【Weblog】2013/05/25 J1第13節 サガン鳥栖vs.横浜F・マリノス@ベストアメニティスタジアム

Pocket
LINEで送る

こけまり

【俺メモ】2013/05/25 J1第13節 サガン鳥栖vs.横浜F・マリノス@ベストアメニティスタジアム

【地元紙より】2013/05/25 J1第13節 サガン鳥栖vs.横浜F・マリノス@ベストアメニティスタジアム
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2013 J1 第13節 横浜F・マリノスvsサガン鳥栖
選手コメント

マルキーニョス

「暑さもあったし、自分たちのサッカーをやらせてもらえなくて、難しい試合でした。ただ、結果として勝利を収めることができて、いいプレーも出ていたので、全体的にいい試合だったと思います。
この5連戦の中では、今日が一番、自分もチーム全体としても動けている試合だった。全員が、中断期前の最後の試合で結果を出して、休みに入ろうという同じ認識で臨むことができました」

齋藤 学

「今日は、カンペーさんに、もっていかれました(笑)。いいところで決めてくれたなと。自分のところで決められれば良かったんですけどね。そうならなかったのは残念でしたけど、自分のところで起点をつくったり、いい流れをもってこられたかなとは思うので、これからはその回数を増やしたい。
オフに入りますけど、韓国遠征があるので、しっかりそこで結果を残したいと思います。
今日は暑かったですけど、そんなに影響はなかったですかね。別にそんなに運動量が少なかったわけではないですし、鳥栖にも走り負けていなかった。
今日は鳥栖に合わせないようにした。蹴るサッカーに合わせないように、自分たちのサッカーをやろうという感じでした」

ドゥトラ

「今日は勝てて良かったですね。これで中断期間を安心して休むことができる。
試合はなかなか難しかった。相手のやり方は分かっていた。長いボールを蹴ってくることと、サイドに速い選手がいることが分かっていたので、そこをしっかりケアした。
試合の前半は特に難しかったが、途中からしっかりゲームをコントロールすることができて良かったです」

J’s GOAL ゲームサマリー

2013 J1 第13節 鳥栖 vs 横浜FM(ベアスタ)
選手コメント

●富澤清太郎選手(横浜FM)
「(ゴールのシーンは、中村が蹴った)ボールの軌道やどこに蹴ってくるのか、あとはフォームを見てを自分なりに読みながらアクションを起こしました」

●中村俊輔選手(横浜FM)
「膝はねじった感じになったけど大丈夫。ロングボールが多いチームが相手で、昨年のイメージもあって相手のイメージ通りの前半だったのかなと。でも昨年の途中から耐えることも覚えてきた。中澤やファビオ、小林が跳ね返してくれる中で、中澤が豊田君と競ったあとのトップ下の選手に小林が付ききれないというようなことがないように、途中で指示しながらゲームの中で対処ができているのが良かった」

Twitter

(´-`).o0(none)

YouTube


013 J1第13節 サガン鳥栖vs横浜F・マリノス


中村俊輔プレー集 2013 J1第13節


2013/5/25 J1第13節 サガン鳥栖戦@ベストアメニティスタジアム

ネットニュース・Weblog

[カナロコ]
横浜M:輝き増すベテラン勢/鳥栖戦から

 虎の子の1点を守り切り、中断前の一戦を白星で飾ると、主将の中村は両拳を突き上げた。けがなく公式戦全19試合に出場を果たし「乗り切れたのは大きい」と、34歳は実感を込めた。

 中村だけではない。先発の平均年齢は30・7歳と高めだが、照りつける太陽にも、厳しい日程にも、ハードワークが売り物の鳥栖にも負けなかった。序盤に押されても「おっさん」(中村)たちは慌てない。39歳のドゥトラが、37歳のマルキーニョスが、足を止めずつぶした。

 的確な読みもさえた。選手同士で話し合い、途中からロングボールの対応にMF富沢が加わった。「対処法ができていた」と中村。鳥栖のエース豊田に、最後まで仕事をさせなかった。

