【試合結果まとめ(1△1)】2014/07/27 J1第17節 名古屋グランパスvs.横浜F・マリノス@名古屋市瑞穂陸上競技場

Pocket
LINEで送る

アンカー(目次)

1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト
2.J’s GOAL ゲームサマリー
3.Twitter
4.YouTube
5.ブログ
6.Webニュースログ
7.今週の他会場など


横浜F・マリノス オフィシャルサイト

試合速報 2014 J1 第17節 横浜F・マリノスvs名古屋グランパス

選手コメント

中澤 佑二
「セットプレーがあるんだから、2点目を取らないと勝てない。前半あれだけ攻めておいて、取れなかったのは、もったいない」

中村 俊輔
「相手は1点を追わないといけないから、前線の枚数を増やして攻撃的にきた。それをブロックして頑張って耐えていたんだけどね。
2点目を取る力がなかった。一人ひとりが自覚しないといけないし、これが今の力だから。この結果に嫌気をさすんじゃなくて、受け止めて、また練習に励めばいい。
勝ってないので進んでいないように見えるけど、ここは我慢のしどころ。いい方向に進んでいると思う。あとは一人ひとりのダイナミックさが足りない。
自分も何歳までやれるか分からないけど、ドゥトラみたいに燃え尽きられるように頑張りたい。
(自身の得点については?)いやあ、もう(試合後)闘莉王に褒めてもらったから満足です(笑)」

ドゥトラ
「最後の最後まで、試合に出ることができて本当に幸せだ。まさか、自分でもここまでやれるとは思わなかった。神様に感謝したいし、監督にも、チームメートにも感謝したいです。
自分にとって最後の試合ということとは別に、チームとしては中断明けから“勝ちたい”という気持ちを前面に出して戦えている。今日の試合も、そうだった。この気持ちを続けて、リーグ戦で上位を狙って戦って欲しいと思う。
自分には、F・マリノスに対する愛情というものがある。自分はこれでブラジルに帰るけど、向こうではサポーターとして、これからも応援していきたいです」

J’s GOAL ゲームサマリー


2014 J1 第17節 名古屋 vs 横浜FM(瑞穂陸)

選手コメント

●中澤佑二選手(横浜FM)
Q:前半は自分たちのペースで試合を進められましたが。
「いや。前半は相手があんまり来なかったですから。相手が引いてくれれば、横浜FMだってそれぐらやれる選手はたくさんいますよ。でも後半、相手がFWを代えてきて、前へ前へ、裏へのパスを意識するようになってきたら、DFラインが下がらざるを得なくなってきて。プレッシャーがかからなくて、結局のところはなかなか、マイボールにできることが減ってしまったところがありますからね。そういったところがウチの課題ですよね。毎回そうですよ、プレッシャーかけられたり、前から来られるとね。どのチームとやっても蹴られると前でプレッシャーがかからなくなっちゃう。それが課題だし、それでも前から追いかけていく迫力もなかった。そこなんですよ。前半のうちに1点しか取れない、あれだけ攻めておいて1点だけでは危ないなっていうのは、ずっと(栗原)勇蔵とかとも話をしていたんです。『このままじゃマズいぞ』と、そしてセットプレーという気を付けていたところでやられてしまう。悪い癖が出ましたね」

●小林祐三選手(横浜FM)
Q:前半は相手の動きも悪かったわけですが、どれぐらい自分たちの思い通りの展開にできたのでしょうか。
「前半はもう1点入っていれば、ほぼパーフェクトだったと思います。ただ、あの展開で1点しか入らなかったというところが、今の勝ち切れない現状を表していると思います。ああいう風なことは、名古屋みたいなタイプのチームならあり得る、流れがゼロのところから1点が入るという。セットプレーもそうですし、個人の能力で一発で何かが起きるということはゼロじゃないんだと痛感しました」

Q:相手が後半、前線の顔ぶれを変えてきたことで、自分たちの対応は変わりましたか。
「でも、対応できてなかったわけではないし、ピンチらしいピンチと言っても自分たちのミスからだったんで。やっていることで上回られているという感覚はなかったですね。ただ、左サイドからああやってコーナーキックになっちゃって、さっきも言ったように良いキッカーと良い合わせ役がいたことで、ああなった。それはお互いの選手がみんなわかっていることだとは思いますけど」

Q:監督もおっしゃってましたが、後半はカウンターが決まっていれば、というところでもあるんでしょうか。
「それをどういう風に、今日の試合の中でとらえるか。決めきれなかったということも、守り切れなかったということも、どちらも真実だと思う。それをどう選手たちが各々で考えて、責任を取って次にプレーするかというところだと思います」

Q:前半は試合がコントロールできすぎてしまって、逆にフィニッシュがぼやけたところも?
「少し、時間の経過とともに、無理をしなくなったというか。そこは思い切っていっちゃっていいんじゃないかなってところもありました。ボールを大事にしすぎて、思い切りがね。ああいう風になると得点は入りませんからね。攻め疲れてはいなかったんですが」

Twitter


 
 

YouTube


J1 2014 第17節 名古屋グランパスー横浜Fマリノス


2014 J1第17節 名古屋vs横浜FM 試合後、マリノスゴール裏へ挨拶しに行くドゥトラ
 
 

