【Weblog】2013/04/27 J1第8節 横浜F・マリノスvs.ヴァンフォーレ甲府@日産スタジアム

Pocket
LINEで送る

こけまり

【俺メモ】2013/04/27 J1第8節 横浜F・マリノスvs.ヴァンフォーレ甲府@日産スタジアム
 

横浜F・マリノス オフィシャルサイト

2013 J1 第8節 横浜F・マリノスvsヴァンフォーレ甲府
選手コメント

中澤 佑二

「2点目を取りに行かないとダメなんです。そこがすべてです。要は相手のDF陣に対して、ウチは全く圧力をかけられなかった。
中2日で前の試合が雨のナイトゲームで、疲労困ぱいの選手がいた。それはその選手が悪いわけではなくて、疲れはどの選手にも必ずあるわけですからね。 2点目を取れないのが、こういう結果を招くわけです。強いチームというのは1-0でリードして、したたかに2点目を取りに行く。そういうことができて初めて強いチームになる。今まで優勝してきたチームは、それができるチームですから。それができることによって、こういうゲームをものにできる。それが大事なことかなと思います」

ドゥトラ

「前半はスムーズな試合運びが出来ていなかったように思うけど、後半に入ってからはチャンスをいくつかつくれるようになってきて、決定機を何度か迎えることができた。ただ、そのチャンスを決めることができずに、最後に相手に決められてしまった。気持ち的には負けたようになってしまうが、結果は引き分けなので、下を向かず切り替えていきたいと思う。」

中町 公祐

「前回のアウェイ戦で、甲府はつないできたので、ウチの試合になったが、今日の甲府はアバウトに蹴ってきた。特に前半は、どっちのボールでもない時間帯が続いた。でも比較的競るような試合ではなかったし、やられる感じもしなかった。
ただ、最後のところが問題で、前にクリアしなければいけなかった。チーム全体として突き詰めなければいけない。ロングスローはコーナーキックを与えたのと一緒で、相手のやりたいことをさせてしまった。
青ちゃんが普段から頑張り屋だということはわかっているが、最後に彼があそこにいたというのは、ちょっと複雑な感じがしますね」

4/27 ヴァンフォーレ甲府戦イベントフォトレポート

J’s GOAL ゲームサマリー

2013 J1 第8節 横浜FM vs 甲府(日産ス)
選手コメント:

兵藤慎剛選手(横浜FM):
「ウチが2点目を取れるシーンがあったので、それで取っていれば全てが終わっていた。それができずズルズルいく、去年のような展開になった。自分たちで首を絞めて、最終的に終了間際にやられるプレーがあった。そのプレーももう少し前にクリアできたと思う。ああいう場面でスローインにしてしまったのはいけない。一つ一つのプレーで、まだまだ大人のサッカーができていない。あの状態であの時間帯だったから、確実にチームとしては守り切らないといけない」

●端戸仁選手(横浜FM):
「自分が決めていれば勝てていたので、悔しいですね。自分に決定機があった。チームを楽にする意味でも、勝負を決定づける意味でも、絶対に決めなければいけないシュートでした」

●富澤清太郎選手(横浜FM):
「今日は何も別に悪くないでしょ。最後に入れられただけでしょ。だから、俺らはそのままやり続けるだけだし、そこが強みです。
内容的には、イメージ通りにゲームを進めていました。相手は中盤でボールを奪いたいと思っていたはずなので、前半は結構ガチャガチャした感じになりました。けど、その中でも微妙なところでゲームをコントロールしていった。後半は、ほぼボールを握れた。まあ、2点目を取るところと、守り切るところだけ。他の内容はどこを修正するとか、特にないです」

Twitter

(´-`).o0(none)

YouTube


2013 J1第8節 横浜F・マリノスvsヴァンフォーレ甲府


2013/4/27 J1第8節 ヴァンフォーレ甲府戦@日産スタジアム

ネットニュース・Weblog

[カナロコ]
横浜M:崩れ去った俊輔神話/甲府戦から

 勝利は十中八九、手中にあった。それだけに受けたダメージは大きい。

 1-0の後半ロスタイム。ロングスローからの至近距離のシュートを一度はGK榎本が右手ではじいてバーに逃れたが、跳ね返りを昨季まで同僚だった甲府の青山に決められた。DF栗原は無表情で言った。「負けに等しい」。最後の最後で勝ち点3を逃し、首位の座を明け渡した。

