田拓也(20)、GK田口潤人(18)と一緒にクラブのホームタウン活動の一環である「サッカースペシャルキャラバン」参加のため、横浜市立大豆戸(まめど)小を訪問。選手が児童とサッカーを通じて交流するイベントなのだが、練習や試合と同様、中沢は最初から最後まで全力だった。

 最初に行われた鬼ごっこでは「俺が守る!」と子供たちの前に仁王立ちし、鬼の襲来からがっちりガード。男女に分かれてのドリブル競争では、迷いなく?女子グループに入り、男子グループに対して闘志をむき出しにした。最後は児童たちに「これからも勉強とスポーツを頑張ってください。帰って宿題をやって、両親の言うことを聞いて寝ること」と呼び掛け「両親に“22番(中沢)のユニホーム買って”って言うんだよ!」と念押し。別れ際の“握手会”では、体操着に書かれた児童の名前を見て「○○君、ありがとう」と一人一人名前を口にしながら握手をしていた。

 短時間ながら児童と交流を深めた中沢は「子供とは、いつ遊んでも楽しいですね。こうやって遊ぶのは昔を思い出す」と充実の表情。児童以上に全力で楽しんでいたことについては「僕はいつも子供たちと同じ目線ですから」と笑い「今後もこういう取り組みを他の選手も含めてやっていければいい。少しでもマリノスのファンが増えるように、距離を縮めていきたい」と語った。

 毎年、開幕前に行われるファン感謝イベントでは、「妖怪ウォッチ」のジバニャンや志村けんなどに扮し“仮装ステージ”で来場者を盛り上げている中沢。今回の小学校訪問イベントも含め、そのファンサービス精神には本当に頭が下がる。6位に終わった第1ステージからの巻き返しと年間王者へ向けて、第2ステージでもピッチ内外でファンを喜ばせてくれるだろう。(原田 真奈子)

 
 

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)


ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る