Blog | ロコさぬセレクション powered by FMBH

[ドメサカブログ]【J1第17節 名古屋×横浜FM】名古屋は永井のゴールで追いつき横浜FMと分ける どちらも中断明け3試合連続ドローに

こけまりログ

2014/07/26 【スタジアム観戦情報まとめ】2014/07/27 J1第17節 名古屋グランパスvs.横浜F・マリノス@名古屋市瑞穂陸上競技場
 
 

ネットニュース・Weblog

カナロコ

スポーツニッポン

俊輔5戦ぶり弾!40歳盟友引退試合「自分も燃え尽きるまで」

 横浜の中村主将が5月10日の鳥栖戦以来、5試合ぶりの今季2得点目を決めた。前半24分、W杯日本代表・斎藤の左クロスに右足を合わせ先制。それでも、後半に失点しドローに終わった。

 この試合はチームの功労者であるドゥトラの引退試合。「最後だし、勝てれば良かったけど…。自分も何歳までやるか分からないが、燃え尽きるまで頑張れれば」と、40歳まで現役を全うした盟友に刺激を受けていた。

ニッカンスポーツ

横浜ドゥトラ「全力で」引退試合フル出場

 横浜DFドゥトラ(40)の引退試合でMF中村俊輔(36)が先制ゴールを決めた。

 前半24分、横浜MF斎藤学(24)のクロスをMF中村俊輔(36)が右足で流し込み先制ゴールを決める。

 前半はドゥトラら横浜守備陣の堅い守りで名古屋のシュートを1に抑え込み1点リードで前半を折り返す。

 後半も名古屋の俊足MF田鍋陵太(21)と張り合い攻撃の目をつむなど40歳と思えない動きでフル出場を果たした。

 試合を終えたドゥトラは「個人的にはトレーニングから試合まで全力でやってきた。とりあえず6カ月は休んで、指導者を目指してがんばります」と充実した表情を見せていた。

サンケイスポーツ

横浜M・ドゥトラ、現役最後の試合「今度は指導者を目指したい」

 J1第17節(27日、名古屋1-1横浜M、瑞穂陸)横浜Mはこの試合を最後に、現役を引退する40歳のDFドゥトラがフル出場した。守備では体を張り、攻撃では何度も起点になった。

 試合後はサポーターから花束を贈られた。「ゆっくり休んでから今度は指導者を目指したい」と新たな夢を語りピッチを去った。樋口監督は「年齢に関係ない動き。多くの財産を残してくれた」とチームの功労者をたたえた。(共同)

スポーツ報知

中日スポーツ

デイリースポーツ

ゲキサカ

名古屋vs横浜FM 試合記録

「みんなに感謝したい」、40歳超人ドゥトラは現役最終戦で90分フル出場

 名古屋グランパス対横浜F・マリノスの一戦は、1-1の引き分けに終わった。両チームともこれで3試合連続のドローゲームになった。

 横浜FMは6月12日に40歳DFドゥトラが、7月末をもって現役を引退することを発表。この日の名古屋戦を最後にブラジルに帰国することを明かしていた。2001年に加入し、一度はチームを離れながらも2012年に復帰し、長年左サイドを守り続けた功労者の最後の試合を見守ろうと、敵地にも関わらず、たくさんのマリノスサポーターが名古屋に詰めかけた。

 先制もマリノスだった。前半24分、右サイドからのクロスはファーまで流れるが、拾ったMF齋藤学が切り込んでマイナスに折り返す。これをMF中村俊輔が右足で押し込み、幸先よく先制に成功した。

 その後も優位に進めたのは横浜FMだった。名古屋は前半アディショナルタイムにMF田口泰士がファーストシュートを放つのがやっと。後半開始からFW永井謙佑とFW松田力を投入。リズムに変化を与え、何とかか反撃のチャンスを伺った。

 するとようやく後半37分、直前に3枚目のカードとして投入されていたMF田鍋陵太の突破からCKを獲得すると、FWレアンドロ・ドミンゲスが精度の高いキックを蹴り入れる。DF矢野貴章がコースを変えると、ゴール前にいた永井が頭で押し込み、同点。降格圏までぎりぎりのところにいる名古屋が何とか勝ち点1を積み上げた。

 対する横浜FMはドゥトラ引退試合を勝利で飾ることは出来なかった。しかしドゥトラは2試合連続のフル出場を果たすなど、最後まで諦めないプレーを続けた。「最後を勝利で送り出そうとしてくれるみんなの気持ちは感じていた。結果は残念だったが、みんなに感謝したい」。現役生活にピリオドを打った40歳の超人は、充実感を漂わせていた。

サッカーキング

今週の他会場など

[スポニチ]6戦勝ちなしC大阪 怒りのフォルラン 本拠サポは「BOO!
(´-`).o0(暑いとサポーターもいつもより熱くなります…)

[スポニチ]神戸が今季ワースト5失点 本拠で屈辱、ブーイングの嵐
(´-`).o0(暑いとサポーターも…)

[サンスポ]大宮、最下位徳島に完敗…試合後サポーターが居座り騒動に
(´-`).o0(暑いと…)
 
 

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る