 開幕からクラブ新記録の6連勝を樹立するなど上位をキープ。ナビスコ杯は2年ぶりに8強入りした。30歳を超えると「ベテラン」と呼ばれ、世代交代を進める風潮に一石を投じており、樋口監督は「ここまでの頑張りに感謝したい」と頭を下げるばかりだ。

 年を重ねてなお輝きを増す選手たち。中断期間に若手が台頭し、補強で選手層に厚みを増せば、2004年以来のタイトル獲得も見えてくる。

[スポニチ]
俊輔 FKアシストで勝ち点3獲得!首位大宮を追走

 横浜のエース中村俊輔(34)が得意の左足一発で鳥栖を沈めた。後半32分、ゴール中央約30メートルで得たFK。スピードを殺しフワッと浮かしたボールを入れると、走り込んできたMF富沢が頭で合わせた。気温30度を超す悪条件の中、昨季敗れたピッチで貴重な勝ち点3を獲得。樋口監督は「本当に大きい勝利」と手放しに喜んだ。

 実はFKには布石があった。前半24分、最初のFKでブレ球を蹴った。ゴールにはならなかったが、ファンブルしたGKに強烈な印象を与えた。そしてゴールシーン。中村は蹴る直前、中沢の負傷で途中出場のファビオと富沢に「GKの前にフワッとしたボールを蹴るからそこに走り込んで」と指示。さらに、ブレ球と同じ助走で蹴ると、相手GKは一歩も出られなかった。「ちょっとした工夫で入る。やっぱりセットプレーは怖いね」。狙い通りの得点に、中村もしてやったりの表情だ。

 中断前最後の試合をものにして2位をキープ。中村は「キャンプ(6月10~15日、新潟)ではビデオで今までの試合を見直して、現状をみんなにしっかり再認識させたい」と9年ぶりの優勝へ何一つ妥協しないつもりだ。

[ニッカン]
俊輔 技あり!緩急FK/J1

 元日本代表の横浜MF中村俊輔(34)が、技ありFKで鳥栖撃破に貢献した。決勝点は中村の直接FKから後半32分に生まれた。前半23分にGKに阻まれたFKのブレ球シュートを修正。今度は同じ助走と軌道でボールをGK前にふわりと浮かせた。中村はキック前、「ボールの質を変えGK前に落とす」とMF富沢と打ち合わせ。その富沢が好タイミングで飛び込み、頭で決めた。

 直接FKで得点すればJ1通算17得点で、G大阪MF遠藤を抜いて歴代単独最多記録だった。更新はならなかったが、中村は「工夫で入るのがセットプレー。逆も要注意だけどね」としてやったり。試合前日は若手と「FK対決」をするのが日課だ。MF中町らFK役の若手と交互に蹴る。壁設置やボール運びなどセッティングを自ら率先して行い、若手の蹴る姿も目に焼き付ける。そんなFKの名手がこの日も輝きを放った。

[スポーツ報知]
【横浜M】栗原が仮想豪州を完封

◆J1第13節 鳥栖0―2横浜M(25日・ベストアメニティスタジアム) 横浜Mは、日本代表DF栗原が仮想オーストラリアといえる鳥栖FW豊田を完封。DF中沢が左太ももを痛め途中退場する中、得点を許さず「個で負けるつもりはなかった」と胸を張った。昨年6月2日のW杯アジア最終予選オーストラリア戦では2戦連続弾を決めたうえ、2度の警告で退場と独り舞台。「W杯出場を決めるために貢献したい」と意気込んだ。

[サンスポ]
横浜M・中沢が左太もも痛め途中交代

 J1第13節第1日(25日、鳥栖0-1横浜M、ベアスタ)横浜Mの元日本代表DF中沢が接触プレーで左太もも付近を痛め、前半39分で交代した。肩を借りてピッチを後にし、樋口監督は「詳しいことはまだ分からないが、強く打撲したようだ」と話した。