 前半4分、MF中村が直接FKをマウスに押し込んで先制。G大阪の遠藤と並び、J1歴代最多タイとなるレフティーの記念すべき16本目のFK弾で勝ちを引き寄せた。

 その後は堅守で甲府を寄せ付けず、ピンチらしいピンチは一度もなかったと言っていい。「やられるような雰囲気はなかった」とは栗原。中村も「最後のアレは、うーん…」と二の句がなかなか継げない。

 今季ここまで背番号25の左足から始まるセットプレーで先手を取った5試合はすべて白星。その神話も崩れ去った。

 攻撃陣が3度はあった決定機を外したのも一因だろう。DF中沢は「2点目を取れないからこういう結果を招く。強いチームはしたたかに2点目を取る」と不満顔だ。

 FW斎藤が離脱し、不動のエース、マルキーニョスも試合終了間際に負傷交代した。5月3日からの23日間で7試合をこなす過密日程を前に、不安が少しだけ頭をもたげてきた。

[スポニチ]
俊輔FK弾で先制も 横浜、土壇場で追いつかれ首位陥落

 横浜は1―0で迎えた後半ロスタイムに同点弾を許し、勝ち点2を取りこぼした。開幕から守ってきた首位から陥落。前日26日に大勝し、勝ち点を20に伸ばした大宮が首位に浮上した。

 前半4分にMF中村が先制点。約35メートルの位置から直接FKを突き刺し、今季4得点目を挙げた。序盤の得点で優位に試合を進めたが、後半ロスタイムにまさかの失点。樋口監督は「勝ち点3が手からこぼれ落ちた」と悔しさをにじませ、「2点目が獲れなかった」と敗因を受け止めた。それでも、守備、試合内容には及第点を与え「下を向く結果ではない」と切り替えた。

 甲府はFW水野のロングスローからのラストプレーで、こぼれ球をDF青山がヘディングで押し込んだ。甲府は今季リーグ戦、アウェーで5試合負けなし。

俊輔 J1最多FKゴールも大先輩・木村和司氏を持ち上げる

 横浜の中村が前半4分に直接FKでの通算16点目を決め、J1最多の遠藤(G大阪)に並んだ。セットプレーで好結果を出し続けることに「キッカーを任されている責任があるから」と喜ぶ。一方で「和司さんがもっとJリーグでプレーしていたら僕が最多ではない」と前監督でもある大先輩、木村和司氏を持ち上げた。

 鋭く曲がるシュートが代名詞だが、決めたのは無回転気味の球質。ゴールまで約30メートルの正面の位置からだった。「ずっと練習していた球質。これでストレート系のキックもあると相手に思わせられる」と語った。

[ニッカン]
【横浜】俊輔FKトップタイも…/J1

 横浜MF中村俊輔(34)が前半4分、左足でFKを決めた。直接FKの成功はJ1通算16度目で、G大阪MF遠藤保仁(33)に並ぶ、トップタイ記録となった。

 中村は「FKを正確に蹴ることは、キッカーの使命でもある。トップタイと言われても、もし、木村和司さんが同じ時期にプレーしていたら、絶対和司さんがトップだったと思うし、あまり大きな意味はない」と話した。

[スポーツ報知]
【横浜M】俊輔、J1最多タイ16FKゴール

◆J1第8節 横浜M1―1甲府(27日・日産スタジアム) 横浜Mの中村俊輔が前半4分に直接FKでの通算16点目を決め、J1最多の遠藤(G大阪)に並んだ。セットプレーで好結果を出し続けることに「キッカーを任されている責任があるから」と喜ぶ。一方で「和司さんがもっとJリーグでプレーしていたら僕が最多ではない」と前監督でもある大先輩、木村和司氏を持ち上げた。

 鋭く曲がるシュートが代名詞だが、決めたのは無回転気味の球質。ゴールまで約30メートルの正面の位置からだった。「ずっと練習していた球質。これでストレート系のキックもあると相手に思わせられる」と語った。

