横浜F・マリノスと日産、シティ・フットボール・グループと資本提携まとめ

Pocket
LINEで送る

横浜F・マリノスと日産、シティ・フットボール・グループと資本提携まとめ

アンカー(目次)

1.公式リリースログ
2.Webログ
 

 

公式リリースログ

2014/05/20[日産]日産自動車と横浜F・マリノス シティ・フットボール・グループとパートナーシップを締結

日産自動車と横浜F・マリノス
シティ・フットボール・グループとパートナーシップを締結
横浜F・マリノスの成長に向けた新たなビジョンを公表

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は20日、シティ・フットボール・グループ(CFG)とパートナーシップを締結することを発表しました。これにより、世界的なサッカーネットワークであるCFGが、横浜F・マリノスの少数株主となります。今回のパートナーシップは、Jリーグのサッカークラブに対して国外から有用な投資が行われる初めての例であり、横浜F・マリノスと日本の才能あるサッカー選手にとってグローバルな新しい機会となるものです。

このパートナーシップでは、CFGが横浜F・マリノスと協力し、横浜F・マリノスに、今までのJリーグにはなかった世界レベルのサッカーのインフラおよびネットワークを提供します。これらは、先頃、3シーズンで2度のプレミアリーグチャンピオンとなったマンチェスター・シティFCのチームなど、高い評価と真の成功を実現しています。

日産の社長のカルロス ゴーンは、「横浜F・マリノスは、豊富な歴史を持つ素晴らしいサッカークラブで、日産と手を携え成長してきました。私たちは共に、CFGのグローバルなサッカーインフラが横浜F・マリノスに機会をもたらし、ファンをワクワクさせると考えています。今回のパートナーシップは、横浜F・マリノス、そのホームタウン、さらに日本のサッカーの成長に貢献するものとなるでしょう。」と述べました。

シティ・フットボール・グループのCEOであるフェラン・ソリアーノは、以下のように述べました。「私たちは、横浜F・マリノスへ投資を行い、その成功を積み重ねる一翼を担うことができることに非常に興奮しています。私たちは、サッカー、マーケティング、メディアおよびビジネスの発展について、シティファミリーの全てのクラブにおいて、共同で総合的なアプローチを提供していることを誇りに思っています。それと同時に、各クラブが、それぞれの地域コミュニティに深く根付き、投資を行っており、それぞれのサポーターたちと結びつき、つながりを持っていることにも誇りを感じています。私たちは今回の協力関係が始まることを非常に楽しみにしていす。」

この世界的に革新的なビジネスとスポーツのパートナーシップは、4度のアジア王者でありJリーグでは3回チャンピオンとなった横浜F・マリノスに、ユース、女子チームを含むバークレイズ・プレミアリーグのチャンピオンであるマンチェスター・シティFC、メルボルン・ハートFC、ニューヨーク・シティFCから成るCFGのグローバルなネットワークの深い知識と経験を提供します。今回のパートナーシップにより、横浜F・マリノスは、CFGのトレーニング方式、メディカルケア、スポーツサイエンス、チームマネジメント、コーチングのノウハウを利用することが可能になります。これにより、日本の若い選手たちにやる気を起こさせ、世界レベルのチームなるという日本代表チームの取り組みにおいて、横浜F・マリノスの大きな貢献が期待できます。

横浜F・マリノスの社長である嘉悦朗は、「今回のパートナーシップは、横浜F・マリノスへの支持を高め、その成長を促進させる素晴らしい機会です。これにより、地域コミュニティにおける、若者のスポーツへの投資や観客動員数の増加につながるとともに、さらに、国際的にもより多くのスポンサーを引き付け、日本代表チームの取り組みを支援することになります。過去4年間、私たちは日本でトップのクラブとなるという明確な目標の下、クラブ内で大幅な改革を実施し、それを成功させました。そして今、私たちはその成功を基にCFGと共に、横浜F・マリノスをアジアそして世界の舞台に導くことができることを楽しみにしています。」と語りました。

横浜F・マリノスは、1999年以来、日本代表チームに16名の選手を送り込むなど、すでに素晴らしい貢献をしてきています。先日も、齋藤学選手が今夏のトーナメントに向け日本代表チームに選出されています。今回のパートナーシップにより、選手の採用、育成、練習、成長のためのサポートが提供され、横浜F・マリノスおよび日本のサッカーの成長をサポートする優れたオペレーションが提供されます。

日産は、グローバルブランドとして、新しい発想でワクワクをお客様に提供するというブランドエッセンスを掲げており、これはシティ・フットボール・グループと共有するものです。両者は、この共通の目的を掲げ、今後数か月の間に、グローバルな協力のさらなる機会を探っていきます。

以 上

 
 
2014/05/20[横浜F・マリノス]シティ・フットボール・グループとパートナーシップ締結に関するお知らせ

この度、横浜マリノス株式会社は、マンチェスターシティFCのホールディング会社であるシティ・フットボール・グループと資本提携を伴うパートナーシップを締結しましたので、お知らせ致します。

横浜F・マリノスは、2010年以来、様々な改革に取り組んで来ました。

その結果、チーム成績に関しては2004年の優勝を最後に低迷していたリーグ戦の順位も着実に上昇し続け、昨年は惜しくも最終戦でタイトルを逃がしましたが、年間を通して優勝争いを繰り広げることが出来ました。また、天皇杯に関しては、21年振りにタイトルを獲得することが出来ました。

