【試合結果まとめ(1△1)】2015/06/07 J1リーグ 1stステージ 第15節 ヴァンフォーレ甲府vs.横浜F・マリノス@山梨中銀スタジアム

Pocket
LINEで送る

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.Jリーグ.jp
3.Twitter / Istagram
4.YouTube
5.ブログ
6.Webニュースログ
7.今週の他会場など


横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2015 明治安田J1 1stステージ第15節 横浜F・マリノスvsヴァンフォーレ甲府

監督コメント

エリク モンバエルツ 監督
「今日は非常に内容の良くないゲームでした。両チームとも、ゲーム自体のレベルも低かったと思います。前半、相手はかなり低い位置に守備を引いていました。ですので、スピードアップして攻め切るというところが難しかったです。
後半は何度かチャンスがあったのですが決められず、そしてセットプレーでミスを犯してしまい、同点になりました」

質問:今日初めて実戦でコンビを組んだ、ラフィーニャとアデミウソンの出来については。
「まず、ラフィーニャはまだコンディションが100%ではありません。ラフィーニャは、まだ試合時間も短いですし、ラフィーニャとアデミウソンのコンビネーションを良くするためには、まだトレーニングの時間も足りていません」

質問:攻撃が中央に偏って、サイドからの仕掛けが少なかったのではないか?
「たしかに中央に攻撃が偏っていました。もっと早くサイドにスペースが空いている段階で、展開しなければいけませんでした。
また、藤本が痛んでいます。ここ数試合で、藤本が右サイドで非常に良いコンビネーション・プレーを見せてくれていたのですが、そこをプランの変更をせざるを得ませんでした」

選手コメント

伊藤 翔
「ガンバ戦と同じで、セットプレーで追いつかれてしまった。2点目を取ってディフェンスの選手を楽にするのも大事ですが、そういう失点を失くしていかなければ厳しいと思います。
パン君からすごくいいボールが来たけど、あの場面では相手GKも絶妙のポジションを取っていた。頭から飛び込むより、他に選択肢がなかったのか。ビデオを見直して、研究したいと思います。
連戦からは解放されるけど、僕らのやることは変わらない。次の試合、次の練習に向けて、いい準備をしながら、毎日コツコツやっていくことが次につながると思います」

三門 雄大
「甲府があれだけ下がって8枚、9枚というブロックをつくってくるので、崩すのは非常に難しかった。前半、ああいう形で点が取れたけど、元々は90分の間に1点が取れればいいと思っていた。
後半、このまま逃げ切ろうという雰囲気を出してしまったのが、失点の原因だと思う。こういう試合をしていては、優勝争いはできない。みんなで反省して、厳しさをもって次のゲームに臨んでいかなければいけない」

飯倉 大樹
「セットプレーは、相手ありきのプレーなので失点することもあるが、ガンバ戦と同じで、その前のプレーが良くなかった。必死で守っていれば、また全然結果も違ったかもしれない。
とにかく、90分にわたってスキを見せないようにしなければいけない」

Jリーグ.jp

1stステージ 第15節 2015年6月7日(日)16:04KO 中銀スタ
 ├ 入場者数 13,007人
 └ フォトギャラリー
 
 

Twitter / Istagram

 
 

YouTube


【ハイライト】ヴァンフォーレ甲府×横浜F・マリノス「J1リーグ 1st 第15節」
 
 

Blog | ロコさぬセレクション powered by FMBH

[Tricolore Pride]Ventforet Kofu vs Yokohama F. Marinos

[Take-2(たけにぃ)の部屋]変質・マルキからラフィー○

[ドメサカブログ]【J1.1st第15節 甲府×横浜FM】甲府、オウンゴールで先制許すもアベタク弾で追いつきドローに持ち込む 新体制での無敗をキープ

こけまりログ

2015/06/06 【スタジアム観戦情報まとめ】2015/06/07 J1リーグ 1stステージ 第15節 ヴァンフォーレ甲府vs.横浜F・マリノス@山梨中銀スタジアム
 
 

ネットニュース・Weblog

ニッカンスポーツ

横浜2戦連続で“逸勝”勝ち点4逃す/甲-横15節

 横浜は2試合連続で先制しながらも追い付かれた。

 オウンゴールで1―0とした後半は受けに回り、CKから同点に。MF三門は「この2試合で逃した勝ち点4は大きい。これでは優勝争いできない」表情は暗かった。

 ラフィーニャ、アデミウソンの2トップは相手に脅威を与える場面もあったが、時間とともにプレスが緩くなった。DF中沢は「フリーで自陣まで来られる場面が多すぎた」と苦言を呈した。

サンケイスポーツ

横浜M、2戦連続引き分け…三門「これでは優勝争いできない」

 明治安田J1第1ステージ第15節(7日、甲府1-1横浜M、中銀スタ)横浜Mは2試合連続で先制しながら追い付かれた。オウンゴールで1-0として入った後半は受けに回り、自陣での判断ミスで与えたCKから同点に。三門は「この2試合で逃した勝ち点4は大きい。これでは優勝争いできない」と眉間にしわを寄せた。

 ラフィーニャ、アデミウソンの2トップは相手に脅威を与える場面もあったが、時間の経過とともに前線からのプレスが緩くなった。押し込まれる展開を招き、中沢は「フリーで自陣まで来られる場面が多すぎた」と指摘した。(共同)

