【Weblog】2013/08/17 J1第21節 FC東京vs.横浜F・マリノス@味の素スタジアム

Pocket
LINEで送る

こけまり

【俺メモ】2013/08/17 J1第21節 FC東京vs.横浜F・マリノス@味の素スタジアム
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

試合レポート | 2013 J1 第21節 横浜F・マリノスvsFC東京
選手コメント

中村 俊輔
「FC東京とは、前回の対戦がシーソーゲームだったし、アウェイなので難しい試合になるかなと思った。シュート数は、ウチから見て7本対9本だったけど、ウチは決めるところで決められた。
前半の1点目が大きかった。後半、少し足が止まったけど、我慢して体を張ったので、決定的なピンチもそんなになかったと思う。
後から入ってきた小椋、奈良輪は地味だけれど、すごく頑張ってくれた。1点目では、仁が仕事をしてくれたし、彼も自信になったと思う。
今日は、学が出ることなく勝てたのも大きい。競争力アップにもなると思う。これからリーグ終盤、メンバーの誰がケガをするかも分からない。主力がいなくても、違う戦い方ができるようになればいい。
今日はクローザーとして小椋が頑張ったし、アンドリューも出てくるだろう。あと、比嘉君もね(笑)」

兵藤 慎剛
「トラップした瞬間、イメージどおりにいけました。仁がスルスルと、いいところに顔を出すのも見えましたし。相手の股にパスを通すことができました。たぶん相手も反応できなかったと思います。シュートは当たり損ないというか、思ったより強く打てなかった。でも、そのぶんキーパーもタイミングがずれて、コースに入ったのかなと。とりあえず、良かったです。
今のチームは、前の選手による攻守の切り替えが命。ファースト・ディフェンダーが効いていれば、基本的に今のチームはやられることはないと思う。その分、ジンと俺の走る距離が長くなったりしますけど。
でも、最後までもたなかったのは、自分の中で納得いかないです。次はどんだけ走り回っても、足がつらないくらい頑張りたいんですが、なかなか湿度が…。でも、俊さんがああいうところでも、3回切り返してシュートを決めるくらいだから、そういう意味で、僕らは俊さんよりも若いので、自分らが引っ張れるようやっていきたいです。
今年は、決めるべきところで、決めるべき選手が決められているのがチームが好調な一番の要因だと思います」

奈良輪 雄太
「今日は、うまく試合に入れなかった。リードしている状況で、学ではなく僕が入るということは、守備が求められるということ。ボールを何回かさわったけれど、そこから自分のリズムをつくれませんでした。
ここまで結構、出場数が多くなってきて、いろんなポジションをさせてもらっているけど、後ろのポジションは落ち着いてやれる分、前めのポジションはまだまだムラがある。
練習のなかでは意識してやっているんですけど、試合の中でもやれないといけないと思います」

J’s GOAL ゲームサマリー

2013 J1 第21節 F東京 vs 横浜FM(味スタ)
選手コメント

●中澤佑二選手(横浜FM):
「完封は気持ちいい。4バックとカンペイ(富澤)でしっかりと守ることができていた。後半はボールを持たれすぎてしまった。持たれることは悪くないが、そこから奪った後にカウンターで決めきるところや、プレーをやりきることを意識しないといけない」

●栗原勇蔵選手(横浜FM):
「ここ最近、無失点に抑えていなかったので守備陣もモヤモヤしていた。だから、力のあるチームを抑えられてよかった。(中村選手のゴールは)スゲーなって思いました。代表については、Jリーグでいいプレーをしてその後に代表がある。アピールする場所は、ここしかないので毎試合全力でアピールしていければいいと思っている」

●中村俊輔選手(横浜FM):
「アウェイでのシーソーゲームだった。難しい試合になると思っていたし、実際にシュートの本数も7対9だったので、決めるところを決められた試合だったと思う。後半は足が止まったけど、最終ラインが体を張って決定機もなかった。後半から入った選手もしっかりと走った結果だと思う。全員が共通理解を持ってやることができている。去年、8月末に連敗しているので、全員がいいコンディションと、いいメンタルで臨んでいきたい。ゴールは練習でやってきたことができた。それよりも1-0であの時間帯までいったことが大きい。それは後ろの選手に感謝したい。サポーターには、ホームでもアウェイでも暑い中応援してもらっているので上にいけたらなと思う」