経営面でも、例えば入場者数は2009年までの減少傾向に歯止めをかけ、特に昨年は、過去最高の平均入場者数を達成しましたし、最終戦では、ファン・サポーターの皆さまのご協力もあって、Jリーグ記録となる62,632人もの入場者数を実現しました。

それらの結果、実質的な売上高は過去最高を達成し、収益も劇的に改善することが出来ました。

しかし、私たちがJリーグはもちろん、アジア、さらには世界のサッカークラブの中で成績、経営の両面で優れた実績を出し続けるためには克服すべき課題も多く、従来の延長線上の改革だけでは限界があると言わざるを得ません。

今回のシティ・フットボール・グループとの資本提携は、この限界を越えて行く強力なエンジンになると確信しています。シティ・フットボール・グループの持っている優れたチーム作りや、経営基盤の強化に関する優れたノウハウを可能な限り吸収し、成長を加速して行きたいと考えています。

これからの横浜F・マリノスにご期待ください。

横浜マリノス株式会社 代表取締役社長
嘉悦朗

 
 
2014/05/20[Manchester City FC]CFG announce new partnership with YF Marinos

City Football Group today announced an investment and partnership which will see the global football network become a minority shareholder of the Yokohama F Marinos (YF Marinos).

The deal represents the first significant foreign investment in a J-League soccer club and has been designed to create new global opportunities for the YF Marinos and Japanese soccer talent.

The deal will see CFG collaborate with YF Marinos, exposing them to a world-class soccer infrastructure and network not seen before in the J-League but that has achieved popular acclaim and real success with teams like Manchester City FC, recently crowned Premier League Champions for the second time in three seasons.

“The YF Marinos is an excellent soccer club with a rich history which has grown hand in hand with Nissan. Together we see opportunities that CFG’s global soccer infrastructure will bring to the club and the excitement it will bring to the fans,” said Carlos Ghosn, Nissan President and CEO. “This partnership will contribute to the growth of the club, the growth of our shared hometown, Yokohama, as well as Yokosuka and Japanese soccer.”

“We’re thrilled to be able to play a role in investing and building on the on-going success of YF Marinos,” said Ferran Soriano, CEO, City Football Group. “We are proud to offer a collaborative and integrated approach to the football, marketing, media and commercial development of all the clubs in the City family.

“At the same time, we are proud that each of our clubs is firmly rooted and invested in its local community as well as connected and engaged with its supporter base. We are very much looking forward to starting our collaboration.”

The globally innovative partnership between business and sport will provide the four times Asia champions, and three times J-league champions, in-depth knowledge and experience across the CFG global network which consists of the new Barclays Premier League Champions Manchester City with its senior, youth and women’s teams, Melbourne Heart and New York City Football Club.

In forming this partnership, YF Marinos will gain unrivalled access to CFG’s training methods, medical care, sport science, team management and coaching know-how, providing a motivational draw for young Japanese players and placing the club in pole position to support the national team efforts of creating a world-class team for the future.

Akira Kaetsu, YF Marinos President commented: “This collaboration presents a fantastic opportunity to boost the support and growth of our club, not only in the community through youth sport investment and increased attendance, but also internationally by attracting more sponsors and supporting the national team efforts.

“Over the last four years we have undergone significant reform within the club with the clear goal of becoming a leading club in Japan and we have achieved our target successfully. Now, alongside CFG we look forward to building on that foundation to take YF Marinos into the wider Asian and World arenas.”

YF Marinos has already established an impressive contribution to the national team with 16 players from YF Marinos having played for Japan since 1999 and with Manabu Saito recently being confirmed as part of the national team for this summer’s tournament. This new collaboration will bring operational excellence to support the growth of YF Marinos and Japanese football providing the support to recruit, develop, train and grow.

As a global brand, Nissan stands for innovation to excite their consumer, a brand essence shared by City Football Group. With this shared purpose the two partners will explore further global joint opportunities in the coming months.

 
 

Webログ

2014/05/20[NHK]J1横浜 マンC持ち株会社と資本提携

サッカーJ1の横浜F・マリノスは、クラブの経営基盤強化につなげるため、イングランドプレミアリーグの強豪、マンチェスターシティーなどを保有する「シティ・フットボール・グループ」と資本提携を結ぶことを決めました。

「シティ・フットボール・グループ」は、イングランドプレミアリーグのマンチェスターシティーをはじめ、アメリカやオーストラリアのクラブも保有する持ち株会社です。
F・マリノスと資本提携して20%未満の株式を保有する少数株主となり、マンチェスターシティーの練習方法や医療面などのノウハウを提供するということです。
Jリーグのクラブに外国の資本が投資するのは異例で、F・マリノスは今回の資本提携で経営基盤の強化につなげていくねらいです。
F・マリノスの嘉悦朗社長は「若者のスポーツへの投資や観客動員数の増加につながるとともに、国際的にもより多くのスポンサーを引きつけることになる」とコメントしました。
また、シティ・フットボール・グループ側には、今回の提携を日本市場やアジア市場への進出の足がかりにするねらいがあるとみられます。

2014/05/21[横浜御用牙RSV 清義明のブログ]マンチェスターシティとの資本提携(株式売却)の意味 -マリノスは事実上日本最初の多国籍企業クラブである

2014/05/21[NO FOOTY NO LIFE]【海外の反応】シティサポ「中村俊輔が部分的にうちのものに」横浜Fマリノス,マンチェスターシティ持株会社と資本提携!
 
 

 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 
 

Pocket
LINEで送る