[サンスポ]
横浜M首位陥落…俊輔、16度目FK弾空砲

 J1第8節第2日(27日、横浜M1-1甲府、日産ス)横浜Mは甲府戦の前半4分、元日本代表MF中村俊輔(34)がJ1タイ記録となる通算16得点目の直接FKで先制。しかし、後半ロスタイムに失点し、1-1で引き分けた。開幕から守ってきた首位を勝ち点20の大宮に明け渡し、同19で2位に陥落した。3位の浦和は清水に0-1で敗れ、2連敗。鹿島は新潟に3-2で競り勝ち、4位に浮上した。磐田は湘南に4-0と大勝し、初勝利。

 開始わずか4分だった。ゴール正面、約30メートルで得た横浜MのFK。MF中村俊が左足を振り抜くと、無回転のブレ球が相手GKの手をはじき、ゴールに突き刺さった。

 「16点目? 特に感想はない。木村和司さんがJリーグにもっといたら、(トップは)和司さんだろうしね」

 クラブのOBで、日本代表MFとしても活躍したFKの名手を持ち上げた。それでも直接FKで16得点は、MF遠藤保仁(G大阪)に並ぶJ1記録。今季だけで早くも3本目となった。

 「キッカーとして責任を持って、これからも蹴らないといけない」と自分の役割を常に自覚している。得意の鋭く曲がるキックだけでなく、前日26日の練習で「ブレ球がやっと決まり出した」と自信をつかみ、この日の直接FKにつなげた。

 ただ、笑顔は沈みがちだった。甲府にほとんど決定機を作らせず、1-0で逃げ切るはずの後半ロスタイム。自陣左サイドからのロングスローのこぼれ球を、昨季まで横浜Mに所属したDF青山にヘッドで押し込まれた。39歳のDFドゥトラを筆頭に、先発の平均年齢は30歳超。終盤は運動量が落ち、最後のワンプレーで首位から陥落した。

 「あの失点だけ…。こういうゲームで勉強していかないといけない」。俊輔が前を向いた。開幕8戦目で明け渡したトップの座。このまま、ずるずると後退するわけにはいかない。 (宇賀神隆)

[ゲキサカ]
横浜FMvs甲府 試合記録

横浜FM、中村俊輔がJ1タイの直接FK16本目を突き刺すも…ドローで首位明け渡す

 横浜F・マリノスがMF中村俊輔の直接FKで先制したが、ヴァンフォーレ甲府に土壇場で追いつかれ、1-1で引き分けた。前日に勝利した大宮に暫定的にかわされ、首位の座を明け渡していた横浜FM。何としても勝ち点3を挙げ、“首位返り咲き”を果たしたかったが、勝ち点1を挙げるにとどまった。

 前半4分だった。横浜FMはゴール正面28mの位置でFKを獲得すると、中村は当たり前のように直接狙う。左足から放たれた低い弾道のブレ球シュートはゴール右隅に吸い込まれていった。

 中村の真骨頂ともいうべき直接FK。これまで何度も世界を驚かせてきた中村のFKだが、34歳になった今も衰えを知らない輝きを放っている。海外で長くプレーした中村だが、これでJ1での直接FKのゴールは16本目となった。これはMF遠藤保仁に並ぶJ1タイ記録。名手に輝かしい勲章が加わった。

 試合は拮抗したゲームとなった。今季ここまでアウェーでの黒星のない甲府もセットプレーを中心に横浜FMゴールに迫る。しかし、後半30分のCKの場面など、ゴール直前で横浜守備陣に跳ね返された。

 しかしラストプレーだった。甲府はロングスローからゴール前の混戦をDF青山直晃が頭で押し込み、ドローに持ち込んだ。

 前節の新潟戦に敗れ、開幕戦の連勝が6でストップしてしまった横浜FM。24日のナビスコ杯の湘南戦は勝利で飾ったものの、リーグ戦の仕切り直しと言う意味ではこの日の戦いは非常に大事なものだった。しかし結果は土壇場で追いつかれドロー。勝ち点2がスルリと転がり落ちてしまった。