横浜M・富沢「俊輔さんはさすがです」

 J1第13節第1日(25日、鳥栖0-1横浜M、ベアスタ)横浜Mの試合運びは、落ち着いていた。後半32分のFKで、中村がゴール前に柔らかなタッチで蹴り込むと、抜群のタイミングで富沢が頭で決めた。事前に2人で打ち合わせした通りの得点に富沢は「(中村)俊輔さんはさすがです。本当にいい球がきました」と感謝しきりだった。

 その後は必死に攻めようとする相手に対し、タレントぞろいのチームは余裕の球回しで、きっちり逃げ切った。樋口監督は「冷静に、アグレッシブに勝ち取った勝ち点3は大きい」と興奮気味に話した。

 2位をキープし、中断期間へ。中村は「一人一人が強くならないと。(若手も)成長すれば、今季終わる頃にはいい位置にいける」と気を引き締めた。(共同)

[ゲキサカ]
鳥栖vs横浜FM 試合記録

「俊さんさまさま」、俊輔の高精度FKから富澤がヘッド弾…横浜FMに敗れた鳥栖は公式戦5連敗

 2位の横浜F・マリノスが敵地でサガン鳥栖を1-0で下した。鳥栖は泥沼公式戦5連敗となった。

 やはりこの男の左足が試合に決着をつけた。後半32分、FKを獲得した横浜FMはMF中村俊輔がFKを蹴り入れると、走り込んだMF富澤清太郎が頭で合わせ、ゴールネットを揺らす。「実は蹴る前に俊さんと話していていた。ボールがピタリと来た。俊さんさまさまです。本当にいいボールが来ました」。バックヘッド気味の難しいヘディングシュートを決めた富澤だったが、中村の精度の高いキックに舌を巻いた。

 開幕6連勝でスタートした今季の横浜FM。初黒星を喫してからは白星に見放される時期もあったが、8勝3分2敗の勝ち点27で中断期間を迎えた。「1-0でマリノスらしい勝ち方が出来た」と試合を振り返った富澤は、「僕たちの目標は優勝。中断期間でレベルを上げて、結果を出していきたい」と更なるレベルアップを誓った。

[サッカーキング]
2位横浜FMが敵地で鳥栖から完封勝利…終盤に決勝点を奪う

 J1第13節が25日に行われ、サガン鳥栖と横浜F・マリノスが対戦した。

 2位の横浜FMは敵地に乗り込むが、39分に中澤佑二が負傷し、交代を余儀なくされた。アクシデントがありながらも前半をスコアレスで折り返すと、後半に入るとマルキーニョスが決定機を迎えたが、先制点には至らない。

 一方、守備陣は鳥栖の豊田陽平に一対一の絶好機を作られたが、中澤に代わって出場したファビオのカバーもあり、得点を許さない。

 スコアレスの時間帯が続く中、77分に横浜FMがついに均衡を破る。右サイドで得たFKから中村俊輔がゴール前にボールを送ると、富澤清太郎がヘディングで合わせて、ゴールネットを揺らした。

 リードを奪った横浜FMは、1点差のまま逃げ切り、1-0の完封勝利を収めた。2試合ぶりの白星で勝ち点を27まで伸ばし、暫定2位を維持。鳥栖は、3連敗で勝ち点10のままとなった

 なお、J1は今節終了後に中断期間に突入。第14節は、7月6日に行われる。

[ドメサカ板まとめブログ]
【J1第13節】横浜FMが富澤弾で鳥栖に辛勝 大分磐田の裏天王山は痛み分け…各チームスレまとめ(その3)

今週の他会場など

[Samurai GOAL]【画像】ドルトムントサポーター中でシャルケのマフラータオルを掲げる美女www
(´-`).o0(川崎のタオマフした人が、アウェイ側にいました@鳥栖…男だけど)

[footballnet]浦和サポ、Jリーグ2ステージ制批判弾幕を掲げるも漢字を間違う(画像あり)
(´-`).o0(どんまい。)
 
 

 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!


ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 

Pocket
LINEで送る