サッカーキング

サッカーダイジェスト

【J1採点&寸評】甲府×横浜|オウンゴールで先制を許すも、セットプレーから甲府が追い付く※一部抜粋

【試合内容】
 5-4-1の布陣で守備を固める甲府に対し、機を見て縦パスを入れる横浜。前半は、ほぼこの構図で試合が進むなか、アディショナルタイムに齋藤が裏への飛び出しからクロスを入れると、これを山本がオウンゴール。横浜が1点リードで前半を折り返した。

 後半はリズムを取り戻した甲府だったが、なかなか決定機が作れない。それでも76分、途中出場の堀米のCKを阿部拓がヘッドで合わせて同点に。

 スコアはそのまま1-1で勝点1を分け合う結果に。甲府は先制された試合で、今季初めて勝点を手にした一方、横浜は前節・G大阪戦に続きセットプレーからの失点で勝利を手放した。

【チーム採点・寸評】
甲府 5.5
先制点を献上しても焦れることなく、堅守を維持。辛抱強く我慢しながら、攻撃の手段は限られていたものの、セットプレーのチャンスを活かして勝点1を手にした。

横浜 5
後半は自然と「受けて立つ」形になってトーンダウン。追いつかれてからギアを上げても、時すでに遅かった。

【横浜|採点・寸評】
GK
21 飯倉大樹 6
開始早々のピンチは、鋭い飛び出しから事なきを得る。その後も守備範囲の広さ、正確なフィードが光った。

DF
13 小林祐三 5.5
リスクマネジメントが第一に、攻め上がりは最小限に。90分に供給したような正確なクロスをもっと早く見せたかった。

22 中澤佑二 6
逃げ切っていれば、間違いなくMOM。序盤に裏を取られた以外は甲府の攻撃をシャットアウトしていただけに、悔しい結果に終わった。

5 ファビオ 6
空中戦はもちろん、スピード勝負でも完勝に近い内容だった。先制点につながる縦パスなど攻撃面でも活躍。

23 下平匠 5.5
高い位置を取っていたが攻め切れなかった一方で、守備に奔走。失点場面では目の前で相手にやられてしまった。

MF
28 喜田拓也 5
前半は勇気を持って、甲府のブロックを崩しにかかるパスを入れていたが、攻め手を欠いた後半の自陣での軽いプレーはマイナス材料に。

6 三門雄大 5.5
パスを散らしてテンポアップを図ることはできていたが、サイド攻撃を促すような働きが欲しかった。

7 兵藤慎剛 5.5
ラフィーニャがトップ下で起用されたことで、この日は黒子に徹した印象。59分のシュートブロックは素晴らしかったが、攻撃の印象は薄かった。

18 ラフィーニャ 5.5
今季リーグ戦で二度目のスタメン出場。迫力ある突破を見せながらも、攻撃が中央に偏る傾向も。

11 齋藤 学 6
土屋、松橋の徹底マークに苦戦。オウンゴールにつながったクロス以外に、ゴールに向かって仕掛ける場面は少なかった。

FW
39 アデミウソン 6
前半はファウルを誘う突破やセカンドボールの回収など攻守に目立っていたが、後半は存在感の乏しい内容に。

交代出場
16 伊藤 翔 6
裏への抜け出しとサイド突破でチャンスメイク。90分、クロスに身体ごと投げ出したが、ネットを揺らせなかった。

29 天野 純 ―
待望のリーグ戦デビューを果たす。相手が勢いづいたなかでの出場で、流れを変えるところまでは至らなかった。

監督
エリク・モンバエルツ 5
1-0とリードしてからの試合運びに課題。今後のリーグ戦に向けた“先行投資”のような采配も見受けられた。

取材・文:渡辺 功(フリーライター)

Football LAB 〜サッカーをデータで楽しむ〜

横浜F・マリノス 2015マッチレポート | 6月7日 vs 甲府

ゲキサカ

甲府vs横浜FM 試合記録

「ホームだったので逆転したかった」甲府、ドローで監督交代後の連勝は3でストップ

 ヴァンフォーレ甲府対横浜F・マリノスは1-1のドローに終わった。監督交代後3連勝中だった甲府の連勝はストップ。横浜FMはリーグ戦2戦連続ドローとなった。

 横浜FMの先制点は前半アディショナルタイムに生まれた。DFファビオ、MFラフィーニャと鋭い縦パスが入ると、左サイドを抜け出したMF斎藤学のクロスが、DF山本英臣のオウンゴールを誘発。佐久間悟監督就任後、3戦連続無失点だった甲府守備網をこじあけた。

 しかし前半シュート2本に抑え込まれていた甲府も後半に入ると反撃。迎えた後半31分、右サイドからのCKをFW阿部拓馬がドンピシャヘッドで合わせて、ドローに持ち込んだ。

「効果的なプレーは示してくれた」と評価しつつも、「ホームだったので逆転したかった」と本音も吐露した佐久間監督。「順位的にもやらなければいけないことはたくさんある。今は1つずつ、守備と攻撃を整理して、勇気と自信を与えて、成長を期待するようなトレーニングをして、試合の中で表現できればいいなと思っている」と今後に向けてのビジョンを語った。

 
 

今週の他会場など

[ドメサカブログ]湘南ベルマーレ、菊池大介の“幻のゴール”について意見書提出
(´-`).o0(動画あり。)
 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



(´-`).o0(LINE@はじめました)'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)


ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る