Twitter

YouTube


2013/8/17 J1第21節 FC東京戦@味の素スタジアム


2013 J1 第21節 FC東京VS横浜F・マリノス 08/17/13

ネットニュース・Weblog

[カナロコ]
横浜M:集中力切らさず完封/FC東京戦から

 後半44分にMF中村がダメ押し弾をたたき込んだ直後のシーンに、横浜M守備陣の覚悟が示されていた。「1点も決められたくなかった。無駄な体力は使わない」。決して歓喜の輪に加わろうとしなかったDF栗原。最後まで集中力を途切れさせず、8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 相手は攻撃サッカーを旗印とするFC東京。だが決して引かなかった。15得点と絶好調の相手FW渡辺に対しても、最終ラインを高く保つ。

 栗原、中沢の両センターバックが球際で激しくやり合えば、こぼれ球を中町、富沢の両ボランチが素早く対応する。ボールを失ってもMF中村、FWマルキーニョスは懸命に追った。

 「前から相手の良さを消して、DF陣も相当頑張った」とGK榎本。懸念だったセットプレーの陣形にも微調整を加え、マークの確認も怠らず。ここ5試合で4勝1分けの好成績にも、チームは一丸となって完封に向けて走り抜いた。

 今季2度目の3連勝。「きょうはゼロに抑えたのが大切。我慢が違う形でできたね」と主将中村の声は弾み、樋口監督も「暑い夏を調子を維持しながら乗り切りたい」とうなずく。

 堅守を誇ってきた名門らしい勝ちっぷりで、横浜Mが第7節以来の首位に返り咲いた。

[スポニチ]
35歳足止まらず!横浜“俊輔劇場”で4カ月ぶり奪首に成功

 横浜はまさに俊輔劇場だった。35歳の大黒柱が、大車輪の活躍でチームを4月26日以来113日ぶりの首位へと押し上げた。

 前半31分に絶妙のスルーパスで先制点の起点になると、圧巻は1―0の後半44分。マルキーニョスからゴール中央でパスを受け、3度の鋭い切り返しで相手DF陣をクギ付け。最後は左足を振り抜いた。「練習でやっている形」。本人は事もなげに振り返ったが、ゴール左隅に強烈なミドル弾を突き刺した瞬間、場内は「オー」という感嘆の声が響き渡った。それほど美しい得点だった。

 気温28度と酷暑の中で行われた試合。後半に入ってほとんどの選手の足が止まる中、背番号25の運動量はまったく落ちなかった。ホームゲームでは、誰よりも早く控室を後にしてクラブハウスに直行。血行増進効果のある温冷交代浴を行い、いち早い疲労回復を心がける。試合前日に体が重いと感じれば、全体練習後に1対1の練習など激しいトレーニングで微調整。さ細な体の変化も見逃さず、一切妥協しない。それが今もまったく衰えを知らない中村の体を支えている。

 これで6試合負けなしの3連勝。首位に立った。しかしこの日の先発メンバーの平均年齢は31・09歳とチームにはベテランが多く、昨季は夏場の疲労がピークになる8~9月に3連敗し上位争いから後退しただけに、中村も「首位はまったく気にしない。去年のように3連敗しないように一試合一試合戦っていきたい」と、04年以来9年ぶりのタイトル獲得へ気を引き締めた。

[ニッカン]
【横浜】首位浮上に中村「ヨレヨレ」/J1

 横浜が3連勝を飾り、約4カ月ぶりに首位に返り咲いた。

 前半31分に、MF兵藤慎剛(28)がMF端戸とのワンツーから先制ゴール。後半は東京に6本のシュートを浴びるなど反撃されたが、ロスタイム突入間際の44分、MF中村俊輔(35)がペナルティーエリア手前から3度切り返す巧みなフェイントを見せ、最後は左足でゴールネットを揺らした。

 スーパーゴールにも、中村は「練習でやってたことが、たまたまできただけ。ヨレヨレだったけど、うまく切り返せた」と冷静に振り返っていた。

[スポーツ報知]
【横浜M】俊輔、神業ダメ押し弾!113日ぶり首位浮上

◆J1第21節 F東京0―2横浜M(17日・味の素スタジアム) 鳥栖は日本代表FW豊田陽平(28)が後半29分に決勝ゴールの活躍で、大宮を2―1で破った。C大阪は同FW柿谷曜一朗(23)がダメ押しゴールを決め、清水に4―1と大勝。14日のウルグアイ戦で不発に終わった代表1トップの2人が雪辱を果たした。浦和は0―3から大分を4―3と逆転勝ち。F東京を2―0で破った横浜Mが広島に代わり、首位に立った。

 横浜MがMF中村の神業ゴールで、4月26日以来113日ぶりに首位に立った。1―0で迎えた後半44分だ。ゴール前でパスを受けた背番号25は、右へ左へ3回の切り返しで相手DFをかわしてシュート。ボールはきれいな弧を描き、ゴール左上隅に突き刺さった。