[サッカーキング]
直接FKで先制点の横浜FM中村俊輔「今日はたまたま入った」

 J1第8節が27日に行われ、横浜F・マリノスとヴァンフォーレ甲府が対戦。ホームの横浜FMは、開始4分に中村俊輔の直接FKで先制したが、試合終了間際の後半ロスタイムに甲府の青山直晃に得点を許し、1-1で引き分けた。

 試合後、横浜FMの中村俊輔と栗原勇蔵は以下のようにドローを振り返った。

中村俊輔
「水曜のベルマーレ戦の雨の試合が多少は響いたのか、試合の流れが遅くなっていた。早い段階で1点取ったからこそ、前半は甲府がやりたいことをやってきた。でもできなかったから後半は蹴ってきた。ボールを取られても速攻はさせなかったけど、うちも足が止まってしまってなかなかビルドアップできなかった」

「(端戸)仁が良くなかったみたいに言われるかも知れないけど、斜めに入ってきたり、ペナルティエリアのポケットに入っていたのは仁だった。あそこでゴールが入っていれば、そして今日勝っていれば仁も自信になったはず。だからこそ最後の失点は(シュートバウンドのクリアをファビオが真横に蹴ったのは)あれだけど。決定機をマチ(中町公祐)が2回ぐらい外したし、2点目が取れていれば」

「最後、ファビオが入って5バックになったけど、(栗原)勇蔵とも話したけど、5バックにするなら前から追いかける人が欲しい。5バックにすると後ろに重心がいって前に蹴れなくなっちゃう。だから前に走る人が欲しい。最後のスローインからの失点のおかげで5バックがネガティブになっているけど、気にしないでやりたい。(ゴールシーンはGKが)弾いてそこに詰めてという感じで蹴ったけれど今日はたまたま入った。相手GKに『次もストレートで来るかも?』と思わせられるのは最初だけだから外してもいいやと思って蹴っている」

栗原勇蔵
「攻めこまれたけど、別にやられる雰囲気もなかったし、本当に最後のワンプレーだけ。ロングスローから土屋(征夫)のところに(ルーズボールが)こぼれてテツ(榎本哲也)が弾いたところに、なぜか青ちゃん(青山直晃)が走り込んできてドンピシャ。よく合わせたなと。気持ちも入っていたと思うけど。今日は内容がいいわけでもないし、俊さん(中村俊輔)の FKで早い段階で点が入ったからちょっと受けになったところもある。本当に負けに等しい。雰囲気的にもラストワンプレーだし、ちょっと堪えた。新潟で負けて連勝が止まった後の試合だったから、なんとか勝ちたかった。ここで1-0でも勝てていれば、また新しい気持ちでいけたけど、引き分けちゃったから。勢いみたいなものは止まっちゃったかなと思う」

[ドメサカ板まとめブログ]
【J1第8節】セレッソ本拠地リニューアルを勝利で飾れず 磐田は今季リーグ初勝利 他…各チームスレまとめ(その2)

今週の他会場など

[フットボール速報]牛丼チェーン『松屋』が横浜Fマリノスのスポンサーに、FC東京の『すき家』と“牛丼ダービー”も?
(´-`).o0(うまトマのシーズンを待ちこがれてます)

[Samurai Goal]タリーさんこと浦和レッズ 山田 暢久の現役20周年を祝う寄せ書きが突っ込みどころ満載な件
(´-`).o0(試合後のスタンドは荒れたようですね<浦和vs清水)
 
 

 

今回のエントリーはどうでしたか?良かったらシェアしてください!



ロコさぬが運営するWebページ

ブログの感想・コメントは、TwitterかFacebookページで。
お問い合わせは、メールでお願いします。

[Twitter]
 ろこ@横浜F・マリノスフェチ
 hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人

[Facebookページ]
 横浜F・マリノスサポーターBlog 「こけまり」
 
[ブログ]
 旧こけまり(Seesaaブログ)
 横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。

[Pinterest]
 ろこ (kokemari) on Pinterest

励まし&連絡先メールアドレス

 ろこにすた@ほっとめーる
 

Pocket
LINEで送る