 「もうヨレヨレだった」。試合後の俊輔は苦笑いだったが、後ろで見ていたDF栗原は「いや、すげえなって」と驚くばかり。サポーターも「我らが誇り、ウルトラレフティー」と、司令塔へのチャント(応援)をいつまでも鳴り響かせた。

 この日の先発平均年齢31・09歳のベテランたちは、失点の多い日本代表のお手本となるような試合運びを見せた。5月25日の鳥栖戦以来8試合ぶりの完封。F東京にボールを持たれる時間が長かったが、40歳のDFドゥトラ、35歳の俊輔らが懸命にボールを追った。最終ラインはしっかり1対1を制す。時には自陣でボールを回しながらチャンスをうかがい、カウンターで2点を奪った。

 首位になり「順位は上の方が気持ちいい」と俊輔。現在、横浜Mに日本代表はいない。3人の代表を擁するF東京に完勝した百戦錬磨の男たちが04年以来のリーグ制覇へひた走る。

[サンスポ]
横浜M奪首!俊輔、先制おぜん立て&技あり弾

 J1第21節(17日、FC東京0-2横浜M、味スタ)熱帯夜を35歳がさらに暑くした。横浜Mの元日本代表MF中村俊輔が2戦連続弾を決めるなど、全得点に絡む活躍。2-0の勝利に貢献し、チームを4月20日の第7節以来となる首位に導いた。

 「最後はよれよれだったけど、うまく足に(ボールが)乗ってくれた。練習で繰り返しやってきたプレーができました」

 1-0の後半44分。ゴール前で相手選手を3回切り返しでかわし、左足シュート。ゴール左へ突き刺した。前半31分にもゴール前へ正確なパスを入れ、MF兵藤の先制点をおぜん立てした。

 スコットランドのグラスゴーにあるセルティックの公式ショップで4月、かつて所属して活躍した選手をたたえるため、サイングッズが限定で販売された。俊輔のレプリカユニホームも陳列され、「選ばれて光栄に思う」。サポーターを感動させるプレーの輝きは、今も変わらない。

 「首位はまだ気にならない。昨年も8月に3連敗したし…。まだまだ、これから」。2004年以来のリーグ制覇へ、俊輔が引っ張る。 (宇賀神隆)

[デイリー]
横浜Mが完封勝ちで首位

 「J1、FC東京0‐2横浜M」(17日、味スタ)

 横浜Mが完封勝ちし、首位に立った。

 横浜Mは前半31分、ゴール前の混戦を細かなパスで崩してMF兵藤が右足で先制点を奪った。

 リードして折り返した後半は、FC東京に押し込まれる場面が増えたものの、DF中沢、栗原ら守備陣が踏ん張って無失点。後半44分にはカウンターから主将のMF中村が左足でトドメを刺した。3連勝で、リーグ5戦無敗(4勝1分け)。広島が引き分けたため、首位に立った。

 追いかける展開となったFC東京は、後半から攻撃陣の枚数を増やすなど反撃したが、最後までゴールは遠く、3戦ぶりの無得点。連続無敗も6試合でストップした。

[ゲキサカ]
F東京vs横浜FM 試合記録

試合巧者の横浜FMが俊輔の弾丸ミドルなどでF東京を撃破…首位浮上

[8.17 J1第21節 F東京0-2横浜FM 味スタ]

 J1は17日に第21節を行い、7位のFC東京は2位の横浜F・マリノスと対戦した。F東京は6試合無敗(3勝3分)、対する横浜FMは5戦無敗(4勝1分)と、両チームともに好調の中で迎えた一戦は、前半31分に横浜FMがMF兵藤慎剛のゴールで先制する。後半に入り、F東京もMF三田啓貴を起用して反撃に出るが決定機を生かしきれない。逆に後半44分、横浜FMは速攻からMF中村俊輔が試合を決定づける2点目のゴールを左足で叩き込んだ。このまま試合は終了し、2-0で横浜FMが勝利。8試合ぶりの完封で、6戦無敗となった。広島が名古屋と引き分けたため、首位に浮上した。

 F東京はDF加賀健一がスタメンに入り、出場停止明けのMF東慶悟も先発に復帰した。対する横浜FMは、前節の鳥栖戦(2-1)と同じスターティングメンバーで試合に臨んだが、3日の湘南戦で負傷したMF齋藤学もベンチに戻っている。
[スタメン&布陣はコチラ]

 両チームが球際に激しく行き、序盤は試合が落ち着かない。その中で横浜FMはMF中村俊輔のアーリークロスやセットプレーからチャンスをつくる。F東京も前半18分には東のボールキープから右のDF徳永悠平にパス。徳永がPA内でルックアップし、パスコースを探したが、見つけられない。攻め上がったMF高橋秀人にボールを落とす。高橋がミドルシュートでゴールを狙ったものの、枠を大きく外れ、得点を挙げることはできなかった。

 膠着した展開の中で、前半31分に横浜FMが先制点を挙げる。MF中村俊輔からの縦パスから、MF端戸仁の落としを最後は兵藤がゴールに蹴り込み、1点を先行した。その後も堅守でF東京を攻めあぐねさせた横浜FMは、同40分にもMF中町公祐の縦パスを端戸が折り返す。スピードのある速攻から最後はFWマルキーニョスが強烈なシュートでゴールを狙ったが、枠を捉えることはできなかった。

 後半の開始から、F東京は高橋に代えて、三田を右SHで起用する。三田は後半5分に右サイドをドリブルで突破し、CKを獲得するなど、前線に活力を加えた。一方、速攻を狙う横浜FMも同8分には、端戸のロングボールを起点に速攻を仕掛け、マルキーニョスがPA内で倒れたが、ダイビングと判定されてイエローカードを提示された。

 三田の勢いあるプレーに引っ張られて圧力を強めるF東京。後半14分にMF長谷川アーリアジャスールがドリブルで仕掛けると、PAのすぐ外で倒されてFKを獲得する。しかし、東のシュートは壁に当たって右からのCKになる。このCKの流れからボールは左サイドに行き、DF大田宏介のクロスに三田がヘッドで合わせたが、ゴールマウスにボールを飛ばせない。

 後半20分には横浜FMも決定機をつくる。右サイドからDF小林祐三の挙げたクロスに、ファーサイドでマルキーニョスが合わせたが、ゴール左へ外れて行った。同24分に横浜FMは端戸に代えて、DF登録の奈良輪雄太を左SHで起用。兵藤を右に配置した。同29分には右サイドに流れた中村が、ルーカスをドリブルで抜き、シュートに持ち込む。しかし、GK権田修一のセーブに阻まれて、追加点を挙げることはできなかった。

 F東京のランコ・ポポヴィッチ監督は後半31分、東に代えてMF石川直宏を左SHに投入し、ルーカスをトップ下に置いた。同39分にはルーカスの縦パスを三田がダイレクトで叩き、石川が1トラップから右足のシュートに持ち込んだが、わずかに左へと外れて行った。

 なおも攻めるF東京は後半41分、右サイドを突破した徳永の折り返しに、渡邉が飛び込んだが、わずかに合わなかった。同42分に両チームのベンチが動く。F東京は最後の交代枠でFW林容平を起用すると、横浜FMは兵藤を下げて、MF小椋祥平をそのまま右SHに入れた。

 押し込まれた横浜FMだったが、後半44分に中村が試合を決める。自陣からのカウンターに出ると、前線でマルキーニョスがボールをキープ。そこから中村にボールを渡す。PA外でDFと対峙した中村は、ゴール前で何度か切り返しを入れて、左足でシュートを放つ。これがゴール左上に突き刺さり、横浜FMが勝利を決定的にする2点目を挙げた。ロスタイムには、MF富澤清太郎に代えてDF天野貴史を起用した横浜FMが2-0で勝利し、勝ち点を44に伸ばしている。

(取材・文 河合拓)

[サッカーキング]

[ドメサカ板まとめブログ]
【J1第21節】横浜FMがFC東京下し首位に浮上!俊輔巧みなフェイントからゴール決める

中村俊輔「40歳がいるわ、37歳のストライカーがいるわ、モジャモジャの頭がいるわ。そういうプロフェッショナルがいる」

[footballnet]
中村俊輔がゴールを決めるもゴラッソかコネすぎか判断わかれる

今週の他会場など

[Samurai GOAL]【画像】CLプレイオフ シャルケの対戦相手PAOKのサポーターが危険すぎる!!
(´-`).o0(これはいかん!でも涎が…)

[footballnet]ベガルタ仙台サポが柏レイソルに向かって「ベガルタの分までACLを勝ち進め!」と弾幕掲げる(画像あり)
(´-`).o0(ナビスコ(準々決勝vs.横浜)はいいから、ACLでがんばって!)

[フットボール速報]C大阪・柿谷曜一朗、清水DFヨンアピンの悪質ファウルに激怒 「あれは絶対に許されへん。膝を見て足を振り下ろしてきた」
(´-`).o0(これは痛い…)
 
 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 

Pocket
LINEで送る